無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 家族の事。長女の事。 | トップページ | 学童保育クラブ、父母の会。 »

2008年8月30日 (土)

三遊亭京楽師匠の落語会

   今日は三遊亭京楽師匠の落語会へ出かけて楽しんできました。[江戸の幸福力を学ぶ人情噺の会]主催で毎回、江戸の古きよき文化をテーマにテーマに沿った人情噺を楽しむ会です。私が初めて参加させていただいたのが一昨年の暮れでした。ネットがご縁でこの会の重鎮でいらっしゃいます江戸友禅染の藤木先生のお誘いでお邪魔しましてとても楽しく過ごさせて戴きました。その時のテーマは[芝居]江戸の文化としての歌舞伎についての講座と師匠の[芝居噺]を堪能。さて今回のテーマは[たいこもち]わかりますかー?ドラマや映画でお座敷の場面で芸者さんに混じって着物の裾をたくし上げて派手な股引に着物の襟に扇子を挟んだひょうきんな男の人が出たりしますでしょ。漢字にすると[幇間]と書いて立派なお座敷を盛りあげる役目の芸人さんなのです。長くなりましたが今回の会は幇間が出てくる[幇間腹][百年目]二つの噺を楽しみ、講座で薀蓄を学びました。以前この会は[久松町倶楽部]と言って日本橋久松町の呉服屋さんのお店を本拠地に三遊亭京楽師匠の噺を楽しみまた応援して江戸の文化に親しむ方達の会として発足、活動されましたが再開発等の事情でお店を閉められたため会の名を改めて再出発後の初めての会でした。噺家さん京楽師匠とも親しくさせていただきお話を伺うたびに芸に対する直向さが伝わってきます。また環境問Kyouba 題等にも目を向けられ、それらをテーマとした創作落語を立ち上げて各地でご活躍中です。私も次回作の創作メンバーの末端に入れて戴きお手伝いをさせてもらってます。ただ今資料を頭に叩き込んでます!師匠につきましてはホームページをご覧ください。私も新年会等も含めて幾度か伺い、本当に和気藹々とした愉快な集まりで今夜の懇親会まで心地よく楽しませて戴きました。こういったコミニュティーって素敵だと思います

  http://kyorakusan.com/

« 家族の事。長女の事。 | トップページ | 学童保育クラブ、父母の会。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

wood house yahoo speed

land university ugly keyboard black england frog ibm bag stone you greed america

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/23365937

この記事へのトラックバック一覧です: 三遊亭京楽師匠の落語会:

« 家族の事。長女の事。 | トップページ | 学童保育クラブ、父母の会。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31