無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 防犯チラシ配り。 | トップページ | 映画[ロッキー]のお話。 »

2008年10月31日 (金)

趣きある老舗ホテルに時代を想う。

営業で通る国道沿いにある、老舗、Kホテルが廃業してマスコミにも取り上げられています。

品川駅のまん前で建物も趣があり歴史を感じさせるのですがご時勢でしょうか。報道のとおり労組が旗を立てて営業継続を訴えているようです。実はあのホテルで数年前に家族で食事をした思い出があり、その時客もまばらで従業員の方が娘達にニコニコと話しかけてくれて、戦後は米軍に接収されたとか聞き、歴史あるホテルと知りました。経営者は採算がとれなければ継続する意味もない訳で苦しい選択だったのでしょうが、従業員にすれば突如として職を失う訳ですから納得いかないですよね。そこで法廷闘争になるとは悲しく思えました。経営者は従業員が1人であれ1000人であれ責任を持つのが当然で突如、解雇された側からすれば責任放棄としか見えないのでしょう。

私の元取引先でも同じような事があり、丁度その場へ居合わす事となり、喧々囂々としたただならぬ場に愕然としたものです。そこは10人足らずの町工場で、社長夫妻も威張らない人柄の良い方で私も可愛がって戴き、そんなご夫妻の元で従業員の方たちも和気藹々と仕事に勤しんでいたのですが諸々の事情で工場を閉める事となり、働いている方たちが混乱して今までの和気藹々がウソのような騒ぎとなったのでしたが[俺達の為にも続けてください!]と懇願するように口々に言っていたのが思い起こされ明日は我が身と怖くなったものです。

大企業と違い中小零細の町工場は福利厚生も中々充実させるのは難しく、従業員の方に満足いく処遇をするのも大変で、ことに廃業解雇となれば乏しい退職保障では長年尽くした従業員は憤懣やるかたなく[明日からどうしてくれる!]となるわけなのですが・・・。経営者としても町工場は自ら先頭にに立って汗を流して自転車操業ですから、殿様然と反り返って放漫経営などでないわけで突き上げられてもどうする術もない訳です。大企業は機械的に人を動かしますが、中小・零細企業、町工場は人間的な触れ合いの中で上・下でなく労使共に問題が起きても膝を詰めて理解し合い、共に事業を維持・発展させようという気持ちで勤しんでいます。そこも人を大切にして、私のような出入り業者にも温かく接して頂いただけに人事でなく残念でした。

これからの時代益々、格差が拡大して日本の高度成長を下支えしてきた町工場が減少していくのが時勢とは言え、弱者切捨てでなく大手も下請けも共に成り立っていた時代もあったのですから悲しく感じます。

Kホテルの赴きあるレンガ造りの洋館風建物が周囲を大手資本の近代的な立派なホテルに取り囲まれて時代を表すがごとく寂しそうに異彩を放っているようにも見えました。[働いて働いたけどもう俺らの出番はいらなくなったみたいで・・。]ご挨拶に伺ったとき喜んで迎えてくださりながらも寂しそうに話した優しい社長夫妻の顔と何故かオーバーラップしたりと[おっ、いらっしゃい!]笑顔で声を出して迎えてくれた皆さんどうしているかと秋風に想いを馳せたりもしました。

[笑って明るくしていれば生きていけるって!あんたも頑張って]笑って逆に励ましてくれた女将さんの言葉どおり前向きに進みたいものです。Photo_2

« 防犯チラシ配り。 | トップページ | 映画[ロッキー]のお話。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/24893727

この記事へのトラックバック一覧です: 趣きある老舗ホテルに時代を想う。:

« 防犯チラシ配り。 | トップページ | 映画[ロッキー]のお話。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31