無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

「バグジー」ラスベガスを作ったギャング・スター。

この映画の主人公は実在のギャング・スター。ベンジャミン・シーゲルというアメリカ・シンジゲートで殺し屋として顔役になった「バグジー」=〔虫けら〕とまで呼ばれるほど冷酷なならず者がハリウッドの端役の女優に恋して砂漠の真ん中にオアシスを造る夢を描き、愛する女の愛称を付けたカジノ・ホテルを作る姿を描いた作品です。結局彼はこの事で破滅への道を進んでしまうのですが、彼が作ったホテルが(ラスベガスの花)と現在も呼ばれる「フラミンゴ・コンチネンタルホテル」でありラスベガス発展の先駆けとなったのはまぎれもない事実です。

この映画はギャングが主役ですが、抗争や裏切りといった本来のギャングの路線以上に男のロマンを描いていて、映像的にもファション的にもハリウッドが華やかな時代が舞台なだけに素晴らしいです。私の好きな1940年代と言うことで主役のウォーレン・ビーティーのスーツ姿を初め取り巻く暗黒街の面々や彼の友人のハリウッドのスターのスーツ姿は見ものでした。

愛人役の美しいアネット・ベニングが彼を男を虜にする怪しげな色香を上手く醸し出していて実際に2人は結婚するという後日談まで生み出したのも如何にも往年のハリウッドを地でいったようで面白いです。

あまりヒットしたわけでもなくメジャーな作品ではないのですが、アメリカの発展の歴史の闇の部分を華やかに描いたとして観るのも良いのでは。

バグジー アルティメット・コレクション バグジー アルティメット・コレクション

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

腹痛で・・・仕事を休む事に。

一昨日の夜半から、腹痛が酷く眠れずに・・・・翌朝も治まらずに動けない状態で腹具合も最悪(。>0<。)  結局一日仕事を休む事になり月末というのに泣くに泣けない情けない限りでした。

前々日に二女が発熱して、前日に家内が微熱で・・そして私が遂に。前日も昼から食欲がなく昼抜きにして夜も食欲が出ず小食だったのが前兆だったのですが怖いものです。夕方になって医師の診断を受け薬を処方されて、一日ぶりに食事を摂り早く寝ました。

お陰で朝はだるさは残るものの食欲もやや回復して雑炊を美味しく戴けました(゚ー゚) 然し本来なら午後から業界の年に一度の総会と新年会があったので、出掛ける気でいるとワイフは猛反対で怒られるは、だるさも残っていて断念(ノ_-。)

確かに腹も治まったとは言え重たい感じで無理は禁物と自分に言い聞かせて欠席の旨の電話を同じ支部の先輩にして伝えていただく事に・・。優しい言葉に申し訳ないやら・・・。今年の初顔合わせで、この苦しい時代を頑張って乗り切ろうという会だっただけに行けずに残念で、自分の体力の不甲斐なさが恨めしく感じます(`ε´)

業界団体の集まりは私にとって父が亡くなってからは学び舎であり、総会は年に一度の会合だけに行きたかったのですが・・。

日頃の節制のなさが因なのですから何とも、日頃お世話になっている業界の方達にご挨拶も出来ずに申し訳ないやらの土曜日でした。

Nobe_2

2009年1月29日 (木)

ゴム印の捺印サンプル。

Img_2  皆さん会社でスタンプを造りに、ハンコ屋さんへ行く方もいる事と思います。

そんな時手書きのメモを持っていき見せても「どの位の大きさにします?」きかれてもイメージが浮ばずに困る方もいるのでは?  そんな時に印影がイメージされたサンプルがありますので大丈夫です。

文字の大きさに始まり、書体、様々なスタイルの印影で大きさ、イメージが判ります。 スタンプはオーダー品ですから仕上がってから、欲しいスタンプのイメージと違っていたという事はありません。この他に回転日付印や印鑑の捺印イメージサンプルも用意してお客様のニーズにあったスタンプを正確にお届けしたいと思っています。

左記のサンプルは業界団体で製作されたもので見やすいと好評です。〔都合上、トリミングされていますが。〕造り手によるイメージサンプルですのでポピュラーな形、大きさが並んでいます。

「スタンプを作りたくてもよくわからなくて・・。」 ご心配は無用です。お任せください。

                               (有)清山堂製印所

                            http://nttbj.itp.ne.jp/0337129142

2009年1月27日 (火)

「警官暴言」のニュースに感じるもの。

先日ニュースで身内を殺害されたご遺族に刑事が「刑事と検事の違いも知らないのか!」と暴言を放ち、その後謝罪したとの報道に憤りと虚しさが込み上げました。 私も長男が急死した際に警察の配慮に欠ける言葉に唖然となり、抗議した事を思い出してしまい、言われた方の悲しい思いが人事と思えませんでした。

身内を亡くすのはこれ以上ない悲しみです。ましてや犯罪により親族を亡くされたのですから察するに余りある訳ですから・・。どうして身内がこのような事になったのか知りたいのも当然であり、誠意を持って応えるのも大切な職務と思うのですが。 法の番人で犯罪を取り締まる最前線にいて刑事さんも大変でしょうが、取調べの癖というか職業病なのか誰に対しても高飛車な態度をとるのでしょうか。 犯罪被害者、遺族はとても傷ついて悲しみのどん底にいるのですから接するのに格別の配慮を求めたいと。

父と長男も急死した際に、疑うような言いっぷりもショックでした。こちらが反論すると訝しげな顔をして、あげくは「聴いてる事に答えてくれればそれでいいんだから。」と睨むように言われた事など後々までトラウマとして残っています。 警察も仕事ですから仕方ないのかもしれないし多忙であるのでしょうが、高飛車な物言いや態度に傷ついたものでした。 

犯罪や違法行為を取り締まる仕事ゆえなのかも知れませんが人として相手を思いやり、敬意をもって接してこそ信頼される警察だと。 「謝って済むなら警察はいらない」と言いますが、相手が刑事というだけで悪い事はしていなくとも萎縮するものです。考えて欲しいものです。

41k2pv4ykkl__sl500_aa240__2   

2009年1月25日 (日)

「江戸の幸福学を学ぶ人情噺の会」 

昨日の土曜日は長女と共に「江戸の幸福力を学ぶ人情噺の会」主宰の三遊亭京楽師匠の落語会で噺三席を楽しんできました。毎回、江戸の暮らしぶりをテーマに沿った人情噺を聴くのですが今回のテーマは〔江戸の商売の道〕 中入りでは江戸のお金に関わる 薀蓄もありで、前座さんの「饅頭怖い」二つ目さんの「初天神」に続いて師匠の大ネタは「文七元結」でした。長女も色々と噺に興味をもってこの日を楽しみにしていて、屈託なく笑いっていました。

腕の良いが博打好きで金にだらしない左官職人の親方が娘が自ら質となり借金返しの為の100両を客からの支払い金をすられて身投げ寸前の大店の手代の命を助ける為に渡してしまう・・・。そこから巻き起こる江戸の人情味だっぷりの噺を娘とたっぷり楽しめて良い一時でした。 

落語に出てくる人物は熊さん、ハっさんのような庶民もいれば情けにもろい職人の親方、長屋の人々、大店の主人に手代に小僧さんに遊郭の女将さん等・・。皆それぞれですが人との繋がりを大切にして温かいんですね。 決して利己主義でなく損得勘定抜きの付き合いが江戸の町に織り成されていてホッとさせてくれます。この会にはいって人情噺を幾つか聴くうちにこんな世の中だからこそ、人との繋がりが大切だと、噺から思うのでした。

娘を駅に送ってからは、師匠を交えての楽しい懇談会です。噺の長屋衆ではないですが、初対面の方共、お馴染みさんとも和気藹々に楽しく過ごせました。次回は3月との事、楽しみです。

Kyourakue2_2   三遊亭京楽師匠のサイトはこちらです      

        http://kyorakusan.com/

  

Kyouba

2009年1月24日 (土)

平家物語

昨日の暖かさから一転、寒い朝を迎えました。こんな寒い日は家で読書も良いのではとも思ってしまいます。

私が好きなのは「平家物語」です。何故好きなのかと言うと、平清盛が歴史上の人物の中で好きだからです。貴族社会にあって蔑まされていた武家である清盛の「今に見ていろよ!」といった反骨精神が大好きです。 

清盛が武力と知力で伸し上がり権力を得てから一門の栄耀栄華を極まるゆえに武士としての本来の姿を忘れ貴族化して大衆の支持も失い、反平家の動き高まりやがて滅んでいくといった儚い物語ですが。平安期の華やかな王朝絵巻と中世の荒々しい武士の軍記ものでもあるところが面白いと思います。

格差社会にあって大企業から蔑まされる町工場にいる私ですが、清盛が伸し上がっていく過程に共感を覚えるのはそれゆえかと。 

『驕れるものも久しからずや』高度成長から繁栄を極めた日本も今や4等国に落ちぶれて、政治は何の機能も果たせずにいる今日を見るに「日本国物語り」とか栄華盛衰の戦後絵巻の本でもこの国が消滅でもすれば将来でるのかとも考えました。

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

2009年1月23日 (金)

感謝の気持ちで。

週末の今日は、浸透印〔シ○○ハタ・タイプ〕のメーカーさんより、別注品が納入されました。数は50個近かったのに早いので驚きです。お陰でお客様に週明けには納品できますヽ(´▽`)/

ゴム印は自社生産ですが、指定メーカー品の注文となるとメーカー、問屋さんにお願いするのですが、忘れてはいけないのは感謝の気持ちです。「注文を出してるのだから!」などどお高く構えて驕ってはいけないと。需要と供給といえそうですが、メーカー・問屋さんが無理もきいてくれて協力してくれるから材料その他が円滑に調達できて商売になる事を忘れずに感謝の気持ちを忘れずに従事したいものです。

私が忌み嫌っている父親が生前「仕事を出すから大きな態度とって何言っても良いもんじゃない事を忘れるな!」と言っていましたが、それは正しいと・・当然といえば当然ですが、その当たり前がいつの間にかどこかへ行ってしまい驕ってしまうのが人間の性。下請けイジメなる言葉もあるように、私も苦い思いをさせられているだけに決してそうならぬように心掛けたいものです。そもそも下請けなど言葉自体良くないのですが・・・。

「お陰さまで早くお客様へ届けられます。有難うございました。」の気持ちで納品したいと想います。

Gomu3syu_3   

仕事の話。ちょっと早いですが、年度末に向けて決算期のスタンプ

カレンダーを見ると、早1月も余すところ一週間。年が明けてからやたら早く感じます。ワイフもインフルエンザが完治して、勤務を再開して一息です。

然し2月って凄いあっという間なんですよね。たった3日短いだけなのにと思います。そして3月は年度末! 各企業の決算期とあって一年間で一番スタンプの活躍する季節です。繁忙期でもあるので頑張らないと! 

私達は製造工場ですので、直接お客様より依頼されたスタンプを造り手としてお手伝いさせて頂いています。今まで文具店、印章店に依頼して満足できなかった方も数え切れない位に47年に亘りスタンプを造り続けた工場へオーダーしてみれば、価格・納期・仕上がりと満足できますよ。 

不況の今だからこそ、 決算期のスタンプは製造直売ならでわの安心価格でお試しください。経費削減のお役に立ちます。

 (有)清山堂製印所

     http://nttbj.itp.ne.jp/0337129142

   seizando@qxwx.ftbb.net

      

Photo 

2009年1月22日 (木)

ビックバンドに憧れて。グレン・ミラー

雨の一日でしたが丁度良いお湿りで、流行っているインフルエンザも治まってくれると良いのですが・・。こんな雨の日は気持ちが沈みがちになるので営業の車中で明るい音楽を掛けて聴きながら走っていました。

私が好きな「グレン・ミラー」のベストアルバムです。代表曲の〔ムーライト・セレナーデ〕は結婚式でも掛けた曲で特に好きなのですが、雨空の下ではセレナード=夜曲よりも、〔イン・ザ・ムード〕〔アメリカン・パトロール〕のような弾む明るいメロディーが気持ちを明るくさせてくれます。

「グレン・ミラー」の他にも「ベニー・グッドマン」「カウント・ベイシー」「デューク・エリントン」といったいわゆる1920年代~40年代のビックバンドの奏でるスゥィング・ジャズは時代を超えて素晴らしいと思います。

これらのミュージシャンの曲が世に出た頃は世界恐慌から第二次世界大戦といったそんな暗い時代でもアメリカの人々はラジオから流れる美しい音色に希望を見出そうとしていたのでしょうか?今も大不況の中にあって悩ましい時代ゆえに考えてしまいました。

若かりし頃に憧れた旧き良きアメリカであって、私の嗜好する1930年代スタイルのスーツを着てジャズライブの聴けるバーに飲みに行ったなんていうのも独身時代の思い出にも浸ったりと(^-^; 今はライブに行く事もなくなり寂しい限りですがその内に子供と共に行きたいなどと思ってしまいました。

おっと失礼! ワイフとも行きたいですね。子育てが一区切りつき落ち着いた頃に2人でジャズライブを聴きに行けたらと。それは先の楽しみとして、混迷する時代だからこそ好きな音楽に耳を傾けてちょっとした癒しの空間に浸り英気を養うのも良いのではと思いました。

ムーンライト・セレナーデ Music ムーンライト・セレナーデ

アーティスト:グレン・ミラー・オーケストラ,ドロシー・クレア,ジョニー・デスモンド,レイ・エバリー,ジョー・フランシスとムーンライト・セレネーダーズ,ジュリア・リッチ,ザ・ムーンライト・セレネーダーズ,レイ・マッキンレイ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年1月21日 (水)

されど0.5㎜・・〔仕事のお話〕

ワイフの熱も下がり快方に向かっているようで一安心。直り際が大事なので無理させないように洗い場は受け持ち、連日料理に勤しんでます(゚ー゚)

仕事の方で久々に大口の依頼を戴き感謝です。大小併せて80個近くの大判のゴム印で、ニギリ台というアズキ色のグリップを付けたスタンプなのですが、穴の開いた台木にこのグリップを金槌で一個一個打ち込んでいくのですが個数があると結構な作業です(@Д@;

台木に付いている穴の口径が以前は9.5㎜で、工場で穴を開ける際も同寸用のドリルの芯を使っていますが、エコ台木になってから台木屋さんが穴を開けて届けてくれるのが口径9㎜でした。 それでどうなるのかというと・・・・9.5㎜の口径ですと金槌で二度くらい叩けばスンナリとグリップは打ち込めますが9㎜だと数回叩いてようやく打ち込まれます。その上叩いているうちにグラつき余程しっかり抑えないとグリップの正面が横を向き失敗作になる恐れがあり結構神経を遣う仕事に・・・・・。そして一つ打ち込むのに時間もかかってしまうのです。

これだけ数があれば尚更に仕事が雑にならないように慎重を期して作業するだけに僅か0.5㎜の口径の差ですが大きく感じられました。 

正確に整った品物としてお客様へお届けしてこそ技術が生きてくる仕事ですから、いくら早く納品をと思っても焦りは厳禁!「急いては事を仕損ずる」とならないよう心掛けてこそシッカリしたスタンプを早くお届けできるのだとあらためて思うのでした。

下の写真のようにグリップを一つづつ金槌で打ち込みます。しっかりグラつかせないように抑えて一気にトントン! 手元がぶれると指を叩くことも。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。痛いです!

一個ずつ打ち込んだ後チェックして曲がりはないか、奥まではまっているか確認して時間は掛かったものの何とか完成です。次は台木に印面をはって製品となるのです。 出来上がりが綺麗に仕上がってこその手職。作り手としての喜びです\(;゚∇゚)/

Img_1065jpg Img4739609202024_2

2009年1月18日 (日)

インフルエンザ発生! ワイフの有り難味がしみた週末。

昨日から熱っぽかったワイフが、夕べ高熱を出して、今朝休日診療へ行ったところインフルエンザとの事。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 予防接種はしていたのですがとても辛そうです。

家事全般、私が受け持って長女と味噌汁を作り、二女は二男のお相手をしてくれました。雑炊にしてワイフへ・・・朝は食べられなかったのが昼過ぎに美味しいと食べてくれてホッとしました。子供達のリクエストで昼はチャーハンをとの事で鳥ゴボウ炒めの惣菜を買って、それを朝の残ったご飯と炒めたのですが、1歳半の二男に至るまで好評でした。私とワイフは朝の雑炊を味を直して戴きました。

問題は晩御飯・・・鍋です!明日の朝にも使えるし。二男の出産中もコレでした!買出しに行き具材を揃えて出汁は市販の「ちゃんこスープ」鶏肉にツミレ団子に鱈そして白菜にニラに豆腐やら数種類を調達。下ごしらえは慣れぬ包丁さばきでしたが何とか出来上がりましたヽ(´▽`)/ 

豆腐が原型をとどめず、油揚げも、鶏肉も大きさまちまちで見栄えは悪いのですが味は良くて皆に好評で、ワイフも合格点をくれてホッとしました(^-^;

こうゆう事があると、火事場の馬鹿力子供達も協力してやれるものですが、つくづく健康の有難味が身にしみます。家族一人でも具合が悪いと大変です。事に大人が健康を崩すと子供の面倒も満足に見てあげられずワイフもハラハラで気の毒でした。「ありがとうパパ無理しないでね」自分が大変なのに私を気遣ってくれたり・・ゆっくり休んで養生して欲しいと・・ワイフの有り難味も身にしみた週末でした(p´□`q)゜o。。

Img_1064jpg2相撲部屋のレシピを真似たのですが・・見た目はこの通りとなってしまいました。でも美味しかったです。

区の展覧会へ子供の作品を鑑賞に行って。

今日から開催される区内の幼稚園、小中学校の子供達の展覧会に家族で行って来ました。小学生の我が家の姉妹が「書写の部」で揃って選ばれて二人とも大喜びです。

毎年この時期に開催されるのですが、いつも思うのは子供達の感性の豊かさは私達には真似できない見事さで、色といい発想といいどの作品も個性的で感心させられます。長女は習字で選ばれたのは三年連続(*^-^) 恥ずかしながら字が下手で困り果ててる私としては嬉しいやら何とも・・・。ワイフが字が上手いのでその血筋なのでしょうか。今年初参加の二女は作文で選ばれて、これもしっかりとした字で甘えん坊の二女がこんなにと成長を見出し感激でした。

長女のクラスで一人一人消しゴムに彫ったと言う「印鑑」は仕事の一つとあって興味がありましたが、実に皆さん個性的で楽しませてくれました。自由な発想で彫っただけに既存の書体に慣れている私としては発見でした。 特に感動したのは障害を持つ子供達の作品でスパゲッティやサラダの模型を紙で作ったオブジェでした。もう言葉にならない位に力作にこみあげてしまいそうに・・・。我が子のみならずどの作品も感性の豊かさと直向さの結晶であり、こうして成長しているのだと感じ、癒された展覧会でした。

Img_1063jpgjpg

2009年1月17日 (土)

学童保育の父母会。

金曜日は夜に学童の父母会へ。二女も入所を嫌がり、辞めたいの連続だっただけに今年度一杯で退所させる事となりました。長女は三年間通い通したので残念ではあるが二女の心中を思えば親として無理させるのも忍びなく、決断しました。4月からは学校から帰っても仕事で相手は出来ない事も不安ですが何とかなると言い聞かせて。

それでも一年間よく頑張って通ったと思います。長女が3年間お世話になり二女も一年通って、人付き合いの苦手な私にとっても色々と父母同士の付き合いの上で勉強になった事はとても意義深かったと思います。子供好きの私にとってクラブ児達との交流はいつしか楽しみになっていただけにそれも三月までと思うと一番寂しいのですが。

父母会では子供の様子を話すのですが、緊張の為やはり纏まった話し方が出来ずに・・。二女が男子から力で威圧されて悩んでいる事と身体が弱い為に本人が拒む時は我儘と受け取らずに運動に無理に加える事は控えてほしい旨を指導員に要請しました。

役員の方からは学童のクォリティーを維持するための父母会の団結を呼びかける話やら、学童を取り巻く環境が難しくなっている事が判ります。役員の方の頑張りは大したものだと。そして春には3年生が卒所を迎えます。

私は毎年ゴム印の落款印を贈呈してお祝いしたので、今年も二女がお世話になったお礼に心を込めて贈ろうと想います。 来週の親子行事が年度内の最後のイベント・・・クラブ児の子供達と過ごすのも最後と思うと寂しさが込み上げるのでした。

2002106jp

2009年1月16日 (金)

母の命日に想う。

今年で母を送ってから9年経ちました。もうそんなに経つのかと思えば、そんなに月日が経ってないような・・・。母が誕生を喜び可愛がった初孫である長女の成長に歳月の流れを感じるのはこれからもそうなのだと思います。

先日ニュースで「熟年成人式」なる80歳になる方々のお祝い会が報道されていて、血色の良い笑顔で話す老いを感じさせない老婦人の姿に母も元気でいて欲しかったと想いを巡らせたりしました・・・。 母からの一人息子の私への愛情に対して、どれ程恩返しが出来たのか孝養も尽くせたのかと母が亡くなってから常に自問していても否としか思えず、悠々とした老後もなく最期まで働かなければならなかった事が只、只息子として申し訳ない思いが亡くなってからずっと胸に渦巻いてます。

父には意に沿って自分にとって不本意ながらも跡を継いでやった事で孝養は尽くし果たし育ててもらった恩返しにもなったと思えますが、父亡き跡の母の苦労は並大抵でなかっただけに、飲む、打つ、買うと好き放題に生きることが出来た父に比べて無常を感じてしまいます。

「お父さんを許すことがお母さんへの孝養にもなるよ!」と親身に諭して下さった方の言葉に確かにそうかもしれないと思いながらも未だに許す事が出来ない自分に親不孝だとも。折角授かった長男を亡くした事も親不孝だと。「お母さん、貴方の事パパになってから頼もしくなったって目を細めてたよ。」遺影に向かう私の気持ちを察してかワイフが声を掛けてくれました。本当に母親とは有難いと思います。

真の親孝行とは?子として何が出来たか?考えればキリがありませんが、「親孝行したい時には親は無し」正にその言葉が身にしみる9回目の命日でした。

Img

2009年1月12日 (月)

成人の日。長女と散歩で振袖姿の多部未華子ちゃんに会いました。

今日は成人の日。自分の成人式から・・・・・年。公会堂で式典に出席して、同窓会気分で仲間と記念写真を撮ったり、式典もソコソコにはしゃいでいたように思います。そして両親が信仰していた『大国様』を祀る[出雲心友教会]で中学時代からの親友と〔成年式〕で誓いの言葉なるものを読まされたり・・・・上手くカルト団体の商ペースに載せられてお客様になったりしたのも思い出されます。あれから随分時も経って親ともなりましたが何処まで大人になれたものやら・・・・今思えばあの頃は歳だけは二十歳でも子供たったなと思います。

今日は朝食後に長女と散歩に、行き先は近所の八幡神社へ・・氏神様とやらで私が生まれた折に初宮参りした場所で、湧き水があって見せにいった訳でしたが、遅めの初詣も兼ねてお参りしていると中では成人式の振袖姿の女性が両親と共に拝殿参拝をしていました。前述の通り、私同様両親と神前でお参りする家もあるのだと。 そして何と女優さんの振袖姿に遭遇!誰かと思えば今CMでお馴染みの人気上昇中の多部未華子ちゃんでした。

撮影班に囲まれ微笑む彼女は華がありますね。長女の方を向きにっこりと笑いかけてくれました(o^-^o) 「美人だね」と長女。確かに振袖姿で美しいですが、私から見ると子供でした。もう私もそんな歳になったんだとツクヅク感じます。長女も最近段々と娘らしくなってきて、もうお風呂は長女はお構いなしでもこちらが照れくさくなり御免なさいですから(;´▽`A`` 

まだ成人式までは数年あっても、この前まで赤ちゃんだったと思えばもう高学年ですから早いものです。思わず二十歳になった娘を想像したり・・。それまでに子供達には日々の生活から色々と学び成長して欲しいと思いました。その頃には私など鬱陶しいだけで相手にしてくれなかったりするのかと考えると寂しさも覚えた成人の日でした。

Photo      

2009年1月11日 (日)

『ティファニーで朝食を』

今日ご紹介させていただくのは、永遠の妖精オードリー・ヘップバーンの名作『ティファニーで朝食を』です。オードリーの作品の中で『ローマの休日』と並び好きな作品で、ヘンリー・マンシー二の曲、あの〔ムーンリバー〕に代表されるように、ストーリも音楽も良く、[ローマの休日]のプリンセスとは全く違う、社会の隅で生きる女性の設定が、これまたオードリーの違う魅力が溢れています。

ファッション的には、オードリーの服はジバンシィで、メンズファッション好きの私としては相手役のジョージ・ペパードの着る服は、本場のアメリカン・トラッド。日本でも一世を風靡したアイビールックです。紺ブレにレジメンタル・ストライプのネクタイにヘアスタイルも爽やかなクルーカットで決めて、これぞ当時のニューヨークのアメトラがいいですね。

また映画の中でオードリーの住むアパートの住民に日本人が出て来て、反っ歯にメガネに和服姿で神経質!馬鹿にしている訳ではないのでしょうが特徴的に描写されているのが印象に残りました。 何度見ても好きなのはラストシーン・・雨の中で突っ張っていた主人公が自分を取り戻し捨てた猫を探し抱き上げて、恋人とびしょ濡れになりながらの抱擁シーンはバックに流れるムーンリバーの音楽効果もあって、これぞ良き時代のアメリカ映画と思いました。

ティファニーで朝食を [DVD] DVD ティファニーで朝食を [DVD]

販売元:パラマウント ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年1月 9日 (金)

暮れの紅白のビデオを繰り返し観るチビ達。!

暗い世相の中でも変わらないのが、子供達の笑顔です。大晦日の紅白歌合戦のビデオを我が家のチビ達は飽きもせずに繰り返し観ています。生でも家族で観たのですが、風呂の時間とかもあり毎年、必ず録画はしています。

人気は〔崖の上のポニョ〕〔羞恥心〕〔手紙〕(*^-^)  1歳11ヵ月の二男も大喜びでポニョの振り付けのマネをしています。ポニョは夏休みに家内と観に行ってもクリカマスに絵本とCDをプレゼントとたので、紅白で観て、なにやら年末年始は子供達はポニョ一色になりました。いや?ポニョ一色でなく長女と二女は〔羞恥心〕にもご執心です。あの歌は私は紅白で初めてフルコーラスを聴いたのでしたが、身につまされるというか・・・励まされるというか・・・私としては歌詞のように良い意味で居直れればと( ̄◆ ̄;)

長女は〔手紙〕が他二曲と共にお気に入りのようでした。以前に聴いて、楽しみにしていたとか。評判になっていることは知ってましたが聴くのは初めてでしたが確かにいい歌でした。聴きながら15歳当時に想いを巡らせたり・・。私も結構色々ともがいていたと・・。この歌が気に入りとは長女の成長も感じたりと。 ポニョは聴いていて、のぞみちゃんが緊張した面持ちで歌う姿に、娘を持つ親として感動すら覚えてしまいました。大観衆を前にして、やり直しのきかない生放送の大舞台で本当に健気でした。唄い終わった後のホッとした表情にジーンときたりして(p_q*)

私と家内は〔桜〕が印象に残り、メロディーも心地よく、小田急線の窓から~♪のフレーズに共に学生時代は学校が小田急線沿線だった事もありひきつけられたのでした。

然しながらチビ達は繰り返し其々聞きたい曲を再生して観ていて、また大晦日が戻ったようで(;´▽`A`` まあそれだけ楽しかったのなら良かったです。私も子供の頃家族で大晦日は紅白を楽しんだのが、観ながら思い起こされたりと・・。この大変な時代に紅白どころでない方達も大勢いる事を考えると、全ての人が温もりの中で正月を迎えられる世の中になって欲しいと願わずにはいられません。 家族で年越しを迎えられた幸せに感謝です。

崖の上のポニョ 徳間アニメ絵本30 (徳間アニメ絵本) 崖の上のポニョ 徳間アニメ絵本30 (徳間アニメ絵本)

著者:宮崎 駿
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年1月 8日 (木)

派遣切りに思う事。

松も取れて、正月気分もそろそろの頃ですが、この年末から年明けは[年越し村]の大失業時代の到来を感じさせる報道に接して本当に人事でなく、正月気分にドップリ浸れずに世知辛くなったものだとツクヅク思います。

昨夜のニュース番組でも特定社会保険労務士をしている友人のサイトにも取り上げられていましたが、小泉政権下での[規制緩和策]で、今までご法度だった業種にも派遣労働を認めた事が、非正規雇用を拡大させ、大不況となった今、多くの派遣社員、期間従業員が契約を突如として打ち切られて、無情にも寒空の下に放り出される因となって職も住む所も失った方たちは政策ミスによる被害者なのだと。

これが人に対する扱いなのかと、怒りもだが虚しさを覚えて仕方ないです。昔観たドラマで経営者が後継者への教訓として[500人の従業員を養っているという事は、500人から養ってもらっている事を忘れるな。]との台詞が思い起こされます。派遣労働者も正社員も等しく懸命に従事している訳で、その流した汗の結晶に会社は維持されていると思うのですが。経営陣・社員・派遣と立場は違っても同じ人間なのに・・・派遣労働者は人とみずに機械や物と見なしているのかと・・[人は機械でも物でもない!貴方達と同じ生身の人間なのです。]経済団体の賀詞交換会に団体トップへの公開質問状を携えた支援者団体の方の報道をみて、そう伝えたいのではと感じました。

私自身も世の隅っこの方ではあるが立場的には経営者です。やはり苦戦につぐ苦戦で苦境は今に始ったわけではないのですがバブル崩壊、父の急死の跡を故母と共に守ろうと日々務めてきました。前から言われている[リストラ]は[再構築]という意味だそうです。全体を見直して無駄を取り除いて組み立てなおすしていくかで安易に人員を削減する事ではないと。

無駄という無駄を省いて精査した上で、人件費を見直すのは最終手段であり真っ先に削減されるのは経営者の報酬であり、中小零細企業ではずっと前から状況が劣勢になれば率先して経営者が身を削って、耐え忍んで維持して来たのです。自分の取り分はガッチリ固めて、首切りに給与カットなどといった経営方針では成り立たないのです。

大企業のトップの報酬削減が新聞に載っていましたが身を削っても、多くの従業員の雇用を維持するのは当然の責務だと思いました。政治も献金を受けられるパトロンたる大企業トップの立場にばかりに廻らずにキチンと指導監督して欲しいし、企業トップも弱い立場の労働者を都合よく扱わずに責任を果たすべきだと。労使、元請け、下請けといった垣根があっても社会を形成する人々が寄り添って支えあうといった温もりある環境でこそ働く喜びも得られるもので、今こんな事を言っても綺麗事としか思われないかも知れませんが、子供達が巣立つ頃には[温もりある社会]であつてほしいと切に思います。

Junichiro_koizumi_8p062906pm0202398

掲載された写真と本文は関係ない事はないです。

2009年1月 6日 (火)

仕事始めの挨拶回り。

昨日から仕事始めで、お客様へ挨拶回りへ。今年は景況感が悪化している為に今までにない緊張感を持ってお年始に伺いました。

お客様も同様で明るいニュースがないだけに、この大恐慌をどうして生き抜くのかといった話題になります。我が業界をみると只でさえワープロ・パソコンといったOA機器が普及してスタンプの需要は下降し続けている上の大恐慌・・・。日本を代表する自動車産業、大手電機メーカー等の大企業でさえ大打撃を被っているのですから、中小零細企業は輪を掛けて大変です。

此方に挨拶にみえる問屋さん方も先行きの不透明さを嘆いていました。私は難しい事は判りませんが、悪い方ばかり考えすぎても気がめいるだけなので、兎も角、健康で日々を送る事。後は[なる様になる]と思うようにしました。失業問題が深刻な昨今。人事でなくこのような時代は誰にでも起こりうる切実な社会不安であり、誰もが職と住を得られて生きていけるように一刻も早くこの世界に吹き荒れる大嵐が過ぎ去るのを祈るばかりです。世の中ゆとりがなくなり私も含めて[自分と家族の事で精一杯] となってしまいがちですが、[温かみ、思いやり]を忘れずに従事できればと。

Gomukamokuwidthl

2009年1月 5日 (月)

お正月も瞬く間に過ぎ、現実の世界へ。

長いと思っていたお正月休みも、あっという間に過ぎました。年末に二男が発熱したりで家中心に過ごし、子供達とゲームに講じたり、一緒の時間を過ごしました。

クリスマスプレゼントも年末に一足早いお年玉として、買ってあげた[崖の上のポニョ]の本とCDに喜び繰り返し読んで聴き、紅白のビデオも繰り返し観て子供達はポニョと過ごしたお正月だったのでは。子供の笑顔は良い者です。

今日はいつも行く大型スーパーへ買出しに。明日から仕事と二女の学童保育と二男の保育園も始ります。今年は冬休みらしいテーマパークやイベントへのお出掛けこそせずに過ごしましたが満足してくれたようです。健康で楽しい2009年を過ごして欲しいと願っています。

Img_0980jpg

2009年1月 3日 (土)

1930年代のジャケットスタイル。

Img_1057

今年初めてのこのコーナーはでご紹介するのは1930年代のジャケットスタイルです。このスタイルは数年前に惜しまれながら閉店した渋谷にあった1930年代スタイルのお店[ドレイパーズ・ベンチ]で購入しました。

ジャケットはネイビーのコーディロイ地でピークド・ラペルの二つ釦で上の釦が拝み釦といって、タキシードやモーニングに見られるフォーマルな仕様になっています。当時のスーツやジャケットによく使われていたとか。トラウザース〔ズボン〕は厚手のグレーフランネル地の幅広のオックスフォード・バックスと言われたスタイルで、ベルトレス仕様です。

この上下に併せたマフラーはビンテージでレーヨン地の物。マフラーの下は赤と黒の千鳥格子のロングポイントカラーのシャツの襟元には紺地に白地の水玉模様の入ったアスコットタイを締めてその上に白のラウンドネックのケーブルベストを着ました。今の季節は仲間内の新年会等にも着ていけるスーツスタイルでなくとも砕けすぎない処が気に入っています。

このスタイルを企画していたО氏は残念な事に昨年夏に急逝され、氏のお店も今はなくО氏の作品としても貴重な一着となりました。 ジャケットカジュアルといってもエレガントでお気に入りの一着です。

1930年代のジャケットスタイルも以下のサイトで詳しくご覧いただけます。

The30sstylebanner0702

http://www.the30sstyle.com/

2009年1月 2日 (金)

1月2日〔金〕今年初めてのお出掛け。

昨日の元日は、我が家でゆっくりと過ごしました。・・と言っても本当は食事に出掛ける予定が直前に車のバッテリーが上がり、エンジンが始動せずにJAFに来て貰うことになり、順延で今日が初お出掛けでした。バッテリー自体が劣化していたので取り替えてもらい今度は大丈夫です。そういえば昨年秋頃からエンジンの係り具合が不調でした。整備はキチンとしなければ(^-^;

子供達が楽しみにしていたお正月のお出掛けは、値段が手頃で知られる某ファミレスにて食事です。懐に優しい価格設定とあって若い家族連れで賑わっていて、子供達も上の姉妹はハンバーグに大喜びで舌鼓を打っていました。 二男も赤ちゃん向けメニューにご機嫌です。私と家内も丑年とあって厳かゲンかつぎにステーキを注文して満足です;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ホテルで豪勢にとはこの不況の中で無茶で叶いませんが、子供達も喜び、懐にも優しい某ファミレスでささやかな贅沢が出来るのもあらためて感謝です。

そして帰りに恵比寿ガーデンプレイスに足を伸ばして39階の展望フロアから東京の景色を眺めました。晴天に恵まれて遠くは箱根の山々に富士山が頂きを見せてくれたので子供達も大満足で初めての二男も家内に抱かれて眼下に広がるパノラマに知って知らずか姉達と笑い声を上げていましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

下に降りてマーケットで買い物も。と言っても仕事用のお年賀用品に子供達のオヤツをチョビット!それでも子供達は大喜びで、今年もこの笑顔に励まされたスタートとなったのでした。休みも後2日間、英気を養い仕事始めに臨みたいです。

Img_1058jpg 写真は展望フロアから眺めた富士山の頂です。良い一年となるように人目もはばからず拝んでしまいました(;´▽`A``

2009年1月 1日 (木)

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

0411jpg_2  平成21年の元日。厳しい世相ですが小さな歩幅でも前向きに歩んでいければと思いました。

暗い世相になると我が身可愛さの余り人との関わり希薄となりがちですが、そんな世相の時だからこそ[思いやり][絆][スマイル]の明るい連鎖を構築できればと考えます。

本年が皆様にとりまして素敵な一年と成ります事をお祈りして、新年のご挨拶とさせていただきます。また本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。  

                   アキノリ     敬白

      Nature1012_2                                          

 

    

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31