無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 感謝の気持ちで。 | トップページ | 「江戸の幸福学を学ぶ人情噺の会」  »

2009年1月24日 (土)

平家物語

昨日の暖かさから一転、寒い朝を迎えました。こんな寒い日は家で読書も良いのではとも思ってしまいます。

私が好きなのは「平家物語」です。何故好きなのかと言うと、平清盛が歴史上の人物の中で好きだからです。貴族社会にあって蔑まされていた武家である清盛の「今に見ていろよ!」といった反骨精神が大好きです。 

清盛が武力と知力で伸し上がり権力を得てから一門の栄耀栄華を極まるゆえに武士としての本来の姿を忘れ貴族化して大衆の支持も失い、反平家の動き高まりやがて滅んでいくといった儚い物語ですが。平安期の華やかな王朝絵巻と中世の荒々しい武士の軍記ものでもあるところが面白いと思います。

格差社会にあって大企業から蔑まされる町工場にいる私ですが、清盛が伸し上がっていく過程に共感を覚えるのはそれゆえかと。 

『驕れるものも久しからずや』高度成長から繁栄を極めた日本も今や4等国に落ちぶれて、政治は何の機能も果たせずにいる今日を見るに「日本国物語り」とか栄華盛衰の戦後絵巻の本でもこの国が消滅でもすれば将来でるのかとも考えました。

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

« 感謝の気持ちで。 | トップページ | 「江戸の幸福学を学ぶ人情噺の会」  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/27419616

この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語:

« 感謝の気持ちで。 | トップページ | 「江戸の幸福学を学ぶ人情噺の会」  »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31