無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« SIDS家族の会とバレンタインデー | トップページ | 足元を引き締めて・・・。靴のお話です。 »

2009年2月15日 (日)

英国調のラルフ・ローレンのセーター。

今日は英国調のセーターを着てました。このセーターはもう15年以上も前のラルフ・ローレンの物で某アパレルメーカーのバーゲンで手に入れて以来愛用しています。

このセーターに広尾にあった30年代のショップ「コイーバ」のアイボリー地にストライプの入ったロングポイントカラー・シャツに「ドレイパーズ・ペンチ」のウール地のアスコット・スカーフを巻いて、トラウザースはモスグリーンのサキソニー地の物に靴はブラウン・スゥエードのギリーシューズを履いて、英国カントリー調に着てみました。

どれも随分昔のアイテムですが飽きません。年月が経つほど愛着一入で身体の一部のようです。当時はラルフ・ローレンが好きで英国の香り漂うエレガントなコレクションにお馴染みのポロプレイヤーのロゴ入りのポロシャツやボタンダウンシャツにチノーズといったアメリカンなライン共に今も愛用しています。1930年代のクロージングにも繋がる英国調のこのセーターはお気に入りです。

Img_1112 ちょっとトラウザースのラインが・・・・。ポケットに鍵を入れたらコレです。ジャケットもボトムも余り重い物を入れたりするとラインも崩れて生地も負担を掛けるので気をつけたいものです(^-^;

« SIDS家族の会とバレンタインデー | トップページ | 足元を引き締めて・・・。靴のお話です。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/28099142

この記事へのトラックバック一覧です: 英国調のラルフ・ローレンのセーター。:

« SIDS家族の会とバレンタインデー | トップページ | 足元を引き締めて・・・。靴のお話です。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31