無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 氏名印突貫工事・・完成校正完了! | トップページ | 叔父一家と墓参り。 »

2009年3月29日 (日)

落語会。「江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会」に行って来ました。

昨日の土曜日は「江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会」に伺い、落語を楽しませていただき、懇親会で楽しい一時を過ごさせて戴きました。

演目は三遊亭神楽師匠の「転失気」と三遊亭京楽師匠による人情噺の大ネタ「子別れ」の二題。この会は毎回テーマがあり今回は「家族の絆」でした

トリの大ネタ「子別れ」酒が原因で妻子と別れる羽目となった腕の良い大工が悔い改めて働き、子供と再会して夫婦も寄りを戻すという夫婦、親子の絆の大切さを落語で伝える人情噺の名作を京楽師匠が時には滑稽に、また目に泪して熱演され、こちらも笑ったりホロリと来たりと噺に引き込まれました。

終わった後も拍手が鳴り止まず、寄席でもテレビ・ラジオでも聴けない大作を堪能させてもらいました。噺の前の薀蓄講座では夫婦・親子の絆にまつわるガイダンスも楽しめて「子供は自然。」「金のあるなし以上に夫婦・親子が一緒にいる事が大切であり一番の幸せ」等そして 「子は鎹」・・この噺のキーワードともいえます。

ガイダンスの中で 世代と世代を繋ぐ(未来を繋ぐ)希望の鎹も、きっと子供なのでしょう。そうありましたがそうであると頷けました。子供を亡くした私とワイフにとって子供はこれ以上のものはない宝であり、この子別れを聴く事が出来て本当に良かったです(ノд・。) 江の幸福力を会の趣旨そのものに学べて、有意義な一時でもありました

噺の後のプレゼント抽選会ではジャンケンに勝ち残り、この会の主催者のお一人で重鎮でいらっしゃる江戸友禅染め物師の藤木先生による子供がまり遊びをする可愛い絵が染め抜かれた友禅染めの手拭を頂く事ができました。藤木先生にはこの会をご紹介抱き公私共に可愛がっていただいています(*^-^)

その後は先生初め会のスタッフの皆さんとお客様が演者の神楽、京楽両師匠を囲んで楽しい懇親会となり、初めての方同士でも落語を共通語にして美味しいお酒を頂いたのでした。次回は6月20日で師匠がアメリカ公演から帰国されてからで、どんな素敵な噺を聞かせてもらえるかとても楽しみですo(*^▽^*)o

「江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会」 http://ameblo.jp/ninjyou/

江戸友禅染め師藤木先生のサイト http://blog.opinet.info/fujiki/

三遊亭京楽師匠のサイト      http://kyorakusan.com/

景品に頂いた友禅染めの手拭とパンフレットです。

Img_1193

« 氏名印突貫工事・・完成校正完了! | トップページ | 叔父一家と墓参り。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/28864432

この記事へのトラックバック一覧です: 落語会。「江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会」に行って来ました。:

« 氏名印突貫工事・・完成校正完了! | トップページ | 叔父一家と墓参り。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31