無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

免許の書き換え・・ゴールド免許に。

昨日は免許の書き換えに都内の試験場へ。

家内も書き換えの時期と重なり二男と共に行って来ました。

今回は初めてゴールド免許を戴けるのは嬉しかったのですが・・。

目の検査に始って流れ作業で手続きは進み、最後の講習となったのですが・・。

冷房がムチャクチャ効きすぎて寒い事(。>0<。)

半袖のポロシャツの家内と私も寒かったですが、付き合わされた2歳の二男が心配で・・。

着替えのシャツを重ね着させたりと・・・前方ではタンクトップの女性がしきりに腕を擦っていて気の毒な位でした。

他所の親子連れが子供がむずかって泣いて外に出たので、我家も家内と二男も出してもらって一安心でしたが残った私は寒くて、30分の講習が長く感じました・・・。

かくして目出度くゴールド免許を拝受した訳でしたが・・・・・。

コールド免許に思えたのは私だけでしょうか?

失礼しましたm(_ _)m

0361jpg

環境ミュージカル落語「シマミミズラッパーの恋」

土曜日は、三遊亭京楽師匠の環境ミュージカル落語を聴きに赤坂区民センターへ二女と行って来ました。

二女は落語は初めてでしたが二つ目三遊亭きつつきさんの全身を使い本当に人力車を引くごとく汗だくの熱演の「反対車」。京楽師匠の面白おかしい中にも親子の情にホロリとさせられる人情噺「子別れ」に表情・仕草・噺に楽しそうに笑い声を上げていました。

古典落語二席を楽しみ中入り後はデューク更家さんのお弟子さんによるストレッチ体操もあり、笑って少し身体も動かし気も身体もほぐれました。

そして環境ミュージカル落語「シマミミズラッパーの恋」

師匠の噺と歌、子供たちによるダンスと調和のとれた見事な作品でした。喘息を患う少女と彼女に思いを寄せるラッパーの少年・・・喘息に苦しむ少女は土をきれいにするというシマミミズを大切にして常に一緒・・。噺を通して環境の大切さを語りかけます。

河も土も空気も人間が文明の発展と共に汚してしまい、虫も魚も住めなくなり緑もなくなり、結果として健康も蝕む大気汚染・・・・。「100年掛けて汚した地球を100年掛けて取り戻そう♪」子供たちのダンスとラップミュージックが訴えます

落語にラップミュージックを併せて子供たちによるダンスも取り入れて師匠のライフワークとも言える環境問題を新しい形の創作噺でした。

私も来年の創作落語の部会のメンバーとしてお手伝いさせていただいています。、京楽師匠に脚本を手掛けるIさんはじめとした部会のメンバーの方々と一緒に次回作が素敵な作品となるようにと昨日も話しながら思ったのでした。

舞台は沖縄! 今度はミュージカル仕立てでなく落語として原点回帰した作品とだけ予告させていただきます。

話は二女に戻り、長女同様、部会のメンバーの方々や師匠にも優しく迎えて戴き落語も楽しめて、師匠にも握手してもらい大喜びで、作文に書くと言ってました。

何事も生で観て聞いて触れさせて、視野を広げて欲しいとの願いと父と娘の親子の思い出の一つになるようにと連れて行ったのですが本当に楽しめて良かったです。

Kyourakue2

「三遊亭京楽の笑門来福で行きましょう」

   http://kyorakusan.com/

2009年6月26日 (金)

授業参観へ。

今日は朝一で娘達の学校の授業参観へ行きました。

小二の二女は音楽の授業で鍵盤ハーモニカをお友達と楽しそうに演奏していました。

駆け足で今度は六年の長女の教室へ、社会化の授業で歴史のお勉強。

こちらは活発な意見がででいて流石は最高学年ともなると違うものと歓心です(゚0゚)

二つの教室をワイフと共に行ったりきたりして子供たちの様子を観て感じたのは友達と楽しそうに過ごしている事でした。

イジメに遭って学校嫌いだった私のような思いはさせたくないと思っていただけにそれが常に心配でしたので安心しました。

2人とも成績は人並みですが・・それはそれで良いと思います。

先ずは人との関わりで社会性を一歩一歩学んでくれればと。

娘達に言うのですが 「人には必ず得て不得手があるもの!」

「出来たからと慢心して他人を見下すことなく、出来ないからと卑屈になって自分を見下すな!」と・・・・・。

優秀で冷ややかな人よりも平凡でも温かな人に育ってくれれば。

との思いで子育てと言うより子供たちとの日々を過ごしているので、成績以上に人との関わりを大切に今は健康で一日一日を送って欲しいと学校での様子に思ったのでした。

Photo_2

2009年6月24日 (水)

トラウマ・・・暑い日は苦手です。

またまた更新をサボってしまいました( ̄Д ̄;;

昨日は本当に暑かったです・・・・。天気と景気は自分でどうする事も出来ないとは言え先ずは率先して行動! という訳で午後は徒歩で地元を新規開拓へ・・・。

暑さは結構こたえました(@Д@; 汗ばむ事・・・。

堪えたのは暑さだけでなく気持ちが沈んでいることです。

父と長男が急死した日も暑い日だっただけにどうしてもトラウマとなって気持ちが沈んでしまうので暑い日は苦手なのです(。>0<。)

感傷に流されていてはこの大不況を乗り切れるかとばかり気合を入れようと勇んで出掛けたのですが・・足取りの重いこと。

何とか数件、前からお邪魔している処へ笑顔で御用伺いしたのですが気持ちは沈んだままでした・・。

これから本格的な夏の到来!仕事も夏枯れの時期なので一踏ん張りしたい思いは裏腹に・・情けない限りです。

ワイフが私の心情を察してメールで「暑いから無理しすぎないで」との優しい文面に胸が熱くなったり・・・。

長男を亡くした夏・・・気持ちはワイフも同じ・・いや私以上に母親ですから辛いのに気遣ってくれて・・・・。

そんな想いに応える為にも一家の長としてしっかりしないとと思ったのでした。

今日は雨の中100個近い大口のスタンプを納品してきました。慎重に校正したものの1個のミスが一個でもミスはミス!! しっかりしないとと反省しきり(-_-X)

ノーミスでこそ信用が得られるものなので気をつけて直しに取り組みました。

そして大口のオーダーを有難い事に戴き、今度は気を抜かずにしっかりと努めたいと。

工場の長男の遺影が「パパ頑張ってね!」と笑いかけてくれているように見えます(;ω;)

Img4739609202024_3

2009年6月21日 (日)

見応えありました!三遊亭京楽師匠の音曲噺。

今日は「江戸幸」主催の三遊亭京楽師匠の落語会へ行って来ました。

今日のテーマは上方落語。

「猫の忠信」 「たちきれ」どちらも音曲噺で

師匠の表現豊かな熱演に加えてどちらも生の太鼓と鐘と三味線が入り盛り上がりました。

音曲噺は初めて聴かせてもらいましたが鳴り物が入ると江戸落語と違う雰囲気があって惹きこまれてしまいました。

「猫の忠信」は師匠の磨かれた話芸だけでなく歌舞伎の所作のようなアクションに鳴り物が入り後半は実に見応えがありました。

「たちぎれ」は音曲の入った人情噺。三味線の音色と共に実らなかった男女の情愛が見事に師匠の芸によって表現された世界でした。

前座の立川まつ幸さんの「寄り合い酒」も直向に修行に勤しむ姿勢が初々しく、今後の活躍を応援したいと思いました。

一緒に行った長女も屈託なく笑い、親子して落語を楽しむ素敵な一時を与えていただき、師匠と「江戸幸」のスタッフの皆様に感謝です。

長女を駅で送ってからは師匠を囲む懇談会もいつものように和やかに楽しく過ごさせて戴き気持ちをリフレッシュさせてもらい良い一日でした。

次回は9月との事今からとても楽しみです。本当にアットホームな手作りの落語会ですので落語デビューとしても通の方にも多くの方に観ていただきたいと思います。

来週は師匠のライフワークともいえる環境落語会が赤坂で開かれます。古典作品のほかこちらもミ環境問題を題材にしたュージカル仕立ての落語もあり楽しめます。

是非ご興味のある方はご参加ください。

詳しくは師匠のホームページhttp://kyorakusan.com/Kyourakue2 まで。

Photo

2009年6月19日 (金)

モヘア地の夏色スーツ。

今日は週末とあって少し砕けた色目のサマースーツを着てみました。

生地は夏の素材モヘアで軽い着心地と光沢感がこれからの季節にピッタリです。

色は明るめのブルー。派手目の色でしたが若かりし頃に明るい気分になりたくて一目ぼれして決めました・・・。

夏物なのに好きなダブルブレストに仕立ててもらい、重苦しくならないようにロングターンモデルiにして釦は下一つ掛けに。 釦も淡い茶色のナットを選び夏らしくしました。

シュルエットはウエストを絞り込んだ私のお決まりの1930年代調のドレープ・スーツに・・。

白のロングポイントカラーシャツに紺地にピンクの幾何学模様のプリントタイを締めて、シューズは明るめのブラウンのギリーシューズを履いて、ダブルのスーツが持つ重々しさを極力軽くしたつもりです(^-^;

ダブルのスーツは好きで夏でも数着きています。やはり涼しげに装うのは難しいものです(゚ー゚;

今回の着こなしは派手目で30年代より1940年代後半ののハリウッド、アメリカ的な感じになって、色目と言い正直ビジネスユースより夜遊び向けだったかと・・・(;´▽`A``

作ったからには着るのが愛着ある洋服への礼儀でもあり、お気に入りでもあるので着ていける場所を考えて着用しています。

クラシックな夏の紳士のエレガントな着こなしが掲載されているサイトです。

リンクも充実していてファッション以外も楽しめます。           

                                 http://www.the30sstyle.com/

Img_1288  The30sstylebanner0702

2009年6月18日 (木)

長い一日・・。健康の有り難味を思う・・。

今日は東京と埼玉の県境から都心までお客様周りで外回りを・・・・。

帰ってから製造業務に勤しんで、体調不良のワイフに代わって保育園へのお迎えと買い物を済ませて今一段落です(^-^;

陽が長くなったせいか結構一日が長く感じました。

スーパーではチビの同級生のパパ2人と会ったり・・・何処のパパも会社帰りに買い物を手伝ったり、家事を分担貢献しているのだと感じました。

私もかくあらねぱとグータラパパの私として反省しきりでした( ̄Д ̄;;

ワイフも幸い昼間より元気を取り戻し一安心です(^-^;

二男が退院してから本当に健康の有難さが身に染みて、子供たちの元気な笑い声が聞ける事の幸せを実感しています。

こうして生きていられることが当たり前でないと・・・。

人間いつ何処で病気や事故にみまわれるか判らないし、どんな世相であれ家計はキューキューでも身の丈に合った暮らしで充分だと思えます。

父も母も長男まで短い期間の内に突如として亡くした私として、こうして子供達に囲まれてワイフの尻に轢かれながらも(笑)過ごせるのが贅沢な位にに思えるのでした。

0361jpg

2009年6月16日 (火)

初夏のジャケットスタイル。

今日は初夏から夏に掛けてのジャケットスタイルの紹介です。

私の好きな1930年代のリゾートでの着こなしを意識して、当時のファッション誌「エスクァィア」のローレンス・フェロー氏のイラストを参考にまとめてみました。

ジャケットは淡い茶褐色のザックリとしたサマーウール地をシングル三つ釦で仕立て、ポケットは全てパッチポケット〔貼り付けポケット〕でカジュアルな感じにしました。

トラウザースはライトグレーの柔らかい生地で定番の太いシュルエットのフルパンツです。

ネイビーのオープンシャツに白地に黒い水玉のネッカチーフを併せて足元は白×茶のUチップシューズを履いて往時のジャケットスタイルに倣ってみました。

正直ズボンを少し太くしすぎた感ありで、写す時に風にあおられて広がってしまいました( ̄Д ̄;;

Img_1267

The30sstylebanner0702_2

http://www.the30sstyle.com/

2009年6月15日 (月)

仕事が落ち着いてきました。

不況に晒されて苦戦しながらも、役所関係の仕事が纏まって戴くことが出来て助かりました(゚ー゚;

その仕事の一つも完成校正に梱包と終わり書類と共に本日納期より少し早く収めさせていただきました。

数箇所一編に頂いたので納品ミスのないようにチェックしながらの作業となり神経を遣いましたが、後続の仕事の納品もここで気を抜かずにしっかり務めないと(゚ー゚;

本当にこれからの時期は夏枯れで仕事が例年減ってくるので、飛び込み営業にも力を注ぎ従来のお取引様にも手抜かりのないように神経を研ぎ澄まして乗り切りたいものです。

でもあれもこれもって焦ってもいけないし、何かアクションを起こして活路を見い出そうと思うのですが考えるとチック症にみまわれたりと色々とあるものですね。

中小企業はいつの時代も逆風の中で耐え忍んで生きていくものと・・・誰かが言ってましたが

踏まれても踏まれても麦のように強く、家族の為にも真っ直ぐと前を見たいと思う気弱な中年男の私でした。

Img_1192

2009年6月14日 (日)

消防博物館。

今日は東京、四谷にある消防博物館へ二男と子女とワイフと出掛けてきました。長女は約束があるとか・・少し寂しいですがこれも親離れと思えば・・(´・ω・`)ショボーン

四谷消防署に隣接された館内には消防の歴史や防災意識を高めるビデオやコーナーに昔の消防車やヘリコプターも展示されて、大人も子供も楽しめて、防災についても学べる施設でした。

我家の二男は消防自動車大好きなので実物のはしご車やヘリコプターに大喜びでしたヽ(´▽`)/

ヘリコプターのコクピットに乗り込みさながらパイロットになったり、ママと救急車の運転席に座ったりと大はしゃぎ・・・・。

私も調子ずいて消防士に変身して二男と記念撮影しちゃいました。

二女は防災アニメが気にいって根が生えたように見入っていたり、クイズラリーに挑んだりと思い思いに楽しんだのでした。

こうして此処に来て消防の仕事は火災に天災に事故による怪我人の救助や急病人の搬送と人命を救う大変な仕事だと感じました・・・。

病気や被災でいつお世話になるか判りません・・事実二男も二女も救急車のお世話になりましたし・・・。

そのお世話になった二男も今日は元気で楽しんでいる様子にお世話になった時の感謝の念を新たにもしたのでした。

家族で健康にくらせるって素晴らしいと、二男が入院してからツクヅク思い、長男を救えなかっただけに彼が元気に帰ってきたことが、生きている事が私もワイフもスゴク嬉しいのです(*^m^)

そんな思いの久々のお出掛けでした。

Photo Img_1287jpg

2009年6月12日 (金)

創作落語部会。20日は「江戸幸」の落語会です。

すっかり更新をサボってしまいました・・・・反省です(;;;´Д`)

火曜日はアメリカ公演から帰国された三遊亭京楽師匠に創作部会のメンバーの方と会合で次回作について活発に話し合いかなり骨格・方向性が固まってきました(*^-^)

私は末席に加えていただきお手伝いさせていただいてますが、ひとつの創作落語という作品を演者の師匠をはじめメンバーが意見を出し合い皆で創り上げていくといった過程に加わり本当に勉強になる事たくさんで感謝です。

出来上がりはきっと傑作・名作になる事請け合いです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

そして今月20日は「江戸幸」主催の「京楽師匠の人情噺をきく会」が新宿文化センターで開催されます。

今回は上方落語・音曲噺です。私も音曲噺は初めてなのでとても楽しみです。

落語の中には現代人が忘れてしまった人同士の触れ合い・思いやりが出て来て癒されます。人情噺は笑いだけでなくシミジミとした古きよき日本の人情にも触れられてジーンと来る事も・・・・。

落語の楽しみに触れられるアットホームな落語会です。是非お越しください。世の世知辛さを一時笑い飛ばして気持ちをリフレッシュするのに最適です。

詳しくは「江戸幸」のホームページでどうぞ(◎´∀`)ノ

                                              http://ninjyou.com/

Photo

2009年6月 6日 (土)

疲れが・・・。

昨日二男が退院して、久々の家族での団欒の後疲れが出たのかバタンキューでした。

今日も何やら疲労感が取れずにランチの後で昼寝したのにまだ引きずってます。

二男は元気にはしゃぎ回って何よりですヽ(´▽`)/

お茶の後で二女と駅まで雨上がりの道を散歩しました。それも疲れてしまって・・・。

この所、有難い事に役所関係の仕事を立て続けに戴くことが出来て手が空くことがなく手職として本当に張り合いをもって取り組んでいますが、其処へ来て二男の入院騒ぎ・・・。

どんなに忙しくとも子供の健康には替えられないので病院に昼と夜と見舞いに、2歳のチビが親元を離れて寂しい想いに耐えていると思うと・・・親としてすべき事をキチンとやらないとと・・・。

然し意気込んでも身体は正直ですね・・・。

目はショボつき、背中は痛いし・・・ベットに入るときは天井が回ってました・・飲んでないのに(@Д@;

今日は静養中の二男とゆっくり過ごして、彼の笑顔を楽しみたいとおもうのでした。

Photo 

2009年6月 5日 (金)

二男が退院しました。

日曜日から入院していた二男も晴れて退院できました。

手厚く診ていただいた先生、看護婦さんに本当に感謝です。

これからは親として一層子供たちの健康に気をつけてあげないととの気持ちも新たに病院を後に、久々に帰宅した二男のハシャギように安心しました。

そでも暫くは通院して検査と経過観察をする事に。

学校から帰った娘達との兄弟の再会も共に嬉しそうでした。

兄弟のいない私にとって我が子ながら良いなぁ~( ^ω^ )と思う程、幼い弟を気遣う優しさを見て、いつまでも健康で仲良し兄弟でいて欲しいと思うのでした。

そして天国の長男が姉達と弟をきっと守ってくれていると感じて長男に感謝です(ρ_;)

今夜は家族揃って5日振りの団欒です。

こうして生かされている事に感謝して過ごそうと思います。

Photo

2009年6月 4日 (木)

二男の入院生活。

二男が入院して4日経ち昨日の午後に個室から大部屋に移りました。

夜に面会した折りは、熱も平熱まで下がって落ち着いて一安心です。

驚いたのは食欲です。昼はそれ程でなかったのがデザートに至るまで全て平らげてオカワリを欲しがるまでになり、元々食欲旺盛なので回復してきた証にも思え一安心です(*^-^)

2歳の二男は親元から離されての入院生活は可愛そうです。

午前中はママが付き添いアンパンマンや機関車トーマスのビデオを観たり本を読んでもらったりして退屈をしのいだりしています。

昼休みに面会に私が行き二人の娘の食事の支度もあるのでママも帰らざるえないので暫くは一人ぼっちに・・・・。

夕方に面会に再び行き夕食のお世話をしてから帰宅するのですが、帰る時に転落防止の為の柵を上げると大声で泣いて手を伸ばしてきて・・・・可愛そうです。

昨夜も隣のベットの御子さんのお祖母ちゃんが「この時が辛いね」と声を掛けて下さいましたがその通りです。

子も我慢・・親も・・・です。

家族が入院すると一緒に健康で過ごせる事の有り難みを思い知らされます・・。

特に幼子だと変わってあげたい位です。

長男を亡くしているので彼の分まで健康でいて欲しい気持ちは強く、これからは痙攣予防の治療をしっかりと受けさせて、親として全力で守ってあげたいと・・・。

退院を家族で待ちわびている我家です。

D4hy

2009年6月 2日 (火)

娘達の運動会と二男の入院・・。

日曜日は雨で一日延びた娘達の小学校の運動会でした。

長女は今回が小学校最後の運動会と言うことで・・思えば一年生の時の記憶も遠くないのに早いものだと感じました。

子供たちの直向で健気な球技に取り組む姿は毎回感動させてもらいます。

二女のダンスの可愛らしさ(゚m゚*) 長女は最高学年として友達と役目をテキパキとこなしていて成長したと実感でした。

クライマックスは組み体操。

見事でした!長女だけでなく共に過ごしてきた仲間達と協力しての素晴らしい演技は小学校生活の集大成の一つとも思え、ビデオを回しながらも涙が流れてしまいましたo(;△;)o

そういえば中学時代に運動会で気持ちの優しい音楽のT先生が私達の姿に「あんなに子供達が一生懸命で」と涙された事を思い起こし、親となって気持ちがスッゴク判ります。

風呂上りに腹筋に背筋を懸命に鍛えてこの日に供えていた長女・・。

やり終えたときの仲間達と交わす笑顔は、長女もクラスメートの皆もとても清々しい共に力を併せて成し遂げた達成感に溢れていました。

良い思いでになってよかったです。

感動の内にフィナーレとなる筈でしたが二男が突然に痙攣を起こし保健室で手当てを受けて病院に私の車で搬送した結果。

幾度も発熱の度に痙攣をお越し、今回も元気だったのに突如の倒れて発熱して痙攣が続いたので経過観察と今後の治療方針を定める為の入院措置となりました。

幸い命に関わる事態でないにとしても可愛そうで・・・。兎も角良い治療方法で辛い思いを脱して、姉達と共に楽しく暮らして欲しい・・・・生きていてくれればそれだけで充分です。

天上の両親と長男に祈るのでした。

Photo  Img_1274

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31