無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 授業参観へ。 | トップページ | 免許の書き換え・・ゴールド免許に。 »

2009年6月29日 (月)

環境ミュージカル落語「シマミミズラッパーの恋」

土曜日は、三遊亭京楽師匠の環境ミュージカル落語を聴きに赤坂区民センターへ二女と行って来ました。

二女は落語は初めてでしたが二つ目三遊亭きつつきさんの全身を使い本当に人力車を引くごとく汗だくの熱演の「反対車」。京楽師匠の面白おかしい中にも親子の情にホロリとさせられる人情噺「子別れ」に表情・仕草・噺に楽しそうに笑い声を上げていました。

古典落語二席を楽しみ中入り後はデューク更家さんのお弟子さんによるストレッチ体操もあり、笑って少し身体も動かし気も身体もほぐれました。

そして環境ミュージカル落語「シマミミズラッパーの恋」

師匠の噺と歌、子供たちによるダンスと調和のとれた見事な作品でした。喘息を患う少女と彼女に思いを寄せるラッパーの少年・・・喘息に苦しむ少女は土をきれいにするというシマミミズを大切にして常に一緒・・。噺を通して環境の大切さを語りかけます。

河も土も空気も人間が文明の発展と共に汚してしまい、虫も魚も住めなくなり緑もなくなり、結果として健康も蝕む大気汚染・・・・。「100年掛けて汚した地球を100年掛けて取り戻そう♪」子供たちのダンスとラップミュージックが訴えます

落語にラップミュージックを併せて子供たちによるダンスも取り入れて師匠のライフワークとも言える環境問題を新しい形の創作噺でした。

私も来年の創作落語の部会のメンバーとしてお手伝いさせていただいています。、京楽師匠に脚本を手掛けるIさんはじめとした部会のメンバーの方々と一緒に次回作が素敵な作品となるようにと昨日も話しながら思ったのでした。

舞台は沖縄! 今度はミュージカル仕立てでなく落語として原点回帰した作品とだけ予告させていただきます。

話は二女に戻り、長女同様、部会のメンバーの方々や師匠にも優しく迎えて戴き落語も楽しめて、師匠にも握手してもらい大喜びで、作文に書くと言ってました。

何事も生で観て聞いて触れさせて、視野を広げて欲しいとの願いと父と娘の親子の思い出の一つになるようにと連れて行ったのですが本当に楽しめて良かったです。

Kyourakue2

「三遊亭京楽の笑門来福で行きましょう」

   http://kyorakusan.com/

« 授業参観へ。 | トップページ | 免許の書き換え・・ゴールド免許に。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/30320163

この記事へのトラックバック一覧です: 環境ミュージカル落語「シマミミズラッパーの恋」:

« 授業参観へ。 | トップページ | 免許の書き換え・・ゴールド免許に。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31