無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 創作落語部会。 | トップページ | 新しいスタンプ。 »

2009年8月 6日 (木)

原爆忌・・・・。

今日は広島の64回目の原爆忌で、朝は平和祈念式典の様子を聞いてました。

広島には親類がいるので幾度も訪問して平和祈念公園も訪れ犠牲者の冥福を祈らせていただいています。

初めて行ったのが確か小学生の高学年の頃・・原爆資料館で見た何とも惨たらしい展示物等の資料は子ども心にも衝撃的でした。

記憶に焼き付いているのが一つ、祖母が[原爆の子の像]という被爆後に原爆症で亡くなった少女の慰霊碑で白人の初老の夫人が声を掛けてきて祖母の写真を撮らせてほしい様子で父が了承すると手を合わせる祖母の写真を撮っていた・・・。

平和を祈る折鶴と着物姿で手を合わせる祖母・・・。折鶴に交じって[アメリカは出で行け!]と抗議の短冊があり、恐らく写している老婦人もアメリカ人であったろうが・・・・。

小学生の私も複雑な気持ちになってました。白人のご婦人は[アリガト・・。]と何度も片言の日本語でお礼を述べ何度もお辞儀して返礼する祖母の姿が何故かハツキリと覚えています。

核兵器を落とした加害者側と被害者側のふとした触れ合いと云うべきだった1コマというか・・何のつもりで手を合わす祖母を写したかったと思ったりもします。

ただ言えるのはあの場所に行けばどんな国でどんな思想を持つ人も平和の尊さに思いを抱くのでは・・・様々な慰霊碑が点在して折鶴に花に線香の煙と香り・・。

犠牲者への追悼と平和への願いが一帯を包み込んでいる気がします。訪ねたのはいづれも夏で強い日差しと蝉の声の中にも不思議な静寂が漂う場所だと。

この国に暮らす私たちの世代は平和と繁栄の中で私たちは育まれましたが、今なお世界のどこかで戦争や紛争で町や家をやかれて肉親や友人を亡くすとう悲しみが絶えないという現実から目をそらさずに真の平和について思いを寄せ1日も早く戦争のない世の中を願いたいと思うのでした。

Images

« 創作落語部会。 | トップページ | 新しいスタンプ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/30851909

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆忌・・・・。:

« 創作落語部会。 | トップページ | 新しいスタンプ。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31