無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« ネットショップの製品の直し・・。 | トップページ | [江戸の幸福力を学ぶ人情噺の会]で落語を楽しみました。 »

2009年9月25日 (金)

父ヒデオ。レジェンド・・エピソード①優しい人柄。

小学校三年の頃・・・担任の天谷先生が[本当に心の優しい子ですね。]と家庭訪問で褒めてくれて何よりもその言葉を喜んでくれたのが元父だった・・・。

[成績優秀と言われるより嬉しい・・。]と言ってくれたのをふと思い出しました。

当時はイジメラレて辛かっただけに、先生と父の言葉は励みにもなったのでした。

優しさ・・・今の自分に果たしてあるのか? 元父の死後、母と共に厳しい現実の中でもがいて私自身余裕がなくなり望まずして課せられた元父の負債と夢との狭間で失くしてしまったようにも感じます。

他人に優しい人でした・・。お年寄りが道に迷って困っていれば一緒について行って探してあげる事など記憶に残っていて、それもごく自然に出来てしまう事に尊敬の念も抱いていました。

私には?・・・子供の頃の一時期は凄く可愛がられて大好きだったのが、いつの頃から自分のビジョンを押しつけるクソ親父になってしまい・・上手くいかなくなったのでした。

相変わらず他人には優しく、工場でも業界でも慕われていました。私だけには辛く当り周りがハラハラする位に~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

優しさといえばエピソードが数ある中で、子供時代に家族旅行の時・・団体ツアーで何か若いツアーコンダクターの男性がバスで他のツアー客から激しく叱られてシュンとした事があり・・ドライブインで休憩の時に落ち込んでる様子の彼に飲み物を手渡して[御苦労さん(*^-^)]と微笑みかけた事がありました。

ツアコンさんは感激した面持ちで礼を言い、その後も元父は笑顔で相手の気持ちを解きほぐすように話しかけてた姿が思い出されます。

苦労人のせいかそんなさり気ない気遣いの出来る男でした。

私はそんな元父の人柄が嬉しく思えたのでした。友人からも羨ましがられたりした自慢の父親の時代の一コマです。

頑固で負債を遺した悪いイメージが多く残る元父ですが、優しさは人一倍だったと・・そんな時代が懐かしく思い起こされます。

Img_2 

« ネットショップの製品の直し・・。 | トップページ | [江戸の幸福力を学ぶ人情噺の会]で落語を楽しみました。 »

ファミリー」カテゴリの記事

コメント

そんな優しいお父上の血を、貴方は確かに受け継いでいると思います。
貴方ほど優しい男は、他に出会ったことがありません。
これはマジですよ。
だからこそ、貴方には昔のような元気を取り戻してほしいのです。親友として・・・。

o(;△;)oありがとう・・・優しいのか弱いのか・・・。

ともかく自分が何なのかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/31511538

この記事へのトラックバック一覧です: 父ヒデオ。レジェンド・・エピソード①優しい人柄。:

« ネットショップの製品の直し・・。 | トップページ | [江戸の幸福力を学ぶ人情噺の会]で落語を楽しみました。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31