無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« ニギリ台のグリップの打ち込み作業。 | トップページ | 千代大海関の大関陥落・・。 »

2009年11月24日 (火)

二男を抱っこして・・。

昨日、にんじん祭りで輪投げの後で二男が両手を伸ばして抱っこをせがみ家まで抱っこして帰ったのでしたが2才10ヵ月近くになり随分と重くなり成長したものだと(゚m゚*)

先日もインフルエンザで発熱した二女を病院に連れて行った時に抱っこしたのでしたが、守りたい気持ちからか命の重みが8歳という年齢以上に重いと思ったのでした・・。

二女は一番甘えたい時期にワイフが長男を妊娠・出産したので専ら私が抱っこしていてパパっ子なので小学生になる直前までせがまれて抱っこしていたのも思い出しました。

長女は最初の子とあってワイフと取り合いだっただったような(笑)

12歳となり流石に抱っこはしませんが今年の早春に発熱してグッタリした時におぶって医院に行った事も・・。この時もこじらせない様にと思いの方で重く感じたと。

惜しむべきは亡き長男で6ヶ月で早世したのでゆっくり甘えさせてあげられずにとの思いが常にあり・・只申し訳なく思い抱っこすると嬉しそうな笑顔と声が思い出されます(;ω;)

二女も手を繋ぐと嬉しそうに笑顔を向けてくれて・・・流石に長女はもう手は繋がないものの人混みでピタリと寄り添ってきたりと・・。

私も幼い頃に抱っこされた記憶は薄れていても、両親と手を繋いで歩いた時の手の大きさと温かさに安心した記憶は微かながらも残っています。

親となって愛情を注ぐつもりが逆に子に注がれて育てている筈が育てられてるように思い抱っこした次男に頬をくっつけられて色々と考えたのでした。

頼り切ってくれているの子供達に対して大した親ではないにしろ少しでも好きな道に進めるよう後押ししたいと・・。長男とはあちらに帰ってから待たせた分存分に抱っこして甘えさせてあげたいと・・。

二男抱っこして温もりに思うのでした。

Photo

 Photo_2

« ニギリ台のグリップの打ち込み作業。 | トップページ | 千代大海関の大関陥落・・。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/32341241

この記事へのトラックバック一覧です: 二男を抱っこして・・。:

« ニギリ台のグリップの打ち込み作業。 | トップページ | 千代大海関の大関陥落・・。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31