無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 学芸会がインフルエンザで・・。 | トップページ | 生産階級として思う・・。 »

2009年11月16日 (月)

サザエさん・・。

夕べサザエさんの特番を観ていて家族で笑いながらも寂しく思えたのでした。

子供の頃は家族で観ていたのでしたが元父が死に、母が亡くなりいつの間にか観なくなってしまったって暫くぶりに子供のリクエストで仕方なく一は緒に観ていたら辛くなったのでした。

母が亡くなる前年の夏に桜新町の[長谷川町子美術館]のサザエさんフェスタに長女とワイフと三人で行った事も思い出したりで、お馴染みのオープニングテーマも忌々しく聞こえたりと親子三世代揃う事は叶わなかった身として辛い番組となっていたのでした。

でも子供達が楽しそうにに観ている様子に、つい一緒に引き込まれて笑ったりと(*^-^)

8時になり風呂の時間で子供達を追い立てて大河ドラマを観たのでしたが。リクエスト通りに録画は気分的にできませんでした・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

やはり苦手で繰り返して観たくはないので・・。

子供のころ観ながら常々思っていたのはカツオ君は自由でいいなと・・・怒ると怖い波兵お父さんも将来まで縛らなかったのがそう思えたのでした。

元父も母も祖母も楽しみにしていたサザエさん・・・・私もそうでしたが大人になってからは観たくない番組トップとなってしまいました。

元父からのトラウマや三世代揃う事を果たせなかった悲しさと許さなかった運命への恨みやらサザエさんを観ていると負の思いが湧いてきて・・・愉快な番組で素敵な登場人物ばかりなのにと判っていながらも観ると辛くなる複雑な番組でした。

チビまる子ちゃんの方が家族構成は3世代で同じなのに楽しく観れるのですが・・・。

06torayama38_thm

« 学芸会がインフルエンザで・・。 | トップページ | 生産階級として思う・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私はマスオさん生活をしていましたので、サザエさんは、別に意味で辛いです。
波平さんとフネさんみたいに、おおらかで優しいお舅さんお姑さんだったら、どんなによかったかと・・・。
人は「無いものねだり」の動物らしい。
恵まれないものに悲しむより、恵まれているものに感謝して喜んで生きる方が幸せになれると僕は思います。

確かに自分の力ではどうする事もままならない事は追っても仕方ないよね・・。

子供の頃の家庭での思い出は家族が皆死んでしまうと美化されるものと辛く切なくなるものと双方でてくるとこの歳になって思いました。

弱さゆえか鬱がそうさせているのか・・・私のオヤジ曰く(元実父ではありません)男は永遠に子供で夢の中で生きていたいものと・・サザエさん一家は時間が進まずに正に夢の中というか観ていて子供時代に引き戻されるようにも思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/32237136

この記事へのトラックバック一覧です: サザエさん・・。:

« 学芸会がインフルエンザで・・。 | トップページ | 生産階級として思う・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31