無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

横浜へ家族で。

今日は家族で横浜へ出掛けてきました。

横浜は私の好きな街で、学生時代は亡き父や母と食事に来た事もあり、友人達とも遊び、結婚してから長女が生まれてからも亡き母と家族連れだってブラリと歩いた土地で色々と思い出もある場所です。

家族で来たのは長男が生まれてからはご無沙汰だったのでカレコレ五年振り位だと・・・。初めての二男も物珍しそうに私やワイフに手を引かれて見まわしてました(。・w・。 )

元町をプラつき、長女が幼いころにも入った雑貨屋さんでは二男がアンパンマンのミニ塗り絵を二女がレターセットをそれぞれお土産に買い、やはり昔も見た猫のマークの雑貨屋さんで猫グッズを見たりとゆっくり散策しました。

中華街では長女がパンダのキーホルダーを選び、月餅をお土産にして・・・以前は中華街で食事をしたのでしたが、正月のお出掛けもあるので節約して今回は某パン屋さんで・・・。

子供達には可哀想と思いましたが、却って喜んで選んでいました(*^-^)

私自身、色々と思い手も蘇り何故か込み上げたりして・・・ここで母が長女に何を買ってくれたとか・・その時の楽しげな表情も思い返したり(;ω;)

明ければ直ぐに母の十回目の命日となりそんな事も思いだすのかと・・・。

少しセンチメンタルになった横浜の散策でした。

Photo

2009年12月29日 (火)

今年も仕事納め・・・。

昨日で仕事納め・・・。ご挨拶まわりでも世相厳しい事を皆さん仰り厳しい年の瀬といった感は年々増しているように思えました。

私自身も厳しい状況下で家族の協力と多くの方に助けられて導かれて一年を過ごせさていただいたと感謝です。

はて自分自身は何が出来たか・・・ただボンヤリ過ごしてしまったようで反省です゚゚(´O`)°゚

世相はより厳しさを増し、私の業界も組合員が減るなど最盛期の半分以下にまで落ち込む状況下・・・通り一辺偏の事しか出来ない自分に歯がゆさばかりで事は進まず悶々とするだけで・・・知恵が回らないというか足りないというか・・・。

体調のせいでも気鬱のせいでもなく喝を入れようにも気力が沸かない事もシバシバ・・。

根本は私自身のやりたい服飾の仕事とかけ離れた仕事を家業ということで元父の失敗の尻拭いでやって来た事へのジレンマが続いている事・・・。

とは言うものの年々世相は厳しくなり衰退産業に身を置く者として、人生の舵取りも荒波で歳も重ねて希望の職種に移る事さえ難しい局面に立たされ家族を考え行動する立場として無謀な賭けも躊躇してしまい惰性で生きていると。

この正月休みに真摯に考えようと・・・今年もあと三日で新年になるのですね・・。

Photo

2009年12月27日 (日)

総理の不正献金に大不況・・。

鳩山総理の元秘書の偽装献金問題・・・。

総理は知らなかったとかで不起訴になり、贈与として申告して6億の税金を納付したとか。

総理の野党時代に[秘書の不始末は政治家が責任を取るのが筋]云々と言って与党議員を攻撃していた映像が幾度も流されているのを観ていて政治家は二枚舌で不誠実でないと上に昇れないのだと思いました。

マニフェストも口先だけでコンプライアンスもあったものじゃない魑魅魍魎の集団なのかと・・・。

私は元父が国に騙されて苦難を歩かされているので愛国心など爪の垢ほどもないのですが日本人の血が流れている事が恥ずかしく思えます。

結局は先の選挙で国民が選択した結果でもあり自業自得なのかとも思えました。

その上大不況で、失業・雇用不安に自殺者増大と寒々しい国に冷え切ったと・・。

果たして無策なのは行政だけなのかと?

この島の民族性は穏やかというかお人好しというか・・よくこれだけ経済が落ち込み、政治に対して怒っても実力行動にでないのか・・外国ならとっに暴動に発展してもおかしくないとも・・。

暴動を誘発すつもりはありませんが、何か行政・政府に直接に物言いできるようにこぞって呼びかけるとかで声を届けるように努められればいいのですが・・。

ただ酒のつまみに政府を批判してるだけでは事は進まないと・・。

生まれる国と親は選べないと言いますが・・確かに生れた以上嫌々であってもこの島で暮らさざる得ないとしたら・・・子供たちの未来のためにも私達に出来ることは何なのかと思います。

Hinomaru001

学生時代の友人からの電話に健康の大切さを・・。

昨日の夕方、大学時代の友人U君から電話があり、二月に糖尿病で緊急入院して一か月を治療に費やして今もインシュリンを投与していて体重も20㌔減ったという話に驚きました・・。

後少し診てもらうのが遅ければ命に係ったとかで冷や冷やしたようです。

彼は独身でご両親と同居していてある意味気ままに過ごしていたのでしょう・・。

タバコは吸わず酒も大して飲まないのですが、食べる量は多く大学卒業してからかなり太ったので気になっていたのでしたが・・大事に至らずに良かったと・・。

幸い彼の話しっぷりは明るく依然と変わず、近々来訪したい旨の話だったので回復傾向ならと願わずにいられませんでした。

明日は我が身だとも・・年齢を重ねて健康に注視しないととあらためて考えました・・。

私自身、食べる量が減り気分も優れない事で気持ちも落ち込んだりして鬱々したりと色々と響いて来るのを感じてるだけに怖いと・・。

父も急死で、その後母と色々と大変な思いもして今も続いてる事もあり、突如倒れりしたら家族への影響も図り知れない事は身をもって知るだけに尚更です。

世相が厳しくとも健康な心身があればこそ生き抜いて家族と共に過ごせるのだと・・。

U君が無理せずに元気になって会いに来てほしいものです。

Obj_adults_disease01

2009年12月26日 (土)

クリスマスも過ぎて・・。

今年もクリスマスはささやかなホームパーティーで過ごしました・・。

イブは長男の遺影に向かい娘たちがクリスマスソングを唄い、二男も笑い声をあげて歌に合わせていました。

私も例年通りに涙で手拍子を(´;ω;`)ウウ・・・ ここ数年涙もろくなり困ったものです。

子供たちが寝た後で枕元にプレゼントを置き、翌朝子供達は大喜びでしたヽ(´▽`)/

ことに二女はサンタさんを信じているだけにサンタさんへのお礼のお菓子まで用意して待っていてその健気な気持ちにジーンとしたり( ´;ω;`)ブワッ

クリスマスが過ぎた途端に気持ちも沈みこみ昨日は遠出して戻ってから締めの大仕事を済ませてから疲れるは・・チックの震えと息苦しさが続いたり・・・精神的に疲れた感じで自分の弱さを思い知らされたりです。

今日は子供達と午前中は図書館へ、午後からは近くの公園へワイフと二男二女と出掛けました。

二女は縄跳びの練習を根気強くして爪先を揃えて上手く飛べるようになってきて、二男は滑り台と三輪車で遊ぶ姿に癒されました(゚ー゚)

今年もあと少し・・・子供達の笑顔に応えるためにも自分を奮い立たせたいと・・。

Ilumi01_2 

2009年12月23日 (水)

天皇誕生日の祝日・・。

昨日は一日中、製版作業に追われて夜は中学時代からの親友で特定社労士として活躍している森君と池袋で忘年会をしました。

彼とはお互いを飾ることなく肩の凝らない本音で話せる間柄で、とても楽しく有意義な一時を過ごすことが出来ました(*^-^)

自分の弱い部分も欠点も曝け出して話せる友がいること自体有難いと思います(゚▽゚*)

すっかり元気をもらってきましたありがとうヽ(´▽`)/

開けて今日は天皇誕生日の祝日・・。

長女も二女も友達との約束で出かけてしまい・・・二男とワイフと近くのスーパーで明日のクリスマスパーティーの準備の買い物をしました。

家族6人でのホームパーティーは亡き長男の遺影に向かい[赤鼻のトナカイ]を唄うのが恒例ですが彼と共に迎えられなかった事を思うと私はついつい泣いてしまいます。でも家族で笑って楽しんでこそ長男も笑ってくれるのだと彼と共に楽しみたいと・・。

クリスマスイルミネーションも悲しくも見えますが天使になった長男も舞い降りて来てくれるクリスマスイブなのです。

子供達にはサンタさんからどんなプレゼントがくるのか?

Xmas_088

2009年12月20日 (日)

子供の買い物・・。

今日は家族で近くの商店街に買い物に。

目的は娘たちの靴が古くなりキツクなったので先日チラシで見た[靴卸売センター]に・・。

靴はサイズが合って履きやすくないと疲れるので慎重に吟味してフィットした靴がベスト!!

長女が選んだのはグレー系のスニーカーで余り派手な物は好まない長女にピッタリでサイズもフィットして値段も格安!! 流石は卸売センターです。

二女は可愛い白地にピンクのラインが入ったデザインで此方も格安でフィット(*^-^) 服は姉のお下がりが多いのですが靴は底がすり減るので新しい物を履かせてあげないと。

子供が三人となると今の厳しい世相で贅沢な物は選べないので大判振る舞いという訳にもゆかず身の丈にあった物を買いたいものです。

それでも二人とも大喜びでしたヽ(´▽`)/ これって親として嬉しいものです。

明日からはおニューの靴で楽しく通学です。

Syoutengai2

染め遊び倶楽部と忘年会。

昨日の土曜日は昼は[江戸幸]の重鎮で江戸友禅染師の藤木先生が主宰されます[染め遊び倶楽部]に伺い、娘たちが先生の手解きをいただきながら江戸友禅の技法で来年の干支の寅を絹地に色塗りを楽しんで来ました。

絵を描くのが好きな娘たちも大喜びで和の伝統に触れることが出来ました。

鮮やかに絹地に浮き出た虎の絵をお正月は飾ろうと思います(゚▽゚*)

二男は近くの消防博物館で大好きな消防車を見てご機嫌、夕方近くに合流して私は業界本部の忘年会のために別行動・・。

時間があったので会場近くをブラブラ散策・・神田明神を参詣してから古本の町、小川町で古本屋廻りをしました。

実に学生時代以来で懐かしくも貴重な書籍も積み重なる老舗から色々と回っていて瞬く間に時間となり忘年会へ。

諸先輩方と仕事の話だけでなく落語談議にも花が咲いたり何時もよりお酒もすすみほろ酔い気分で楽しく過ごさせていただきました(*^m^)

締めは何時ものようにコーヒーで酔いを冷まして帰路に・・何か寂しい気分に。

元父亡き後に渋々後を継ぐこととなった私を快く迎え入れて下さり、温かく色々と助言もしていただきいつの間にか掛けがえのない場となていただけに一入です。

今年もあと僅かとなり健康で新年を迎えたいものです(゚ー゚)

長女の作品です。[染め遊び倶楽部]は三回目の参加でしたが子供から大人まで楽しみながら和の伝統に触れられるので次が楽しみです。

http://www.somekobokiki.jp/

Img_1480_2 

2009年12月18日 (金)

父ヒデオ⑦夢の完成を待ちわびながら儚くも。

その日は突然にやってきました・・。

皐月の新緑も過ぎ初夏のような朝でした・・母からの電話で元父が倒れたと。

両親の仮住まいに駆けつけると既に意識はなく母は不安げに父の背中をさすっていて既に救急車は呼んだとの事でした・・・救急車が着き隊員の方から呼吸停止と聞き私は愕然としながらも母を救急車に支えるように乗せて病院に向かったのでした・・。

処置を受ける間に工場に連絡したりとどれ位時間が経ったか・・・救急車を迎えた女医さんから呼ばれた時覚悟を決めて治療室に入り心臓マッサージを受けている父のペットの横で[残念ですが・・。]と医師から告げられて手当のお礼を言うと死亡時刻を告げられました。死因は急性心不全・・。

不思議と涙は出ずに嗚咽する母を支えて元父の死に顔を見つめて手を握ると温かいので未だ生きてるようにも思えましたが、部屋から出て看護婦さんに母を託し、父の死を伝える為に連絡を・・・今思えば恐ろしいほど冷静でした。

後に母が病院に駆け付けた親類や父の友人にしっかり応対していたと言われるくらいに。

悲しみにくれる母に代わり葬儀も私が喪主を務めました・・大勢の方が弔問にきて戴き葬儀が済み荼毘に付された元父の遺骨を抱いたときに父親を失ったと初めて実感したように思います。

享年63歳・・・念願だった新居に入ることもなく私が家庭を持つのも見ずに無念だったと思うと可哀想ですが・・私も母も感傷に浸る間もなく元父が遣り残した事を引き継ぐべく動かなくてはなりませんでした。

元父から私が教わったものは未だ第一段階の初歩に等しく、私自身逃げ出したくても元父の負の遺産を背負ってる以上、逃れる術もなく服飾の道どころではなくなったのでした。

一体、元父の人生はなんだったのか・・貧しい時代に生まれ誤った国策に青春期を奪われて、苦労を重ねて親・兄弟を養いやっとの思いで一城の主となり母と共に私を育ててくれて・・。 自分の夢だった新居に入る直前に命尽きて神も仏もあったものでないと・・。

一番残念なのは、衝突したまま別れてしまった事です・・。亡くなる前の夜に家族で銭湯に行き私がアパートに戻るときにお休みと言うと後ろ向きに手を振ったのが最期の会話でした・・。

今、息子を持ち頭では父の気持ちも少しは理解できて許してはいても、父が遺した諸々で行く手を阻まれたことに対し気持ちの上で決着できずにいます。

元父は善人すぎるくらい善人で思いやり溢れる人柄は大好きでした・・。

元父に苦難の道を歩ませて新居に入る事も、私が家庭を持つのを見届ける事さえ許さなかった目に見えないなにかが憎くも思えますが・・それは世迷言でしかないのでしょう。

人間とは儚い者だと・・・諸行無常など下らない事は思いませんが、元父の誰に対しても変わらない慈しみと思いやりの精神は子として素晴らしいと只一つの父親自慢です。

Img

2009年12月17日 (木)

PTA役員に推されて・・自分をみつめて。

先日、来年度のPTA役員の候補に複数の推薦があるので引き受けてほしいと連絡があって仰天ですw(゚o゚)w

何故私が????  別段活動に加わってる訳でもなくワイフに任せっきりだっただけに・・。

夏休み明けに朝の通学路の交差点で見守り運動に参加して皆勤だったのと共稼ぎゆえにワイフに代わって父母会に顔出ししてたので時間が自由に使えると思われたのか???

お断りしましたが・・・昔の私だったら調子づいて受けたかもと。

昔は目立ちたがり屋というかお調子者で学生時代は破天荒な位でイベントの幹事を引きうけて周囲を笑わせたり色々と出来たのが今では面影もなくなってしまったと(;ω;)

今の自分と昔の自分・・どちらが本来の姿なのか・・ホント分からなくなります。

ましてPTA役員なんて自分の意見も言えて人の意見もキチンと聞いて学校行事や諸々の物事を進めるのに尽力出来る、そんな人間でないと・・。

一父兄として陰で協力の真似ごと程度に子供達が安全に過ごせるようにと思いから見守り運動には参加はしたのでしたが・・・積極的と思われてるのなら買いかぶりだと。

こんな私を推薦していただいた事は有難いと言えばそうなのですが。無理して付け焼刃が禿げて和を乱して迷惑かけてはとの不安が大きく事実、学童保育の父母会でも上手く振る舞えずにいましたから尚更です。

昔の自分を取り戻す機会とも思えましたが大人同士の付き合いは勝手が違うし自信がないのでお断りしました。

 

なんか親として地域の大人として・・・輪に入っていく事を怖気るばかりで大人になれていない自分をあらためて思い知った気分です。

子育てするうえで親同士のコミニケーションは大事なのですが、上手く関われずにましてや表に立つ自信もないのは不甲斐ないと・・。

昔の明るい積極的な自分は何だったのか・・何処へ消えていったのかと・・。

Ptakatudo

2009年12月16日 (水)

長が社会科見学で国会へ。

今日は六年生の長女が社会科見学で国会と警視庁へ行ってきました。

何と国会では本会議場や議会内を回った後で他校の生徒と共に厚生労働委員会の模擬審議で質問者の役で大臣役の生徒さんに質問したとか・・勿論用意されたシナリオを読みながらですが・・。

かなり緊張したと話していました(*^-^)

警視庁では中央指令室を見学して自転車に関する交通標識について学んだそうです。

私も営業で議事堂前を通りますがパスが一車線にズラリと並び、多くの子供たちが見学に来ている姿を目にしてます。

国会見学は人気があって抽選で長女の学校も運よく選ばれたとの事でした。

春には卒業を迎えるので貴重な体験が出来て小学校生活の良い思い出になったのではと思いました(*^-^)

E59bbde4bc9ae8adb0e4ba8be5a082efbc8

EXILEを観ながら・・。たわいもない話。

暮れのこの時期になると歌番組が増えて、流行った歌、懐かしい歌を聞かせてくれます。

昨夜も夕食後にそんな歌番組を観ていたらEXILEが出ていて歌と共に躍動感溢れるダンスに思わず[やっぱり格好いいよなー。]とワイフに言うと・・・。

[カッコいい男に縁がなかったなー。]とキッチンから画面を見ながらボヤクような皮肉られたような返事に・・。

[何?・・だから俺で手ぇ打ったってか?(`Д´)]と大人げなく言ってしまいました。

ワイフも[何よ貴方も・・良いなぁ小雪さんは綺麗だな・・とか散々言うくせに・・どうせ私はあんな美人じゃないもん・・美人に生まれたかった・・。]と応酬されて(≧ヘ≦)

確かに前にも書きましたが背の高さや容姿は思うようにならないもので夫婦してコンプレックスがあるのだと(ノω・、)

[でもボーカルは黒メガネにボウズ頭に黒スーツって・・歌を唄うからカッコいいんで町歩いたら取り立て屋に思われそうだよな・・。]と私の言葉に笑いながら・・。

[貴方の縞柄のダブルの背広もそう見えるかもよ]と・・。私も笑ってしまいました。

人間、容姿や背の高さや職業でないにしろ・・・カッコいい男は羨ましいもので(。・w・。 )

その後も嵐とかカッコいい連中のオンパレードに尚更思ったのでした(゚ー゚)

今度からテレビで美女をみても口を慎まないと・・((・(ェ)・;))

20070224_47778_2 

長いゴム印の台木カット・・。

昨日は何だかんだで結構色々とやることが多くてあっと言う間に過ぎました。

中でも某官庁関連の仕事で10㎝近い長さのゴム印のオーダーで台木をゴム印に合わせて削る作業は緊張でした( ̄○ ̄;)!

数にし大小合わせて24個ほどで規格外のため全て長い台木を削り作りましたが、気の緩みが事故に繋がりエンコ(指)を飛ばすことになるので集中して取り組み無事に完了!!

いささか大袈裟ですが高速回転の電気ノコギリとの真剣勝負なので終わって温かいお茶を飲みようやくホッとしました(゚ー゚)

その後はゴム貼りに背面に見出しをつけて完成校正して製品となり今日納品です。

今年も残りわずか・・しっかりと良い製品を作って締めくくりたいと思います。

Img_1477

2009年12月14日 (月)

危険な通学路・・街灯が消えて真っ暗に・・。

二男を保育園に迎えに行った帰り道で、家のすぐ近くの街灯が一つ消えて一角が真っ暗になっていました。たった一つ点かないだけでも暗くなるのですから怖いものです。

その上その場所はカーブのすぐ先で車やバイクが徐行せずに此方に気がつくのが遅れたら事故に繋がるような危険個所だけに帰って直ぐに父親仲間の区議さんに電話して対処をお願いしました・・。

塾帰りや学童保育の子供も通るので、子供だけでなく高齢者や女性の安全のためにも事故防止だけでなく防犯の観点からも街灯のチェックはして欲しいとつくづく思いました。

何と言っても子供が無事に帰ってくるまでは心配なもの。水と安全はタダと昔は言われたこの国も治安は悪化して、犯罪は多発して経済的にも先進国中で貧困率は一番とか・・。

せめて子供たちが安全に暮らせる事は堅持してほしいと・・。

F00a7432

業界団体、支部の忘年会。

昨夜は業界団体の支部の忘年会でした。

OBの方も出席いただき和気あいあいと一時を過ごすことが出来て、鬱々した気分も軽くなって楽しい一時となり、大不況を吹き飛ばし来年への英気を養う会は瞬く間に・・。

この支部会と落語会は人付き合いが上手くない私にとって肩ひじ張らずに伺える貴重な場所で元父とも懇意にして戴いた先輩方ですが若輩の私を支部長として大切にしていただき感謝です。

同業者同士、物作り同士以上に白羽の矢をくぐりぬけて来られた人生の先輩方。

元父亡き後、加えて戴いた当初は緊張して怖いくらいでしたがそんな私の気持ちをほぐすように温かく接していただき、仕事面に大人としての心構えも手取り足とり教えて戴いた私にとって学校でもあり、いつしかお会いするのが楽しみになっていました。

斜陽化して仕事は何処も苦戦しながらも会えば楽しく打ち解けて語り合い、同業の情報交換だけでない人同士の温もりの場である素晴らしい集まりだと。

一番年若の私を励まして身体まで気遣ってくださり(;ω;)

諸先輩方にはいつまでもお元気で良いお正月を迎えられますようにと願うのでした。

4e06cd4f

2009年12月12日 (土)

暖かな日差しに誘われてお不動様へ・・・・長男の供養も。

今日は昨日の冷たい雨も上がりとても暖かな日差しに包まれました。

午前中は子供達と図書館へ・・午後からは家族でお不動様まで散歩してきました・・。ワイフが最近私が老けてきたように見えるようで無理のない程度に歩こうということで最近は近間を週末は歩くことが多くなりました。

二歳の次男もニコニコ顔で最近足取りもしっかりしてきて長い距離も頑張って歩きます(*^-^)

お不動様は正月の初詣の参拝者を迎える準備も始まっていて年の瀬を感じます。境内にある早世した子供の霊を慰める[精霊堂]で先ずは長男の冥福を祈りました・・。

この場所に来てお地蔵さまに手を合わせると、長男の近くに来られたように思えて不思議と気持ちが落ち着き安らぐように思えるのです。

二男は堂にある閻魔さまの石像が怖いようで近寄りたがらないのですが、私とワイフは交互して此処に来ると決まって手を合わせるのです。

お参りした後は門前で買ったお団子を仁王門近くの椅子に座っていただきました二男も焼き団子を美味しそうに可愛らしく食べ、その姿に長男にも色々な美味しいものを食べさせてあげられなかった事など思い、子供達には存分に贅沢はさせられずとも満足させてあげたいと思いました。

その後は近くの弁天池で亀をみせたり散策しました、色づいた木々も綺麗で雨上がりの澄んだ空気も味わえ、長男にも近づけて良い散歩となりました・・。

Img_1470_2 

2009年12月11日 (金)

二女の絵が入選して新聞に掲載されました。

二女が小学生新聞の絵画コーナー[遊んでアーティスト]でテーマに沿って描いた絵が選ばれ紙面に名入りで掲載されました。

何やらテーマはスーラの名画[グランド・ジャケット島の日曜日の午後]の中の日傘をさした貴婦人をベースに点で描くとかで、指で描いたそうですが油絵のような感じになり、それが良かったようです。

そして数点の選ばれた素晴らしい力作ぞろいの作品の中で三点の[今週のブラボー]の一つに選ばれたのでしたヽ(´▽`)/

監修のグラフィックデザイナー結城昌子さんより感想もいただき、作品のミニチュアの額入りのスタンドと賞状を記念品として戴き、とても二女は喜び姉に見せて姉からも笑顔でお祝いされて喜んでました(*^-^)

姉妹そろって絵を描くのが大好きで[絵描きさんになりたい]と言ってる二女です。

またまだ小さな夢でもこうした事で自信を持ってくれればと親ばかながら願い、只慢心だけはしないで前に進んでくれればと思います(゚m゚*)

子供達には自分が元父の急死で事情があったとは言っても家業の壁に負けて親と家を捨て飛び出す勇気がなかっただけに、好きな道を歩ませたいと思うだけに尚更です。

以前、姉も入選したことがありこれで姉妹そろってで本当に良かったと(*^-^)

Photo_2

2009年12月10日 (木)

スタンプ価格のからくり教えちゃいます。得な買い方とは・・。

皆さんは自分や勤め先でスタンプや印鑑を買うときはどうしていますか?

文具屋?ハンコ屋?・・今はネットで買っている所もあるかと思います。いずれにせよどうすれば得な買い方なのでしょう。

文具屋の場合は自分で生産できないので下請けの工場に頼みます・・。その価格に平均にして卸価格の1.5倍から2倍の利益を乗せて売っている訳です。

一例ですが分かりやすく示すと卸値100円のゴム印なら最大で200円で売っているという濡れ手に粟の儲けようです。その為に値引き販売する時は利益確保のために100円の卸値を70円とかに抑え込むわけです。

その上、スタンプについては勉強してはいても専門でないのでレイアウトや諸々のユーザーのニーズを理解できずに受注するので出来上がると希望通りの品物でないと言った事も。

ネット業者は価格の平均値はマチマチでマニュアル的に売っているようですがゴム印と謳いながら耐久性に劣る樹脂印だったり、希望したものと違ったりとやり取りがないメールオーダーだけにトラブルも多く、当店にも修理の依頼や相談にくるケースも多々あります。

当店のような製造直販店ですと作りのプロですからお客様のご要望・ご予算を伺い適切なアドバイスも差し上げて、ご希望に沿った正確なスタンプをお渡しすることができます。

文具屋と違い自社製造なので中間マージンが掛からない分お手頃価格で文具屋が売価200円のゴム印が150円お客様に直接提供出来る訳です。

当たり前といえばそうなのですが、製造工場への発注が一番安心なのです・・。

昨今のデフレで小売業者は下請けの製造工場へ自分の利益確保のために卸価格を叩いて来る傾向に・・・。どの業界でも悲しいことですがこれが流通実態です。

業種は違っても、直販している製造工場に発注することで中小零細な工業技術をも守る事に繋がり、そして消費者の皆さまにも確かな品物を適正な価格でお届けできる訳です。

何卒ゴム印のみならず工業製品は直販工場・専門店にてお買い求めくださいm(_ _)m

       

(有)清山堂製印所    http://nttbj.itp.ne.jp/0337129142  

Photo 

2009年12月 9日 (水)

緊張・・データー印の付け替え。

今日はお客様のオフィスでデーター印の印面の付け替えをしました。

道具を持参してお客様お持ちのデーター印面にテープを貼り、周囲を丸く切り抜き印刀で日付け部分をくり抜く作業をするのですが人前だと緊張します(A;´・ω・)アセアセ

何とか上手く出来て、注文いただいた器具に貼り高さを調整してテスト捺印してピタリと収まりお客様にも満足いただけてホッとしました(^-^;

こうしたサービスは職人でないと出来ないのである意味で製造直売をアピールする場なのですがマゴマゴ出来ないし、失敗は許されないので凄く緊張するもの・・。

お客様がその場で直して納めてもらいたい希望にお応えできる技術は商社の営業では所詮畑違いで出来っこないので強みなのですが、お客様からみると出来て当然の事!!

こうした仕事も、修繕作業もこなしてアフターサービスも万全でこそ次の仕事に繋がるのだと手職として思うのでした。

当店ではお急ぎの場合はその場で修理も承ります。

(有)清山堂製印所 http://nttbj.itp.ne.jp/0337129142

70726f647563742f3263396133633937323 Photo_3

2009年12月 8日 (火)

コンプレックス・・背が高ければと。

今日、お客様から[太れないね・・。]と心配されてしまいました(;д;)

確かに私は痩せ身で背が低いのが昔からのコンプレックスで・・こればかりは遺伝的な事もあって幾ら努力してもどうにもならないのですが、やはり立派な体格が欲しいです゚゚(´O`)°゚

以前[身体が小さいと言われやすくて不利だね]と言われてしぼんだこともありました。

確かにその通りで仕事でも相手に大きく出られてしまったり幾度も悲しい思いをしてきた事か・・・からかいの対象となったり幼く見られたりと苦労は絶えません・・。

お得意先の若い営業に[細くて小さくて一体なに食ってるんすか?]と小馬鹿にした言い方されて余りの屈辱にキレて[仕事の事ならともかく、若造に身体的な事を茶化されちゃ我慢できんよ]と凄んでしまいヽ( )`ε´( )ノ[そのスーツで睨まれると組の人に脅されるよう]と驚かれたことも。

人間は外見でなく中身と言いますが第一印象で背が低く貧相だと[相組みやすし]と思うようですね(。>0<。)

この国の国民性は相手より有利に立ちたがり自分より劣る処を突こうとする・・と外国人の話を読んだことがあって、確かにそういう奴もいることは事実だと思ったことも。

亡くなった母に[もっと丈夫に育てられずに子供のころから小さくて可哀想だった]と病床で言われて[お袋のせいじゃないよ!]と笑いましたが母親にも心配を掛けたと思うと(ノ_-。)

我が子たちに目をやると・・大きくはないものの小さいという訳でもなく私のような体型コンプレックスを抱いて過ごさせたくないと思ったのでした。

あー後15㎝背が高くて、後20㌔体重があったら・・ないものネダリですが・・。

元父は背は低かったものの戦火の大陸を生き抜いただけあり気迫でそれを感じさせずに[身体が大きけりゃ良いってもんじゃない・・それで人を見下す奴は人として小さい!!]

そう言ってましたが・・やはりコンプレックスがあったからの言葉だったと・・。

Photo_3   

2009年12月 7日 (月)

[坂の上の雲] を観て思いました・・。

司馬遼太郎原作の[坂の上の雲]が始まり昨日で二回目で曙の明治での三人の主人公の青春期が描かれていました。

時代は明治となり近代国家の道を歩み始めた中で自分が新しい時代にどう生きるのかを模索する物語を観ていて自分はこの年頃に[志]を立てて目標を定めてたかと考えました。

[志]など頭になく[目標]すら考えず恥ずかしながら自由を謳歌していたと(。>0<。)

確かに登場人物は学問を許されたというかほんの一握りのエリート中の精鋭であって、今の時代と違って学びたいと思っても多くの人が学べない時代だけに恵まれてると言えばそうなのですが、何のために何を学ぶかと真摯に自分と向き合っていることが描かれていました。

自分はどの道を進むか・・・真摯に自分と向き合うことなく、只家業ということで縛られはしたものの大した反抗もせずに流された身として恥ずかしく思っているだけに考えました。

進みたい服飾の道への思いも絶てずに歳だけ重ねたことが悔しく、ドラマの主人公のように道を見極めて、しっかりと邁進すべきだったと・・。

若い時にしっかり自分を見つめて、親子の縁を切ってでも志とまでいかずともせめて目標を立てておけばと登場人物の真摯で前向きな姿勢に思ったのでした。

今や職にありつくのも大変で新卒さんでさえ難しく若者も夢を追えず希望も押し殺して生きるしかないとしたら悲しいです。

曙の明治から大正・昭和と近代化を遂げ思いあがって過ちを犯しながらも戦後の驚異的発展を遂げて経済大国となり、平成になって黄昏を迎えたこの国ですが、我が子たちが社会に巣立つころには夢も希望も持てる世であってほしいと思います。

Sakanoue

2009年12月 6日 (日)

[江戸幸]の落語会。今回は芝居噺でした。

昨日は[江戸幸]主催の落語会で三席を親友の森君と楽しんで来ました(*^-^)

今回は芝居噺で三遊亭京楽師匠の[一分茶番]と[中村仲蔵]、三遊亭鳳好師匠の[蛙茶番]

[一分茶番]と[蛙茶番]は笑いが溢れる滑稽噺のような内容ですが、[中村仲蔵]は江戸時代に実在した歌舞伎役者[初代中村仲蔵]の出世するに至ったエピソードを題材にした夫婦愛に師弟愛に感動させられる大ネタです。

実はこの噺、故円楽師匠が大切にしていた噺だそうで直弟子である京楽師匠も熱の入った一席で今回で聴くのは三度目でしたが今までで最も感動しました。

感動の後は両師匠を囲んでいつもの懇親会でアットホームな江戸幸らしい肩の凝らない楽しい時間を過ごさせていただき、今年は納めの会とあって二次会も参加させていただき落語に酔い、美味しい料理とお酒と温かな雰囲気に酔って楽しい一日となりました。

[江戸幸]スタッフの皆さん、会をご紹介していただき迎え入れて下さった藤木先生、そして毎回素晴らしい演技で落語の楽しさを教えていただいた京楽師匠。今年もありがとうございました。

今のようなドライなご時世の中で人情味あふれる長屋の衆のような[江戸幸]の落語会に皆さんいらしては如何ですか? 

きっと気持ちに潤いを与えてくれることと思いますo(*^▽^*)o

http://ninjyou.com/

Edokotitleredenyan_1

2009年12月 4日 (金)

死期を悟るとき・・。[死にゆく者からの言葉]

先日テレビで末期医療に携わる医師が死期が近い患者さんの話をされていて興味深く観ていました。本でも読みましたが人は亡くなる前に何らかのメッセージを遺すと・・。

ある患者さんは奥様への感謝の言葉を医師に託した翌日に病状が急変して旅立たれたとか・・その他色々なケースを聞く内に身内の死の直前の事も思い出されました。

元父は健康に自信があり大酒飲みでしたが突然死で世を去ったのでしたが、思い返すと急死する2日ほど前にアパートに戻ろうとする私を引きとめて酒に付きあわした上で昔の苦労話から仕事の話や人の話と色々と話してたと・・・。

母は末期癌で余命幾ばくない事を悟ってましたが、やはり今後の事や孫の事や今までの苦労話など思いのたけを吐露した翌日に容体が悪くなり人工呼吸器を付けられてその後昏睡状態のまま旅立ちました。

二人とも今話さないといけないような何かに駆り立てられるように色々と話していたと・・。

長男も亡くなる前日に業界の仕事で出かける前に抱っこした時に真剣な顔で私の頬を撫でてくれて・・・・これがお別れになろうとは夢にも思いませんでしたが・・。

死を意識している病人の母はおろか、そうでない死など意識するはずもない赤ちゃんの長男や、健康だった元父も新居の落成を楽しみにしてただけに死など意識してないはずなのにと思うと不思議です。

虫の知らせとか埒もない霊的な事以上に動物的本能が死期を悟り、意識しなくとも知らず知らずに周囲に後から考えればあれがと思うような最期のメッセージを遺すのでしょうか・・。

私自身、検診で異常なしといわれても体調が優れないので不安になりますが気のせいであって逆に安心のサインと自分勝手な受け止め方をしたりしてますが(笑)

いずれにせよ普段から心身ともに健康は心掛けたいと・・・人間いつかは死ぬ訳ですから自分は家族にどんなメッセージを遺せるのか考えたりもしました。

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

著者:鈴木 秀子

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

2009年12月 3日 (木)

時代が悪すぎる・・こんな言葉聞きませんか。

今日は雨の一日となり、何となく気も沈みがちで体調もすぐれませんでした。

最近、御客さんや同業者や材料屋さんから[時代が悪すぎる]という言葉をよく聞きます。

確かに先の見通しのつかない不安が続いていてゴム印や印刷といった我々活字産業もワープロに始まりPCが普及してから需要が激減して身にしみているのですが(;ω;)

世の中便利になればそれに伴い斜陽化する産業も色々でてくるのは仕方ない事とわかっていても当事者として寂しく思えますが逆に時流に乗って急成長を遂げる新興産業も出てくるのを見れば全てが時代のせいには出来ないのかも知れません・・。

自営業者、サラリーマン、主婦といった立場は違えど皆、厳しい世相の中で日々生活している訳ですから皆一緒なのでしょう。

怖いのは皆気持にゆとりがなくなりトゲトゲしくなり益々世の中殺伐となっていく事で益々息苦しく生きていく意味も希望も失う人が増えないとも限りません。

[日本人の良さが無くなって、自分さえ良けりゃが当たり前になった・・。]テレビでそんな話を聞きながら自分もそんな一人なのかも知れないと思ったりもします。

ゆとりがなくなり他人への最低限の礼節や気遣いもおろそかになってしまっている・・・。

元父も亡き母も礼節や気遣いはしっかり出来ただけに余計に自らを省みて考えてしまいます。

時代というのは政治家や役人だけが作っている訳でもなく社会全体で作っていると考えれば時代を悪くしてきたのも我々であって良くするのも我々という事になるのでしょう。

今のようなギスギスした社会から互いを尊重して共存出来る社会にして次世代を担う子供達に親なら誰もが遺したいと思う事でしょうが、その為には厳しい時世でゆとりがなくなっても最低限の思いやりや礼節を忘れずにいたいと・・。

言うは易し行うは難しで理想論と言われればそれまでなのですが・・。

Kodomo_002

2009年12月 1日 (火)

12月5日は[江戸幸]の落語会があります。

来る12月5日土曜日は[江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会]主催の三遊亭京楽師匠の落語会があります。

今回は年末といえば忠臣蔵!! とあって[芝居噺]を三目聴く事が出来ます。

今年最後の[江戸幸]の落語界です。アットホームな雰囲気の中で噺だけでなくその演目の背景の蘊蓄口座もあり、落語が初めての方でも楽しめる趣向となっています。

終演後は師匠を囲んで懇親会もあり隣り合わせた人とも打ち解けやすい楽しい会です。

袖振り合うも多少の縁! 江戸の長屋のような集まりの落語界で世知辛い世相ですが一日笑い飛ばして新たな年を迎えるのも良いと思います(*^-^)

詳細は下記アドレスでどうぞお申込みもお待ちしていますm(_ _)m

Edokotitleredenyan_1_2

      http://ninjyou.com/

Kyouba Photo

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31