無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 時代が悪すぎる・・こんな言葉聞きませんか。 | トップページ | [江戸幸]の落語会。今回は芝居噺でした。 »

2009年12月 4日 (金)

死期を悟るとき・・。[死にゆく者からの言葉]

先日テレビで末期医療に携わる医師が死期が近い患者さんの話をされていて興味深く観ていました。本でも読みましたが人は亡くなる前に何らかのメッセージを遺すと・・。

ある患者さんは奥様への感謝の言葉を医師に託した翌日に病状が急変して旅立たれたとか・・その他色々なケースを聞く内に身内の死の直前の事も思い出されました。

元父は健康に自信があり大酒飲みでしたが突然死で世を去ったのでしたが、思い返すと急死する2日ほど前にアパートに戻ろうとする私を引きとめて酒に付きあわした上で昔の苦労話から仕事の話や人の話と色々と話してたと・・・。

母は末期癌で余命幾ばくない事を悟ってましたが、やはり今後の事や孫の事や今までの苦労話など思いのたけを吐露した翌日に容体が悪くなり人工呼吸器を付けられてその後昏睡状態のまま旅立ちました。

二人とも今話さないといけないような何かに駆り立てられるように色々と話していたと・・。

長男も亡くなる前日に業界の仕事で出かける前に抱っこした時に真剣な顔で私の頬を撫でてくれて・・・・これがお別れになろうとは夢にも思いませんでしたが・・。

死を意識している病人の母はおろか、そうでない死など意識するはずもない赤ちゃんの長男や、健康だった元父も新居の落成を楽しみにしてただけに死など意識してないはずなのにと思うと不思議です。

虫の知らせとか埒もない霊的な事以上に動物的本能が死期を悟り、意識しなくとも知らず知らずに周囲に後から考えればあれがと思うような最期のメッセージを遺すのでしょうか・・。

私自身、検診で異常なしといわれても体調が優れないので不安になりますが気のせいであって逆に安心のサインと自分勝手な受け止め方をしたりしてますが(笑)

いずれにせよ普段から心身ともに健康は心掛けたいと・・・人間いつかは死ぬ訳ですから自分は家族にどんなメッセージを遺せるのか考えたりもしました。

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

著者:鈴木 秀子

死にゆく者からの言葉 (文春文庫)

« 時代が悪すぎる・・こんな言葉聞きませんか。 | トップページ | [江戸幸]の落語会。今回は芝居噺でした。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/32483982

この記事へのトラックバック一覧です: 死期を悟るとき・・。[死にゆく者からの言葉]:

« 時代が悪すぎる・・こんな言葉聞きませんか。 | トップページ | [江戸幸]の落語会。今回は芝居噺でした。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31