無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 仕事始め・・・菊池投手に教わった言葉。 | トップページ | 家族で浅草へ・・。 »

2010年1月11日 (月)

三遊亭鳳好師匠の来訪・・京楽師匠のトリの高座。

年明けでバタバタとしていて更新が滞ってしまいました(^-^;

火曜日は三遊亭鳳好師匠がわざわざ御挨拶に来訪されました。

師匠は私が応援する三遊亭京楽の弟弟子にあたる方で落語会で二度ほど噺を楽しませていただいて、懇親会でも色々と話をさせていただき、先日は寄席の招待券まで戴きました。

やはり芸道に臨む気構えというかしっかり持たれていて、30分くらいでしたが色々と話ができて良かったです(*^-^)

師匠の名と三遊亭の紋を染め抜いた手拭にいただき感謝です(゚ー゚;

土曜日は両国亭の寄席で京楽師匠の招待を戴き噺を聴きに。

トリと言う事で紋付袴の正装で登場の師匠の演目は人情噺[文七元結い]渾身の演技で会場は笑いの中にもホロリとさせる江戸の人情あふれる世界に引き込まれていました。

寄席がハネた後で師匠が挨拶に見え、丁度いらしていた共に師匠を応援する環境落語の会の行政書士のN氏と食事に誘っていただき前座さん三人を加えて焼肉屋さんに。

前座さん達はとても気を使って肉を焼いたり飲み物の手配をしたりで・・これも修行の一つとしても大変だと・・・師匠も寄席で高座返しやめくりに木戸番と働いた若い方達に気を配り労り美味しそうに食事する彼らに色々とアドバイスをすると箸を置き師匠の話を聞く彼らの真剣な眼差しが印象的でした。

行儀作法から芸事に至るまで大変な修行を経て前座から二つ目へと昇進するのだと・・入門した全てがそうなれる訳でもなく我慢と精進を積んだ者だけが真打として極められるのでしょう。

三人の一人は四十路にてこの世界に入った方もいて・・相当の決意で飛び込んできたのだと思いました。 三人の努力が実ればと思いました。

すっかり師匠に御馳走になり楽しい一時で厳しい世界の一端にも触れて私自身、師匠や前座さんから教わった思いがした宵となりました。

20070323kyorakusan

Ryougoku3

« 仕事始め・・・菊池投手に教わった言葉。 | トップページ | 家族で浅草へ・・。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

すばらしいひと時を過ごされたようで、羨ましいです。
これもひとえに、貴方の人徳でしょう。happy01

ありがとう。

ホントに勉強になりました。志とは単に好きなだけでなく直向きな精進こそが大切なのだと・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/32884707

この記事へのトラックバック一覧です: 三遊亭鳳好師匠の来訪・・京楽師匠のトリの高座。:

« 仕事始め・・・菊池投手に教わった言葉。 | トップページ | 家族で浅草へ・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31