無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 両国寄席で家族で初笑い・・。 | トップページ | 二男とお散歩へ・・・。 »

2010年1月 3日 (日)

初詣。

二日は午前中は子供たちが宿題の書き初めをして、午後から出雲心友教会へ初詣に。

初詣は実に13年ぶりで、訳は父が亡くなってから信心が薄れて行かなかったのをワイフがそれで良いのかと促してくれて家族で詣でてきました。

母も父亡き後も熱心に信心していて遺言ともいえる[神様を粗末にしないで]という言葉を忘れたが如くしていた事が気にかかっていたので二男のお宮参り以来の参拝となりました。

思えば父が神様の御霊示に従って建てた家の新築途中急死してより不信感を募らせて教祖の先生にぶつかったりと母も悩ませたりで母亡きあとは此方の気分で神棚を拝んだり無視したりと・・・。

母にも大切にしていた神様を無下にした事を手を合わせてお詫びを伝えてきました・・。

教祖の先生とも色々と話せて、父に対する恨みに対しても[お父さんの気持ちを恨んではいけない・・悪いつもりでしたわけでないのだから。]と諭されて自分でも意外な位素直に聞く事もできました。 確かに父も無念だったろうし・・・。

暫くぶりに詣でてお札も数年ぶりに戴き神棚に飾り、母にも言いつけを守らなかった事を許してくれればと願いました。

その夜偶然にビートたけしさんの番組で出雲大社の事をやっていて、母が心友会で聴いたのを伝え聞いた事とかも思いだし、父が亡くなってからも神に祈ることで気持ちを奮い立たせようとしていたような気もして・・ある意味マインドコントロールかも知れませんが母は純粋に信じていたと・・。

昨日の初詣でで、母への詫びと神とのわだかまった気持ちと父への恨みが少しはほぐれたようにも感じました・・・もうすぐ母の命日・・。

両親に長男を亡くしてから正月も真から目出度いと思えない私ですが・・・子供達の為にも気持ちを整理してこれからを臨みたいと思えた初詣でした。

Setsubunmatsuri_1

« 両国寄席で家族で初笑い・・。 | トップページ | 二男とお散歩へ・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/32841472

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣。:

« 両国寄席で家族で初笑い・・。 | トップページ | 二男とお散歩へ・・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31