無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

三遊亭京楽師匠の落語界のお知らせ。今回は『爆笑噺』です。

来る4月10日は江戸幸主催の三遊亭京楽師匠の落語会が新宿文化センターにて開か

今年に入って初めての会は『爆笑噺』です。落語の他にも今回は中喜利でお客様も参加して春の1日を楽しく笑って過ごせる嗜好が凝らされています。

春の週末を笑って過ごしてみませんか?

長屋の衆のような和気藹藹とした落語会で、会の後は師匠を囲んで懇親会も楽しいですよ。

世知辛い世の中でも笑うことで英気を養い、嫌な事も吹き飛ばしたいもの(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

袖すりあうも多少の縁。どうぞ通の方も落語は初めての方も是非おいでくださいね(*^-^)

詳しくは下記サイトよりどうぞお申込み受付中です。

                                     『江戸幸』    http://ninjyou.com/

Kyorakup02_2

バタバタの年度末。

このところ有難いことに仕事が集中してバタバタと(@Д@;

と言っても毎年この時期がピークなのですが、需要の減少に伴い毎年目減り傾向・・・。

今一度ゴム印のツールとしての便利さを見直してもらえる策はないものかと悩んだり。

世の中便利になった陰で斜陽化していく産業もあり、印刷、印章関係もそんなカテゴリーに入っているのは寂しいどころか生業としている身としては危機感で日々おくりながらも・・今何をすべきかはより良いスタンプを作ってお客様にご満足頂く事でゴム印は良い!!と実感を持っていただき次に繋げるしかないのだと信じて勤しんでます。

今日も年度末とあって納期の仕事をワイフと共に仕上げて納めてきました。

ゴム印と全くゆかりもなかったワイフが職人の妻となり畑違いの仕事に就いて懸命に子供達を育てながら支えてくれている事に只只感謝です(ρ_;)

こんな事面等向かって言えないカッコマンの私ですがこの場を借りて・・・(*´ェ`*)

惚気はいい加減にして・・・昔のようにとまでいかずともゴム印、印刷といった文字産業、全ての物作りが見なおされて再認知されればと一職人として願う年度末です(゚m゚*)

Gomuin   

2010年3月24日 (水)

長女の卒業式へ・・。

今日は長女の卒業式へ行って来ました・・。

胸を張り入場してくる娘の堂々とした姿に幼いころ引っ込み事案だったのがこの六年でここまで成長したものだとビデオを持つ手が震えてこみあげてしまいました。

証書を戴く前に将来の夢や学校生活の思い出を卒業生各々が語り、長女は『努力を忘れないで進みたい』との言葉にもう涙が滝のように溢れて・・・この娘の親になれて良かったと・・。34年前に私が証書を戴いた同じ場所で娘が受けとると思うと一入です。

背筋を伸ばして胸を張って証書を戴き整然と歩む娘に6年間の事が走馬灯のように浮かんだり・・手を繋いで行った入学式・・・黄色い帽子でランドセル背負って友達と通学する姿やら。

展覧会、運動会に学芸会と・・・楽しいことだけでなく生まれて間もない弟を亡くすという悲しみもあり、先生方や友達の温かい励ましの中で乗り越えて今日を迎えたのだと・・娘だけでなく私とワイフも父母の皆さん御の励ましに支えられたと思うと感謝の気持ちも込み上げてきました。

そして新たに弟も生まれて二女と共に可愛がる優しいお姉さんになったと・・・。

小学校の卒業は親としても一つの節目なんですね。成長した我が子の姿に苦しい世相の中でも前向きにと思わせくれて・・自分が生まれてきた事へも亡き両親にも感謝の念が胸に湧いてきた卒業式でした。

子供達の合唱は胸に響いて一人ひとりが希望に満ちあふれた将来への道を歩ければと・・。

嬉しいのは今日からは長女と同窓生。全体の同窓会でもあれば一緒に行きたいなと思います。

長女に・・そして皆に卒業おめでとう!! そして娘と私にとってもの母校にありがとうと(゚m゚*)

Photo_2

2010年3月22日 (月)

都心の中の菜の花畑へ・・。

久々に更新します(^-^;

年度末の慌ただしさで土曜は休日返上で仕事して、夜は業界本部で会議と会議後はファミレスで食事とお酒を美味しく頂き昨日はノンビリと身体を休ませて今日は家族で浜離宮庭園へ出掛けてきました。

新聞で観た菜の花畑の美しさをこの目で観ようといったのですが、天気にも恵まれて人出も多く、生で観る菜の花畑は見事でしたヽ(´▽`)/

チビ達も広々とした園内を嬉しそうに散策して、ことに三歳の二男は走る走る元気ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ビル群に囲まれた都会の一角にこんな広々とした一帯があり季節の花々が目を楽しませてくれて春の陽光の中とても癒しの時間になりました。

帰りは日本テレビの前でティータイムを楽しみ私とワイフはコンビニコーヒーにチビ達はお茶とお菓子を頬張り一息してから帰路に。

二男は遊び疲れて電車の中で寝てしまいました。抱っこするとズシリと重くまだまだ赤ちゃんのような寝顔ですが順調に成長したものだと(゚ー゚)

今週は長女が小学校を卒業・・これが小学生としての最後の家族でのお出掛け・・中学生にもなれば親との行動も鬱陶しくもなって部活や友達との時間が多くなると思えば寂しくもなりますが・・・・それも成長の証だと自分に言い含めるしかないのでしょう(;д;)

それでもたまには長女にも付き合ってほしいと思ったりと・・。

家族との時間がとても貴重に感じます。

春のお彼岸のせいか亡き両親と出掛けた事など思いだしたり、亡き長男にも陽光の中で楽しく歩かせてあげたかったと思ったりして眩い黄色い菜の花の絨毯に込み上げそうになったりと・・・うーん歳を取ったのでしょうか。

落ち込んだり、眠れない日が続いたりとした中で久々の家族での休日・・こんな時間がこれからも時折持てたらと思ったのでした(゚m゚*)

Photo_3 

2010年3月15日 (月)

ホワイトデーのお饅頭。

昨日はホワイトデー・・。

午前中に近くスーパーで長女に卒業式に履く靴や二男のオムツを買い、希望どおりのお菓子をと思ったらな・なんと皆お饅頭を希望w(゚o゚)w

ホワイトデーに饅頭???

それでも希望なので大きめの薄皮饅頭を買って帰りました・・。

ランチ後は娘達は友達との約束があり出掛けて、饅頭は帰ってから食べると事に・・。

夕方から私は業界の支部会へ・・いつものように楽しくお酒を戴き、帰りにホワイトデーに饅頭がどうも引っかかっていて帰り際に近くのスーパーで苺を買いました。

子供達にもワイフにも大喜びされ良かったのでしたが、皆凄いと・・苺と饅頭を寝しなに食べられるのだから(゚0゚)

別バラと言う奴でしょうか・・・。

私も苺はワイフとチビ達に任せて饅頭を少し食べたのでしたが酒の後だけにどうも・・・。

その上大きいので餡が腹に重くのしかかってもたれるは(@Д@;

それでも皆喜んでくれてちょっと変わっていますが家族でバレンタインデザートとなったのでした(゚ー゚)

しかし酔った勢いで無理して食べてしまい・・マジで饅頭こわい(/□≦、)

Yakuyoke600

2010年3月 7日 (日)

いじめ自殺の報に・・・同世代の子を持つ親として。

[周りが敵に思える・・。]悲痛な叫びとも思える遺書を残して女子中学生が自ら命を絶ったというニュースは同世代の子を持つ身として他人事とは思えずに聞き入ってました。

ご両親の底知れない悲しみの言葉にただ絶句するだけで・・・。

本人がどれだけ苦しみ、辛い日々を過ごしたかと思うと、私もイジメに遭い悩んだだけに胸が詰まります・・・。

長女も春から中学生・・・難しい年頃になり友達との係わりの難しさに直面して悩む事もあろうかと・・もしイジメに遭い苦しんだりしたら親としてどう気付き、どう接して救ってあげられるのかと考えますが、周りが手を差し伸べて簡単に解決する問題でないのは私自身、味わっているので・・親として悩んでいると知っても歯がゆい思いをするのだと・・・。

事実、娘の同級生が悩み苦しみ、親が介入し過ぎて子供同士以上にその親が浮いてしまう姿も間近で見ているのでホントに難しいと・・・。

我が子が虐められて悩み苦しむのを知って親として見過ごせず救いたいと思うのは当然で、言われた方も我が子がいじめっ子呼ばわりされて一方的に悪者にされるのは心穏やかでない訳ですから・・。

まぁ揉めたとしても、事が発覚せずに周りも気付かず一人悩み苦しみ最悪の事態になるよりは良いと私は思いましたが傷は残るものだと・・。

私自身イジメられてる事を恥に思い親や教師に知られたくなかった事もあり、もし我が子が苦しんでる事に気づけない事があったらと心配でもあるのですが・・。

つらつら書きましたが・・虐めはどんな訳があろうと虐められる側にも因があるなど理屈でなく絶対してはいけない蛮行!!・・人を傷つけスカッとするなど人間性が著しく劣る行為だと早い時期から子供達に認識するように導いてなくしたいものです。

これは子供の世界だけでなく大人の世界でも蔓延っているのは恥ずかしい事で経済社会でも下請け虐め、パワーハラスメント等と根深いものがあり、今のような混迷した時代になると日ごろの不満を他者にぶつけて発散といった陰湿かつ悪質になっているような・・。

大人である一人ひとりが他人への思いやりの心を取り戻せない限り・・・子供を教え導く事など不可能であると思います。

かってあった触れ合い、人情は落語や芝居の中だけで経済の衰退だけでなく人の心が荒んでいくとしたら救いようのない貧しくて不潔な国家、国民であると・・。

私自身そんな国に生を受けて、そんな民族の血が流れてる事が恥ずかしいと・・。

自殺大国などという悲しい現実を子供達まで巻き込みたくないと思います。

2009070708230000

2010年3月 2日 (火)

感動!!長女の学校行事・・・卒業生を送る会へ。

今日は午後から娘達の小学校へ[六年生を送る会]の参観へ行きました。

巣立っていく六年生へのお祝いと励ましの集まりで、各学年が卒業していく六年生に歌や合奏でお祝いする姿は微笑ましくも心温まる催しでした。

最初に六年生が一人一人スポットライトを当てられ入場・・・特技などがアナウンスされ一人ひとり個性的にポーズを決めて入ってきます。

長女は・・・照れくさそうに笑って手を振る姿がシャイな長女らしく思えました(*^-^)

下級生の歌や合奏も心がこもっていて素晴らしく、二女の二年生の番では二女も姉達六年生に送る言葉を長い台詞をつっかえずに大きな声でハキハキと言って姉達を祝福していました(*^-^)

最後は六年生のお礼と後輩たちへの励ましの言葉と合奏・・・もう感極まり涙が込み上げそうになり堪えるのに・・・来ていた父兄もハンカチを目に当てている姿も・・。

我が子の成長に皆思いは一緒だと・・・。

下級生のアーチを笑顔でくぐり退場する長女達卒業生の残り少ない小学校生活が良い思い出となり、春からの新たな中学校生活が有意義に送れるようにと願った午後の一時で、私も同じ学び舎で過ごしたので当時の事が思い起こされたり懐かしくもなったのでした。

入学してお風呂で一緒に校歌を唄ったのがつい最近のようにも思え・・・。

それが今や私の方が共にお風呂に入るのがごめんなさいですが~(°°;)))オロオロ(((;°°)

ホント子供の成長は早いモノです(*^m^)

Photo_2

2010年3月 1日 (月)

長女の成長に・・。

昨日は近くの大型スーパーに長女の卒業式で着るスーツを選びに家族で出掛けました。

長女は普段はジーンズ姿一辺倒でスカートは履かないのですが・・・試着した姿は女性らしくホントお姉さんになったものだとジーンとしてしまいました(ρ_;)

長女自ら選んだのは並んでいるスーツの中でも最もシンプルなパイピングやエンブレムもないタイプで、それがかえって長女の清楚さを引き立てているように思えました。

どちらかと言うと私と大違いでワイフも心配する位服に無頓着なのですが服選びに自分を知っていると思えて、親ばかですが良い目を持っているとも(*^-^)

このスーツを着て証書を受け取る姿を思うと今からウルウルしてしまいます(;ω;)

卒業式まであと僅かな日々となり一日一日を健康で楽しく過ごして欲しいと親としてつくづく思うのでした。

Syogakuko_soft_2

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31