無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 江戸幸の落語会。 | トップページ | PTAの委員総会・・。 »

2010年4月15日 (木)

一言の挨拶と笑顔の交歓の大切さ。

今朝は少し遠方のお客様へ伺うので首都高速にのりました。

私はETCは搭載していないので料金所で現金なのですが、係のオジサンに料金を支払う時[お早うございます]と挨拶すると笑顔で挨拶を返してくれて釣銭とともに[お気をつけて]と声を掛けられて私も笑顔で[ありがとうごさいます]と応じて車を走らせました(*^-^)

何でもない挨拶の交歓なのですが、雨空の中でとても爽やかな気分で運転できました。

思うのですが、何か買い物するときとか此方は客だとばかりの態度になりがちなもの・・。

幾らお金を払う側でも一定の配慮は不可欠だと・・・料金所だけでなくコンビニのレジとかでも支払いの時、黙って料金を支払うよりも[お願いします。]でも一言あった方が受ける方も応じ易く互いに気持ちを損ねないのですから・・。

客だからと常に高飛車でいいという理屈はどうかと・・私自身、営業先でも店で接客していて凄く感じます。

このような混迷する時代だと人心も荒んでココゾとばかり強い立場を良いことに他の鬱憤をも纏めてぶつける風潮も感じて・・この国に生まれた事自体情けなくなる事も。

知恵も文明も西洋諸国から教えられた日本民族にとって礼節・情けは忘れてはいけない大切な宝だと学生時代に聞きましたが、それも今やなりふり構わずそこのけ主義で失われたかと・・。

私自身、我儘で人との接し方は不器用なのでその時々の気分で高飛車な態度をとっていることもあると・・それでは互いに気分良いはずもないのに・・それではどうすれば?

今朝のようにちょっとした挨拶と笑顔での交歓から始めたいと思ったのでした。

Photo_2

« 江戸幸の落語会。 | トップページ | PTAの委員総会・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は仕事柄、頻繁に役所に出向きますが、役人の対応には、ときおりカチンときてしまうことがあります。
“いんぎん無礼”という言葉があるけど、まさしく上から目線で人を見下してものを言う人がいる。人間としての品性を疑いたくなる輩もいます。ケンカするのも大人げないので、なるべく穏便にやり過ごすのですが、やっぱり不快な気持は残りますね。

お役人とかは対等に接するのが出来なくなるのか・・私も不快な気持にさせられた事もあります。

皆が皆でないのでしょうが相手の気持ちを不快にさせない気配りは職業如何でなく人として常識を持って臨みたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/34241008

この記事へのトラックバック一覧です: 一言の挨拶と笑顔の交歓の大切さ。:

« 江戸幸の落語会。 | トップページ | PTAの委員総会・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31