無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

桑田啓祐さんの癌公表・・。

夏と言えばサザン!!そのリーダーでボーカルの桑田啓祐さんが初期の食道癌が発見されて手術して療養の為に年内は活動休止の報道は驚いた方も多いでしょう。

気がつけば私も癌をはじめとする成人病に注意しないといけない年齢になっていて、まして癌で祖母と母を亡くしているだけに尚更気をつけないとと思ってしまいました。

桑田さんもそうですが医学の発達で初期の早い段階で見つかれば完治して普通に社会生活を送れるようですが、それには定期的にメディカルチェックを受ける事だと報道されていました。

さて私自身はといえば億劫で病院が苦手で公の健診以外はここ最近受けずにいます。

公の健診は簡易検査でやらないよりは良いのでしょうが、私は以前に受けた内視鏡検査で苦しい思いをしてから足が遠のいてしまって受けなくなって数年が経ちます。

ポリープに潰瘍を患ったこともあるので要注意と言われているだけに考えさせられました。

話は元に戻してサザンの桑田さんですが、ゆっくり療養されてまた新たなサウンドを聞かせてほしいと切に思います。

1212704958

2010年7月29日 (木)

ゴムの焼き具合は微妙で悩ましいです。

この処、役所関係の仕事を戴き夏枯れの時期に有難く仕事させていただいています(*^-^)

一昨日は、どういう訳か型取りもゴムも上手くいかないスランプで幾度かやり直してプレスの熱のせいだけでなく、此方も相当熱くなってしまい終わればヘトヘトに(;´▽`A``

昨日は元通りに焼けていたので安心しましたが、型が上手く形成されなかったり、ゴムが上手く型に流れなかったりすると、綺麗に捺印出来ず商品として出せないので作り手としてプレスの圧力やエアーの加減に神経を使います。

オートでも出来ますが機械に任せっきりでなくゴムの焼き上がりを見て自分で調節してベストなゴムになるようにしたいと日々奮闘です(A;´・ω・)アセアセ

暑い夏はこの作業が一番堪えると書きましたが、同じ業界団体のT先輩より首の後ろを冷やすと良い、水分をマメに取る等色々と嬉しいアドバイスを戴き早速やってみるとヒンヤリと爽快でした(・∀・)イイ!

業界団体に属していると色々な面でアドバイス戴けて有難いと思います(o^-^o)

今日も一息いれてプレスが温まったらゴムを焼きます。お客様のお役に立てるように熱さに負けず良いスタンプを作り、終わった後の冷たいビールが楽しみです(゚▽゚*)

Img47396147ced33 

2010年7月27日 (火)

歳を一つ重ねて色々考えます・・。

先週の金曜でまた歳を重ねて、家族の温かいお祝いを受けそれはそれで嬉しいのですが色々と思いを巡らすことしきりです。

私の半生は過ちで、その繰り返しだったとか・・。私の因果なのか、無学で粗野な父親の子として可愛がられたこともなく跡継ぎという名の奴隷で父と子の情より家の労働力として飼われてきて・・好きな道も進めずにこの歳になったことは取り返しがつかない等と世迷言を浮かべたり・・。

反対に技術を身に付けた物作りとしての誇りも自分の中にある事も気付き、好きでなく仕方なくやってきたと思ってた仕事も本当は受け入れていて、物を作らず安く仕入れて右から左で利ザヤで儲ける商人を賤しい生業と蔑み嘲る事で職人としての自己を確立しようとしたり・・。

何れにしても次元の低いものだと最後は愚かな自らを卑下してしまうのですが┐(´-`)┌

私の育った家庭は良い家庭に見えて実は封建的な絶対君主の父親に支配された息の詰まる環境で、外面が良かった父親だけに人からは恵まれてると言われたのが苦痛でした。

私が望んでいたのは自由であって技術でも親方と言う呼称でもなかった事は幾度両親に訴えても届かなかったというか聞く耳を持たなかったと・・・・それ以上に私自身が自分の進む道を真摯に考えて行動に移す勇気がなかったのが大きな因と言えると・・。

せめて子供達には私のような重い鉛を抱えて人生を送らせたくないので好きを仕事に出来るように後押ししたいと・・・長女が中学生になった時に言った言葉です。

好きな道を進みたければその為に先ずは努力しなさい!!パパもママも後押しするからこの道と決めた時は迷わずに努力しなさい!!

パパは家業に縛られる家に産まれて抵抗しても努力が足りずに負けてしまったけどお前達には悔いのないように道を進んでほしいから色々と自分自身で考えて決めなさい!!

そして、将来の夢も思い浮かべることもなく亡くなったお前達の弟の分まで存分に自分の空を羽ばたきなさい。

長女は大きく頷いて笑いました (*^-^)

二女にも二男にも同じ思いなので、亡き長男と果たせなかった私の分まで自由を謳歌してほしいとツクヅク思う来て欲しくないバースデーでした┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

E3818ae98592_rr

2010年7月23日 (金)

バースデー前夜に親友と懐かしき時代を語らいました。

昨夜は池袋で親友の森君と楽しく語らいながら美味しく生ビールを飲みました(*^-^)

彼とは中学~大学時代まで各々が別の学校になっても親友として行動を共にしていただけに飾らずに語らえる仲です。

昨日も学生時代に私が好きだった女の子の話になって盛り上がったり・・今頃どうしているかな・・・とても素敵な子だったな(*´ェ`*)

思わず月日が経ちおぼろげだったあの子の笑顔がクッキリと浮かんできたりと、懐かしくも照れくさくも若かりしころの一時を思い出して声高に笑いあいながら楽しく過ごせました( ^ω^ )

今日は私のバースデー・・・・年々、青春時代は遠のいていき寂しくも思えますがあの頃は自由で何も考えずバカもしましたが良い時代だったと(゚ー゚)

思い返すと森君からは色々と教わったものです・・・亡き母が〔森君がいたから横道に反れずにすんだ〕と良く言っていました。その通りだと当時のアホな自分を振り返ると思います(゚ー゚)

今もこうして楽しく語らい、励ましてくれたりする心の通じ合う親友との楽しい暑気払い夜でしたヽ(´▽`)/

Kanpai

2010年7月21日 (水)

熨斗袋に押すスタンプ。用途も色々に使えます。

今日は紹介するスタンプは熨斗袋に押すスタンプです。

[御霊前] [御礼] [御祝儀] [近火見舞い] [祝上棟] [御餞別] [快気祝] [記念品]

ダイヤルを回すと用途に合わせて選んで押せる回転盤で商品名は『ニューダイヤL』

この内容以外のタイプもあります。

今や元から印刷された熨斗袋がコンビニで手に入る時代ですが、気持ちを込めてスタンプで押すのも如何でしょう(*^-^)

(有)清山堂製印所

  電話 03-3712-9142  FAX03-3791-7769

  seizando@qxwx.ftbb.net

Img_1622

2010年7月20日 (火)

子供といると気持ちがクリーニングされているような気に。

厳しい世相の中で心身ともに疲弊して悶々とした日々を過ごしている人も多いかと・・。

我が子に限らず子供達を見ているとどんな世相でも前を向いていて考えさせられます。

私は子供好きなので、大人とは溶け込むのに時間がかかるのにどういう訳か子供とは時間がかからず仲良くなってしまいます。

長女と次女が学童に通ってた時も、親との係わりは苦手でしたが子供達の明るい笑顔に会うのはとても楽しみでした(o^-^o)

今でも『こども110番の家』になってるせいか、下校途中に娘達の友達が立ち寄って色々と話してくれたり中には喉が渇いてお茶を飲みに来る子も(*^-^)

二男の保育園の送り迎えでも可愛らしいチビちゃん達から笑顔を向けられたり、私そんな子供たちとの交流は気持ちをリフレッシュできる一時で楽しみです。子供の無邪気さが心に着いた垢を洗い流してくれるように思えて気持ちが穏やかになれるのです。

それだけに子供が犯罪に巻き込まれたり、災害に遭った報道に心を痛めます・・・。

長男を亡くしてから、どの子も可愛らしく大切に思えるようになったのはきっと彼が私に大切な事を教えてくれたからだと思います。

明日から娘たちは夏休みに・・・今年の夏は一段と暑さが厳しいので体調管理に注意して楽しく過ごしてくれたらと、そして治安も年々悪化しているので危険な事に巻き込まれないことを切に願い私も大人の一人として子供達の安全に気を配りたいものです。

子供達が安心して楽しく過ごせる世の中になって欲しいと・・・虐待やイジメとかで傷つくことなく真っ直ぐな心が育まれればと子供達の明るい声に思うのでした。

07d01

2010年7月19日 (月)

この夏はじめてのプールへ二女と。

この三連休は割かしノンビリと過ごしていました。

土曜は長女とワイフが歌舞伎を観に行ったので、私と二女と二男で図書館へ行ったり家でディズニーを見たりして夜は業界の本部での会合に出て、日曜は午前中に長女と二女の服を買い午後は酷暑だったので何処へも出掛けず家でボーッとして過ごしました。

さて今日は、ランチを買いだしついでにスーパーのフードコートでお好み焼きを食べて、午後からは二女にせがまれて近くの公営プールへ・・・。

流石にこの暑さとあって大賑わいで、それでも二女は大喜びです。私もこの夏初めてのプールはとても気持ち良かったです。

途中から長女が友達二人とやってき来て暫く二女も交えて楽しそうにボール遊びしたりしていて、その間に私は横のロープの張ったゾーンで50メートルをクロールでトライしたのですがおよそ30メートル位でアップアップしてリタイア・・・体力が落ちたと落胆です(;;;´Д`)ゝ

一時間半程水に浸かってから、長女達と別れて二女とカキ氷を食べて帰ってきました。

梅雨も明け夏本番・・・私にとって一番辛く切ない気持になる季節の到来、長男を亡くしてから五年経つのですが相変わらず暑い日は鬱々として昨日のように引き籠りたくなり、それを打ち払おうと泳いだのでしたが簡単に『哀』という感情は消せるものでもないと思いました。

それでも長女と次女のプールや家族で出掛けた時の二男の嬉しそうにはしゃぐ姿は救いです。

ワイフが『パパは子供の傍でしっかりと寄り添って愛情を注いでいるから・・。』と言ってくれましたが何処まで父親として役目が果たせているのかと・・・過保護なだけではとも(;д;)

今日もプールで会った下級生のお母さんに『いつも一緒にいて子煩悩で良いですね』と言われましたが・・・私にしてみれば子供達が一緒にいてくれて私を支えてくれていると思っているので、暗くなりがちですが子供達の為にも・・亡き長男の供養になるように少しでも明るく過ごしたいと思いました。

40ac8b51

2010年7月16日 (金)

酷暑の午後・・版下打ち込みに徹して。

今日は朝から日差しが強く、得意先周りから戻るとグッタリ(@Д@;

午後からは新たに作ったチラシを携えて新規獲得へ動きたかったのでしたが、ワイフから体調を崩すからと止められて断念(。>0<。)

確かにこの酷暑の中を歩くのは自殺行為に等しいと・・車のエアコンを省エネモードだと一気にヒートアップするようでしたから・・。

で昨日、役所関係の見積もりが一番札で競り落としたので版下を組む作業に徹しました。

全部で150個程の注文で仕事が増えない夏場での発注は助かり有難いです(゚ー゚)

我々の仕事は仕入れた物を右から左で利ザヤで食べているのとは違い物づくりとして技術を磨き上げて良い品物を作る事だけに仕事が多ければ張り合いに繋がり技の向上にも繋がります。どんなに忙しくとも本領が発揮できる・・そこに職人の遣り甲斐と喜びがあります。

ワイフと協力して台木の手配やら納期に間に合うように、折角戴いた仕事なので手落ちがないように努めて、それに今日はお盆の送り火・・・・母や長男からのプレゼントのようにも思える仕事で、感謝の気持ちで取り組もうと思います。

Img473961d533bb0 

2010年7月14日 (水)

暑い中で熱々のゴムを焼く作業・・。

ゴム印を作る工程の中で今の季節に特にシンドイのがプレス機での型取りとゴムの流し込み作業が熱いのなんのι(´Д`υ)アセアセ

冷房を効かせてもプレスの熱の緩和にはならず、作業中は汗だくになりますι(´Д`υ)アセアセ

日中の暑いさなかは避けて夕方少し暑さが和らいでから焼くのですがお客様が急ぎで欲しい時は頑張って間に合わせるべく酷暑の時間帯に焼く事もあります。

今日も型とりが終わりボードを冷ましながら凸版を剥がしていると汗がジワリと沸いてきてゴムを流し込み焼き上がった頃には頭のテッペンからジュワーッと炭酸が弾けるような感覚で少し気分が悪くなりました(@Д@;

熱中症になってはたまらないので涼しい場所に移り麦茶を飲み暫くはボケーッと。

ブレス機の前での作業時間はそう長くはないのですがボードや焼けたゴムを出すときのモワッとした熱気はなんともヾ(;´Д`A 

焼きあがったばかりのゴム印面も熱々で熱気を放っていて軍手を二枚重ねても手に熱さが伝わり・・熱気に蒸されながら印面の焼き上がり一つ一つを細かくチェックして綺麗に焼き上がっていれば作業は終わりで熱気から開放されるのですが・・焼きが甘いゴムがあるとその部分を焼きなおすので、またプレス機の前で作業となります(。>0<。)

それでも熱さに負けず良いゴムを焼き押して綺麗なスタンプにするのが技であり生業なので日々奮闘です!!

痩せたい方はこの作業をすれば効果ありかと!!太りたい私は叶わないようです(;д;)

Photo Img47396154d198f Img47396147ced33

2010年7月13日 (火)

盆の入り・・迎え火を焚いて母と長男を迎えて。

今日は盆の入り・・・子供の頃から我が家では必ず迎え火を焚いて先祖の魂を迎えていました。

両親に言われて私も立ち上る煙に手を合わしましたが、その両親も亡くなり、長男までもが亡くなり迎えられる側に・・。今年も迎え火を焚いて亡き母と長男の魂を迎えました。

父の菩提は父の弟の叔父の元に引き取ってもらったので父はそちらへ行ってもらいました。

迎えると言っても魂が帰ってくるのであって、当然姿も見えないし母と話もできず長男を抱き上げる事も叶わないのですが、迎え火を焚いて仏壇に線香を手向けて盆飾りを供えると不思議な事に側にいる様にも感じたり・・会いたいという気持ちがそうさせるのでしょうか・・。

この時期になると私は自分がいつまで生かされて、どんな最期を迎えるのか?死んだら魂として長男や母親と再び会えるのか等、死というものについて色々と考えたりもします。

特に長男を先立たせてしまってから生とは彼への贖罪と子供達の未来への橋渡しの為に働く事の為にある余り物であって、死は今生の役目を果たして父の業をぬぐい晴れて長男の元へ旅立てる時だと思うようにもなりました(゚ー゚)

そして再び来世で親子となり今度は育て上げたいと・・(ρ_;)

学校から戻った長女が発熱したので早い回復を祈って合掌した盆の入りでした。

この子達を育て上げてから旅立ちたいものです・・。

Photo

2010年7月12日 (月)

週末の大阪出張・・。

土日と業界の全国大会で大阪へ出張してきました。

2年に一度全国の加盟業者が集まるのですが各地の情勢の話は苦戦を強いられているという一昨年の大会以上に厳しい内容でした( ̄◆ ̄;)

『ここまで悪くなるとは・・・。』そんな言葉を聞きながらIT社会となり需要は激減したり要因は様々なれど少しでも需要を掘り起こして頑張る他ないのですが大変な時勢と身にしみました。 来賓の方、業界紙の方の展望も先が見えないというような内容で・・それでも必ず出口のないトンネルはないのだと気落ちせずに前に進もうという話にはなったのでした。

会議が終わり懇親会は蟹づくしの料理に舌鼓を打って和やかに進み、二年後に元気で会いましょうと宴も終わり、その後は夜の大阪を散策しました。道頓堀界隈は人が多く東京とはまた違う活気が伝わってくるように私には感じました。魅力的な街だと。

家に電話すると前日夕方に発熱して軽い痙攣を起こし点滴を打った二男の元気な声も聞けて一安心(゚ー゚) 出張を躊躇した私を大丈夫と送り出してくれたワイフに感謝です。

Photo_2

翌日は支部の方々と奈良へ、遷都1300年で賑わっていて東大時も多くの参詣者が来ていて丁度着いた途端に雨が強く降り出してゆっくりと大仏様にお祈りしてきました。

Photo_5

雨が小ぶりになり奈良公園の鹿を見ながら散策して昼ご飯の後で京都に出て、三十三間堂に詣でました。平家物語が好きな私にとって平家に関係する後白河法皇の院政の政庁の跡もあり、また修学旅行・亡き両親や祖母とも旅した地でもあり感慨深くもありました。

天気には恵まれませんでしたが、支部の方達と和やかに足早でしたが古都の空気に触れて英気を養えて良かったと今度は家族で来たいと思いました。

帰宅すると二男も元気で新幹線の模型のお土産に喜んではしゃぎ、娘たちも笑顔で迎えてくれて二男の発熱で二女のバースデーもろくろく出来なかったので、帰りに買った約束のシールブックと舞妓さんシールに喜んでくれて2日遅れのプレゼントを渡せました。

前日にバタバタしましたが元気に家族再会できてホントに良かったとワイフに礼を言うと『無事帰ってきてくれて良かった』と労をねぎらわれ家族で土産の八つ橋を楽しく食べて早々に床に就き暫くぶりに旅の疲れからか朝まで眠れたのも良かったと。

きっと大仏様の御利益だと・・御利益が仕事にも戴きたいとまでは虫が良すぎますか(*^-^)

Photo_8

2010年7月 9日 (金)

母親から息子・孫へのような優しいスウィーツの味に涙。

昨日、亡き父の親友の故・Nさんの奥さんから夏の贈り物を戴きました。

Nさんとは父が幼いころからの親友で共に大陸に渡り苦労を共にして引き揚げてからも互いに励まし合い生涯の親友だった方で父が亡くなってからは私の父親代わりのように色々と気にかけてくれて家族ぐるみで親しくさせて戴き、母が亡くなってからも奥さんが母親のように私達を気にかけてくれて娘さん夫婦とともに温かく接してくれています。

包みをあけるとカステラケーキにカスタードプリンが挟んである洒落たお菓子でオヤツにワイフと子供達よりお先に半分づつ戴くととても美味しく小母さんの優しい心が伝わる味に涙が沸いてきました(;ω;)

夜にお礼の電話を掛けると私達の健康を気にかけて戴き、まるで母親が子や孫を気遣ってれるような言葉がとても嬉しく思えて・・驚いたのが娘さんも私と父の夢を五月の父の命日近くに見たそうで小母さんも近くの商店街で私の母に似た人を二度も見かけたとの話でした。ご家族で常に気にかけてくれていれているのだと嬉しく思いました。

そう言えば母が亡くなる前に病院に駆けつけてくれた小母さんの姿に両手を伸ばして今生の別れを惜しむように手を握り合っていたと・・・自分の妹にもそんなそぶりは見せなかった母の姿に兄弟以上の絆があったのだと・・。

妹と弟にはたかられていただけに小母さんはそんな苦労も知っている何でも話せる仲だったから、母が亡くなってからもこうして子供のころから知る私と共にワイフも子供達も暖かく気遣って迎え入れてくれてる事に感謝です(゚m゚*)

長男を亡くした時も私達夫婦にに寄り添うように慰めてくれたのも小母さんでした(;ω;)

ワイフも子供達もそんなやさしい小母さんが大好きで慕っていて、風呂上りにお菓子を喜んで食べていました(*^m^)

『また皆で遊びに来てね』小母さんの優しい言葉に、小父さんと両親の分まで元気に長生きして欲しいと心から願うのでした。

世知辛いだけに本当に優しい真心が身にしみます(゚▽゚*)

Illust2747

2010年7月 8日 (木)

ご新規様、一軒獲得。

この所、ネット他で色々と調べて時間と場所を絞って効率的な飛び込み営業に努めていました。

その内の一軒が今日ようやく初仕事をいただくに至りホットしました(゚ー゚)

今日はこの地域、次の日はこの地域とその場所にある事業所様の所在地を調べてから赴くので行き当たりばったりでなく製造作業や顧客周りと時間も配分して無駄に歩き回る事のないようにしていたのですが、ようやく一軒の事業所様より初仕事を頂くことに辿り着きました。

手製のカタログを携えて、訪問するのですが門前払いもシバシバで落胆することも・・・。

めげずに幾度か伺って先様の担当様とようやく名刺交換にこぎつけて話を聞いていただきお客様のニーズをお聞きして予算等に見合った提案もして、仕事をいだたいたのですが先様からすれば物は試し的に捉えてる場合もあるので製品にミスがないように細心の上に細心の注意を払い正確な品物を届けて信用を得たいと思います(゚ー゚)

仕入れた物に儲けを乗せて売るのでなく、お客様の希望に合わせて自ら作るからこそ出来る直接営業の強みを生かして工場→お客様といったルートでお届けしてお得でより良いスタンプを手にしていただきたいと強く思ったのでした。

(有)清山堂製印所

℡03-3712-9142  Fax03-3791-7769

seizando@qxwx.ftbb.net

受注から納品まで責任を持って私が伺います。

Gomin

2010年7月 6日 (火)

大相撲の賭博問題で誰しも陥りやすい隙があると・・・。

相撲協会の野球賭博問題で現役大関、元関脇の親方の解雇という厳しい処分が下され、関係した力士・年寄りも降格・謹慎といった処分となり、名古屋場所はほつれたような番付で開催される運びとなったのですが果たしてこれで手締めという訳に行くのかと・・。

国技を担う財団法人で不祥事続きという事で叩かれていますが、賭け事に関しては我々一般社会でも付き合いマージャンとか色々とあり頑なに拒めばその後の人間関係に響く事を思えば柵で加わらざる得ない事もあるかと思います。

厳しい序列社会の角界では兄弟子の絶対命令ともなれば逃れられなかった若い力士もいたのだとも思いますが、琴光喜や大嶽親方のように病みつきになり賭け金や負けた額を聞くと唖然となりますが・・額は兎も角我々に幾らでも起こりうるのではと思いました。

違法でない公営ギャンブルでものめり込むと借金してまで負けを取り戻そうとして自分を見失ったりといった話は幾らでもありそうですし、隙はいくらでもあるように思えます。

付き合いで覚えて、手慰みのつもりがどんどんはまって・・・琴光喜や関係した力士・親方もそうだったのかなと推測ですが思います。

番付が上がりヤレ関取だの大関だの方々でチヤホヤされて羽振りも良くなると気が大きくなるのか・・確かに我々の感覚と違う独特の特異な世界なので何とも言えませんが魔が差すということは我々にもいつ陥らないとも限らないと思います。

黒い交際にしても昔からのクサレ縁で芸能界でも少し前までは興行の関係で世間が周知する間柄だった訳で、政界や実業界にも奥深く食い込んでいるので角界ばかり非難してもと思いました。

反社会的集団といって眉をひそめながらもその力を利用する企業や個人がいるのも事実でしすし必要悪と捉えられてる部分もあり、その筋と一度繋がりが出来るとそう簡単に世論の風向きが云々といって簡単に関係を精算出来るほど甘い訳ないと・・。

生き馬の目を抜く・・・と言いますが一寸先は闇だと・・これ位ならと言った油断から深みにはまり、結果として今まで積み上げてきたものが崩れ落ちてしまう恐ろしさを見たように今回思ったのでした。

人の振り見て我がふりでないですが気をつけたいと思います。

Eyes0653

2010年7月 5日 (月)

二女のバースデーの前祝いに家族で・・。

週末、土曜は数年ぶりの知人と再会してお茶して話しました・・彼は私の熱望していたアパレル関係の仕事をしていて色々と興味深い話を聞く事が出来ましたが、やはり世相が厳しいので大変だと・・・でも好きでコレ以外は考えられないからやってると。

好きを仕事にするのも難しいですが覚悟も必要だとつくづく話から感じました。

昨日は昼に駅ビルの美登利寿司へ久々に家族で出掛けました(*^-^)

この店は安くて活きのいい大きなネタの握りで美味しく常に行列ができていて、、以前に大手スーパー内の店で大臣就任前の蓮鈁さんが御家族で熱心に寿司ネタを仕分けさけていたのにお会いしたこともある人気店です。

暫く並んで運よくボックス席に座り大喜びの子供達も皆良く食べるようになってまだ三才の二男は巻物中心ですが喜んでパクパクと可愛らしく食べてましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

この日の外食は間もなく9才になる二女の前祝いでしたが、こういった贅沢も中々出来なくなったので嬉しそうに寿司を頬張る子供達を見ていて、この顔が見たくて日々頑張るんだという気になります。父も良く外に食べに連れてってくれたのですが同じような気持ちだったのではとも思えるのでした(゚ー゚)

子としての私は一人っ子でしたが、親としての私には育てる義務が三人なのと、時代も違えば力もないので私がしてもらったような訳もゆかず申し訳なくも思うのですが(;´Д`A ```

私なりに私に残された時間を家族を大切に出来る限りのことは余さずにしたいものです。

『パパありがとうヽ(´▽`)/』鉄火巻きが食べきれず残して姉とワイフに手伝ってもらい叱られもしましたが主役の二女は大満足で甘えるように長女とともに礼を言ってくれました。

この言葉がとても嬉しく私には高いドリンク剤よりも効くように思えます。

最近体調が優れず身体が痺れたりチックにも悩まされますが、煙草もここ三週間口にせずともイライラがなくなり、子供達の笑顔に元気を貰い寿司も堪能した日曜の一時でした(*^-^)

自分の夢には今生では手は届かないかもしれませんが、子供の笑顔が癒してくれると感謝です。勿論天国の長男にも詫びの言葉とともに生れてくれてありがとうとo(;△;)o

Grandmenu_2 

2010年7月 1日 (木)

7月に・・夏の到来・・盆がちかずいて。

今日から早くも7月に・・・来週は二女が9才になり関西への業界での出張もあり月末近くは私が歳を一つとる・・二女のバースデーは嬉しいのですが私の方は嬉しくもありません(;д;)

正直、夏は二女のバースデー以外は忌わしく一番嫌いな季節です。夏は長男が逝ってしまっただけに暑い日は胸が押しつぶされそうになったりと情けないと言うのか・・。

只、亡き長男に会える日が少し近くなったと思い一つ歳を重ねたいと(゚ー゚)

この季節はお盆が近いせいか盆提灯の折り込みチラシも新聞に入っていたりですが瞬く間に一年の半分が過ぎもうそんな時期たと・・。

お盆は亡き身内の霊が帰ってくると言いますが、見える訳でも話せるわけでもないのですが毎年迎え火を焚くと何故か家の中に居てくれているように思えるのが不思議です。

この夏も家族で迎え火を焚いて身内の御霊を迎えようと思います。そして母の好物に長男へはプリン等を供えて偲ぼうと・・でも口にできないのですから辛さが込み上げもするもの何年経とうが変わらない悲しみが子に先立たれた身として沸き上がるのです(ノ_-。)

この季節は鬱的に陥りやすいのですが・・・・家族の為にもしっかりせねばと自分を鼓舞して何とか気持ちの上でも身体も夏場を乗り切りたいと、悲しいのはワイフも同じはず・・。

何の因果か悲しい現実ですが生きている限り子供達の為にも精いっぱい生きぬいてから彼の元へ旅立ちたいと・・長男の遺影に思う7月の入りでした。

Photo_2 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31