無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 盆の入り・・迎え火を焚いて母と長男を迎えて。 | トップページ | 酷暑の午後・・版下打ち込みに徹して。 »

2010年7月14日 (水)

暑い中で熱々のゴムを焼く作業・・。

ゴム印を作る工程の中で今の季節に特にシンドイのがプレス機での型取りとゴムの流し込み作業が熱いのなんのι(´Д`υ)アセアセ

冷房を効かせてもプレスの熱の緩和にはならず、作業中は汗だくになりますι(´Д`υ)アセアセ

日中の暑いさなかは避けて夕方少し暑さが和らいでから焼くのですがお客様が急ぎで欲しい時は頑張って間に合わせるべく酷暑の時間帯に焼く事もあります。

今日も型とりが終わりボードを冷ましながら凸版を剥がしていると汗がジワリと沸いてきてゴムを流し込み焼き上がった頃には頭のテッペンからジュワーッと炭酸が弾けるような感覚で少し気分が悪くなりました(@Д@;

熱中症になってはたまらないので涼しい場所に移り麦茶を飲み暫くはボケーッと。

ブレス機の前での作業時間はそう長くはないのですがボードや焼けたゴムを出すときのモワッとした熱気はなんともヾ(;´Д`A 

焼きあがったばかりのゴム印面も熱々で熱気を放っていて軍手を二枚重ねても手に熱さが伝わり・・熱気に蒸されながら印面の焼き上がり一つ一つを細かくチェックして綺麗に焼き上がっていれば作業は終わりで熱気から開放されるのですが・・焼きが甘いゴムがあるとその部分を焼きなおすので、またプレス機の前で作業となります(。>0<。)

それでも熱さに負けず良いゴムを焼き押して綺麗なスタンプにするのが技であり生業なので日々奮闘です!!

痩せたい方はこの作業をすれば効果ありかと!!太りたい私は叶わないようです(;д;)

Photo Img47396154d198f Img47396147ced33

« 盆の入り・・迎え火を焚いて母と長男を迎えて。 | トップページ | 酷暑の午後・・版下打ち込みに徹して。 »

ゴム印工房だより -製品案内ほか-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/35680673

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い中で熱々のゴムを焼く作業・・。:

« 盆の入り・・迎え火を焚いて母と長男を迎えて。 | トップページ | 酷暑の午後・・版下打ち込みに徹して。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31