無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 』SUNまつり』に行って来ました。 | トップページ | 気が付けば週末に・・。 »

2010年9月22日 (水)

来世をより良く生きる為に今を生きる事。

暑さ寒さも・・・・と言うのに彼岸と言うのに真夏日とはウンザリしている方も多いのでは。

彼岸といえば亡き人々の面影が浮かび色々と思いを巡らせるものです。

両親に祖父母に長男・・・・様々な思いがあり胸に迫るものもあるのもこの時期・・。

人はいつかは生を終えて旅立ちます・・それは順番通りと行かない事もあると長男に先立たれてツクヅク感じた事ですが、思えば両親も決して長生きとは言えず道半ばで世を去ってしまったと感じます。

人間思うように生きられないのだと・・アレもコレも叶えたいと悩みながらも頑張り永年の夢に手が届くところで人生が突如として終わってしまう・・・結果妻子にその夢の代償が負担を遺すこととなり父も予期しない結果である意味可哀想だったと。

母もそんな父の遺した負の遺産と苦闘しながら生を終えました・・救いは父が叶わなかった孫を抱けた事位で・・。

長男はたった6ヶ月で食べ物の好き嫌いも言えないまま旅立たせてしまい・・親として不徳の極みです。

私も結果望んだ道を諦めざるえなくなりましたが子供の将来の幸せの為にのみ頑張ってます。

[思うように生きられなくても今を懸命に生きることで来世は今生で叶わなかった望みが叶うと信じて頑張ろう。]

ある方が私を励まそうと行って下さった言葉ですが、ご本人も言われましたが後ろ向きでもあり前向きでもあると・・。

聞けば来世の幸せや願望成就を願う祈りは昔からあるとか。

人間幾つまで生きられるかは神のみぞ知る事で・・もしかして神様も分からないかもしれません。だからこそ1日を懸命に生きて悔いなく死にたいと誰もが思うのでしょう。

それでもどうしても思うようにならない事はせめて来世は叶うようにと祈る事で信仰に頼って気持ちを前に向けてままならない世の中でも古の人々生き抜いたのかと。

本当の信心が理解できない私ですが信仰とは別に・・次の世こそという気持ちと今生で道を切り拓きたいと思う気持ちが交錯しています。

生れる家とか国とか親とかは来世に望みを託す以外ないのですが・・家族がいるからには責任を持って家庭を守りその為に今のポジションで道を切り拓く以外ないのだと。

当たり前と言えば当たり前ですが・・自分の夢も望みも全て私に託したくて生きてきた両親の生き様を思うとある意味両親の夢は今私が跡を継いでいることで達成されたと思うと、それが孝養となったとしても複雑です。

私はどんな最期を遂げるのかは分かりませんが、出来れば来世に託す部分よりも達成感も抱いて目を瞑りたいと・・・そして笑顔で息子の元へいき抱きあげたいと思う彼岸です。

Photo_2

« 』SUNまつり』に行って来ました。 | トップページ | 気が付けば週末に・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/36847172

この記事へのトラックバック一覧です: 来世をより良く生きる為に今を生きる事。:

« 』SUNまつり』に行って来ました。 | トップページ | 気が付けば週末に・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31