無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 地元で久々に友人と飲みました。 | トップページ | 雪の連休・・・家から出られず息苦しい連休。 »

2011年2月10日 (木)

迎えられなかったバースデー・・・亡き長男の誕生日。

今日は亡き長男、実の六回目のバースデーです。

六ヶ月で亡くなり、迎える事は出来なかったのですが毎年、この日は『実が生れてくれた事を感謝する日』として家族で過ごしています。

実が生れた日も今日のように寒くて灰色の空だったような・・・。

我が家で三人目にして初めての男子誕生に、私は天にも昇る喜びでした。

既に喜んでくれる両親はこの世になく、ワイフの両親が色々と家の事から娘達の世話までして頂き共に新しい命の誕生を祝ったのでしたが六ヶ月で突然に世を去りました。

あれから6年が経ち、彼の弟である同じ二月生れの二男も先日、4歳に・・生れてすぐに過呼吸症でワイフから離されて別の病院で専門治療を受け、産まれた病院へ戻れたのが実の2回目の誕生日だった4年前の今日でした。

私達は実が弟を守ってくれたのだと信じています。熱性痙攣を幾度も起こし入院したり、昨年は喉の手術をしましたが無事に乗りきったのも実が守ってくれているからだと。

実とは半年間しか過ごせなかったといより守れなかったのですが、彼はずーっと家族を守ってくれているんだと思うと感謝と共に申し訳ない気持ちが胸に湧いてきます。

彼は我が家に生れてくれた事で大きな喜びをくれました。半年間に抱えきれないほどの笑みと愛を遺してくれました・・その笑顔もワイフと娘達の心に常に微笑みかけてくれていて愛も今でも我が家に満ちています。

逢うことの叶わなかった弟の二男も実の遺影に[お兄ちゃん]と毎日語りかけて兄がいた事を今も空から守ってくれていると幼心に感じ取っています。

死んだこの歳は数えるなと諺にありますが、実が生きていればこの春は一年生でした。

年末にPTA会長に推されて、会長は荷が重すぎて辞退しましたが役員でなく、一部員として実の同級生である新一年生や生徒さん達が楽しく学校で過ごせるお手伝いが少しでもしたいと思い先日回ってきた用紙に参加意思があると記し提出しました。

私の出来る範囲で子供達の役に立てれば実も喜んでくれると思ったからです。

毎年、実の誕生日と命日は思いっきり泣くことにしています。子供達の前でも遠慮せずに思いっきり泣いています。いい歳して可笑しいかも知れませんが無理に感情を抑えずに泣く事で父親として、夫として一人の人として前に踏み出せるように思えるからです。

そしていつか実の元へ恥ずかしくないパパとしていけるように生きられればと。彼の兄弟である3人の子供達をワイフと共に育て上げてから、実の元へ戻った時に笑顔抱き上げたい・・大きな楽しみです。

  Img473ae7412f36f_4 Img473ae7eeeac1d_2

    Photo_5

 

« 地元で久々に友人と飲みました。 | トップページ | 雪の連休・・・家から出られず息苦しい連休。 »

ファミリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/38816118

この記事へのトラックバック一覧です: 迎えられなかったバースデー・・・亡き長男の誕生日。:

« 地元で久々に友人と飲みました。 | トップページ | 雪の連休・・・家から出られず息苦しい連休。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31