無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 二男の保育園のお遊戯会へ。 | トップページ | 義父母の来訪で賑やかな週末。 »

2011年2月24日 (木)

職業は服に表れるか? ハンコ屋に見えないハンコ屋の私。

以前よりお客さんから[ハンコ屋さんには見えない]というお言葉を頂きます。

確かに職人さんのイメージとしてはスーツよりジャンパー姿とかノーネクタイでラフなスタイルなのかも知れませんが、お客様に伺うのに最低限に礼を欠かない身なりは業種を問わずに誰もが心掛けていると思うのですが・・。

私の場合は服が趣味だけに自分流にひねったスタイルがそう見えるのかとも思います(*^-^)

職業は服に表れるか・・確かに同じスーツ姿でも銀行や保険会社の人だと堅実に見えるように派手さは慎んだ装いをする傾向で私のようにストライプのダブルのスーツ等は着ないでしょう。そんな銀行員さん見た事はないですから・・。

逆に自由度が高く、スタイリッシュに装えるのがアパレル関係やクリエイティブな業界で、アパレルなら自らお洒落に見せる事で宣伝にもなるわけで、横文字商売と言われる人達はスーツ姿も個性を前面に出す着こなしの方が多いようです。

でわ我が業界はというと・・・私の場合はハンコを作る時はスーツの上を作業用のジャンパーに換えて作業していて来店されたお客様もそのスタイルでお迎えしています(*^-^)

業界全体をみてもお客様へ伺うのも必ずしもスーツという訳でもないようで、大事なのは恰好より正確に質の良い品物を作り届ける事で、お客様もアパレル会社の営業でないので期待しているのは服でなく品物がキチンとしたものかですから・・私は異質に見えて[ハンコ屋さんに見えない]と言う事になるのかも知れません(*^-^)

昭和の初めごろは勤め人はスーツにソフト帽、職人はジャンパーにハンチング帽とかで小津安二郎監督の映画には描かれてると聞いた事があります。

私自身スーツが好きなので工場でも営業でもネクタイ姿ですが最近心掛けているのがフェイス・ケア。

歯磨きは入念に、洗顔フォームで顔を洗い髭も丁寧に剃って髪もフケには気を付けて清潔感を保つようにしてお客様は服より顔を見る訳ですから気をつけたいと。

家業ゆえに洋服屋になれなかった悔しい思いがせめてと好きな服を着たいが故にサラリーマンともハンコ屋にもらしからぬ私ですがハンコを作るのもある意味、職人はクリエイター。

これからも好きな縞のダブルのスーツやスリーピース姿ででギャングと言われようが変えずに[スタイリッシュなゴム印屋]が[スタイリッシュなセンスいいスタンプ]をお客様にお届けしたいと思います(o^-^o)

最近、お客様より[相棒]の杉下右京のようとも言われますが・・その話は又。

Photo_3 Photo_4 

    

« 二男の保育園のお遊戯会へ。 | トップページ | 義父母の来訪で賑やかな週末。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/38984423

この記事へのトラックバック一覧です: 職業は服に表れるか? ハンコ屋に見えないハンコ屋の私。:

« 二男の保育園のお遊戯会へ。 | トップページ | 義父母の来訪で賑やかな週末。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31