無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 娘達の通知表・・通信欄に成績以上の喜び。 | トップページ | ラルフローレンのグレンチェック・スーツ。ワイフとの出会いの一着。 »

2011年3月30日 (水)

桜の季節・・。

今日、納品へ行く道で川沿いの桜並木を歩いていると、チラホラ花を咲かせていました。

この春は東日本大地震で多くの方が亡くなり、被災された方はどんな思いで桜を見るのかと思うと胸が詰まります・・。

父を亡くした翌春の桜は拒否し続けた跡取りから逃れられなくなり仕事を覚えるのに慌ただしくて見たのかどうか覚えてません・・・。

父といえば供養を放棄して父の分骨を叔父に託して、若かりし頃の希望通りに海外に渡れるようにと海に葬り、父と決別したのも季節でした。

母を亡くした年の桜は・・・前年の春に初孫である長女と楽しげに桜並木を歩いた時の母の笑顔が思い起こされて悲しくみていました・・。

長男を亡くした翌春は散る桜に6ヶ月で天に召された長男のように思えたりと・・。

桜が咲くと新しい年度もはじまり・・新学期で真新しいランドセルに黄色い帽子の一年生が可愛い季節です。

亡き長男も育っていれば新一年生・・・重ね合わせれば辛いのが本音ですが今年はPTAの学年部の一員として迎え、安全に楽しい学校生活を過ごせるお手伝いの末端を担えれば長男への供養と思い引き受けたのですが・・・長男を死なせてしまった罪は拭えないと。

それだけに被災されて親や子・・お身内を亡くされ悲しみに暮れ自身を責める映像をみると心中察するに余りあります。

[日本の復興]と言いますが災害を政治利用するようにも聞こえて・・国家なんかよりも被災地と被災者の生活の復興が優先だと思うのですが。

悲しい思いで眺めてきたのが多い桜ですが・・二男が生まれてから子供達の明るい声と笑顔で少しは楽しめるようになったと思います。

被災者の方達が1日も早く辛い思いから新たな生活を手に入れていつの日か笑顔で花を愛でられますよう桜の花に祈りたい今年の桜の季節です。

Illust842_thumb_2

« 娘達の通知表・・通信欄に成績以上の喜び。 | トップページ | ラルフローレンのグレンチェック・スーツ。ワイフとの出会いの一着。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春の桜を見ながら、いろいろなお辛い体験を思い出されながらも、笑顔で桜を楽しめられるようになられたアキノリさんだからこそ、被災地の方々を想うお気持ちというか、慈愛が心に深く響きます。

私のブログへのコメントありがとうございました。

夢 美咲さんお早うございます。
お越し頂きありがとうございます。

この災害で日本人が傲慢になり忘れていた生来の助け合いの気持ちが蘇ればと願います。

またいらしてくださいね(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/39421748

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節・・。:

« 娘達の通知表・・通信欄に成績以上の喜び。 | トップページ | ラルフローレンのグレンチェック・スーツ。ワイフとの出会いの一着。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31