無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 大関・魁皇関引退・・・本当にお疲れさまでした。 | トップページ | バースデー前日・・自分の生き様と価値を思う。 »

2011年7月21日 (木)

今日から夏休み・・長女の学校での三者面談と二女の父親離れ。

台風の通過に伴い気温も上がらず過ごしやすかった今日から娘達は夏休みに。

中2の長女の3者面談がありワイフと共に緊張した面持ちで出掛けて行った長女も共に笑顔で戻って来て聞けば終わってホッとしたとの事(^-^;

確かに3者面談は自分の中学時代もかなり緊張したのでしたが、確か三年生の進路について話し合う時で1年、2年の時の記憶はないので今とは違うようです。

話は勉強も部活も身を入れていて日々の生活態度も乱れはなく心配する処はないという事でした。

まぁ学校での出来事も余り話さないのでまたそういう年頃だと思い口うるさく聞く事も敢えてしてませんが友達関係も良好で休みの日なども友達と過ごすことが多く、共に出掛ける事も二女もそうですが少なくなり親としては寂しいのですが友達と楽しく過ごしている事自体良かったです(o^-^o)

ふいに[ねぇパパ]と声かけてきて日本史の事を質問されたりして応えるのが楽しいコミニュケーションです。

また二女も夏休みに入り午後から友達の家で宿題に勤しむとかで、お得意様に納品に伺う際に友達と歩いて来る二女に偶然会いましたが私を見て一瞬顔をしかめて照れくさそうな仕草をみせられて寂しくも(;д;)

以前なら友達といても[あっパパ!!]と飛んできたパパッ子だったのにと・・・保育園や学童に迎えに行くと大喜びで駆け寄ってきたのは昔のようにも感じました。

それだけ成長した証で、この春に四年生になってから父親離れが始まったようです(;ω;)

知らず知らずに子は親を通り越していくものなのだとツクヅク感じます。

四才の保育園児の二男は私が家に帰ると本読みだのチャンバラだの寄って来てくれますがそれも瞬く間なので極力相手してますが最近は力が付いてきた息子とは逆にこっちは歳をとったのか息切れする事も多くなりましたが嬉しいものです(^-^;

子供達の其々の成長に喜びと寂しさが入り交る複雑な思いですが、楽しく健康的に夏を過ごしてくれればと思う夏休みの初日でした。

Photo

« 大関・魁皇関引退・・・本当にお疲れさまでした。 | トップページ | バースデー前日・・自分の生き様と価値を思う。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

あんなに可愛がったのに、子供たちは無情にも離れて行ってしまう。

切ないよね! 寂しいよね!

僕もイヤというほど味わっています。

でも、それは、子供たちが健全に成長している証拠!

オヤジとしては、暖かく見守ってやるしかないよね。think

すっごく寂しいですweep
それでもいつまでも親べったりでないだけ友人関係が上手くいってる証なので良い事なので温かく見守りたいと思いますconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/40902565

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から夏休み・・長女の学校での三者面談と二女の父親離れ。:

« 大関・魁皇関引退・・・本当にお疲れさまでした。 | トップページ | バースデー前日・・自分の生き様と価値を思う。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31