無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

明日から9月・・なんとなく焦りを感じて。

8月も今日で終わり・・・。

酷暑だが節電とエコロジーに今までより少しは取り組んだ夏も過ぎてみれば瞬く間だったようにも。

夏の疲れが出たのか右胸の胸痛で眠れなかったりとジワリジワリと歳とったように思えて情けなくも、最近思うのですが会いたい人には会いたいときに会おうと・・そして家族との時間も大切にしようと。

贅沢な話だけど体調を崩してから思います。

そして仕事も・・少しでも何か新しい事に取り組み成果を上げたいという焦りも感じて自分には時間がもう限られているような気がする夏の終わりです。

それでも恐怖感より焦りが先立ちワイフと子供達になにかしたいという思いも・・今我が家ではぶどう狩りを計画したり、ワイフの故郷への日帰りの旅も。

仕事では年賀商戦の企画も速く進めないとと・・月末には展示会もありヒントを見つけたいと。

忙しく気持ちだけが虫の音に追い立てられる晩夏の宵です。

Sunset

2011年8月29日 (月)

健康診断へ行きました。

今日は午前中に健康診断に・・。

問診の後で診察があり、自覚症状を聴かれたので最近胸が引きつるような痛みがある事を伝えると心電図をとってくれるとの事・・。

この胸の痛みは背中の慢性の痛みが広がったようで実に不快なので何か原因でも判ればと・・・その前に嫌なのが採血・・・意気地無しの私はいつも血をみたくないので顔をそむけ目までつむってるのが良い歳こいて情けなくも思います( ̄Д ̄;;

嫌な採血の後は心電図です。胸と足に電極をつけてもらい暫くベッドで静かにしていて終了。

その後は身長、体重と計測・・家で測らなかったのでしたが何と四キロ半増えてました(*^-^)

私の場合はヤセ型なのである意味良かったと。

煙草を止めてから御飯がすすみ、ふっくらしたと言われるので期待していましたが四キロ半とは・・。

ただズボンがキツクなったのもその筈・・・・腹囲が五センチ近く膨らんでましたΣ(;・∀・)

採尿して終わり、結果は一週間位ででるそうです。

歳も歳なのですが、三人の子育て真っ盛りで幼子もいるので健康には気を配らないと・・・私が父と死別したのは27歳の時でしたが・・二男を授かった歳から平均余命を考えると何とかクリア出来そうなという範囲ですが、寿命は神様のみ知るもので己では決められないので健康に気を付けて、医者嫌いと言わずに御医者様と仲良くなって診てもらおうと・・・。

長男を先立たせておきながら虫の良い話だとも申し訳なくも思いながらも、彼の兄弟である娘達と倅を育て上げるためならと・・我儘なな理屈ですが長男に詫びながらの健診でした。

2011年8月28日 (日)

[江戸幸]の落語会で音曲噺に酔い、打ち上げで楽しく酔いました。

昨日は親友の森君と江戸幸主催の[三遊亭京楽師匠]の落語会に行って来ました。

新会場とあってスタッフの皆さんも準備は念入りに。

私もお手伝いの末端をさせていただき席の配置から音響に照明に至るまで演者の師匠はじめ噺家さんに三味線の御姐さんとも入念に打ち合わせて、お客様が見やすく聴きやすく芸がより引き立つようにと一つ一つが手造りで会を構成する場に立ち会わせて戴いてアットホームな落語会となるのも頷けました。

開口一番は立川三四楼さん、そして最近襲名したばかりの[二代目江戸や小猫]さんによる動物物まね。

江戸やの伝統芸、鶯の鳴き声から秋の虫にゴリラに至るまでタップリと聴かせて戴き将来が楽しみな江戸やの新生の芸でした(*^-^)

そしてトリの京楽師匠・・さて今回は音曲噺の『たちぎれ』

大店の跡取りと花街の芸妓との切ない悲恋をしっとりとした三味線と唄の音色が加わる事でより切なく噺を盛り立てます・・。

元々は上方落語を故桂文枝師匠に稽古をつけていただいた京楽師匠が言葉に場所を江戸にアレンジしての噺です。

噺がすすむにつれて会場全体が師匠の巧みな芸に引き込まれて三味線と唄も加わりクライマックスへ今回も終演後は大きな拍手に包まれました。

打ち上げも師匠に三四楼さんに小猫さんを囲み、いつものように楽しく和やかに進みとても良い一日となったのでした・・・次回は12月どんな企画か楽しみですo(*^▽^*)o

この処右半分の胸がつるように痛み、背中も張ってブルーな気分を吹き飛ばしてくれて本当に有難かったです。

今日は午前中にワイフと二男と公園で遊び、午後はゆったりと家ですごしました。

日々の生活で体調が悪かったり鬱陶しい出来事もあったりしますが私にとり[江戸幸]で楽しい一時を過ごすことで明日から気持ち新たにとう英気を貰える貴重な場所です(*^-^)

皆さんも一度お気軽にお運びいただけれぱ親切で気さくなスタッフと師匠はじめ噺家さん方の芸を楽しむだけでなく噺家さんにお客さん同士の交流も楽しめて爽やかな気持ちになれますよヽ(´▽`)/

Kyouba

Kyourakue2

[江戸に幸福力を学ぶ会] http://ninjyou.com/

2011年8月26日 (金)

豪雨の中の運転・・・。

午後にお客様の元にお届けに。

パーキングに停める頃には灰色の空が広がり、受付で入館票に記入してる最中に雷の音が・・・。

お届けして、暫くお話してから失礼して再び受付で入館証を返していると女性が二人髪を濡らして飛び込んできたので降り出したのが分かり不安になりながら建物を出ると雷の音と雨が・・幸にポツリポツリでまだ降り始めのようなので小走りにパーキングへ戻りコインを入れてる間に雨脚が強くなってきて急いで車に飛び込み発車・・・。

左程に濡れず車に戻れて運が良いと言えばそうなのですが、国道に出た途端にピカピカゴロゴロでザーッと滝のような雨で視界不良でワイパーを早回ししても怖いのなんの(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

流石に回りの車も慎重に徐行しているもののサイドミラーもルームミラーも雨に叩かれて見えずらいので車線変更は結構緊張しました((ノ)゚ω(ヾ))

私も運転歴は30年近くになりますが、豪雨の中の運転は怖いものでそんな時に出くわしたくないものです(゚ー゚;

何とか無事に工場に戻りホッとしてお茶をいただきました。

車は走る凶器に変わるので天候如何に関わらずに気を付けたいと思いました。

2011年8月25日 (木)

夏休み明けの登校、PTA朝の見守りと声かけに参加。

今日から娘達は学校です。

夏休み明けのPTAの『朝の見守り・声かけ活動』に参加してきました。

この夏で三回目ですが交差点で子供達に[おはよう・行ってらっしゃい。]と声を掛けると元気に応えてくれたり、はにかみながら笑顔を向けてくれたり様々です。

雨なので傘をさしながら夏休みの宿題や自由研究の作品と荷物を一杯持って重そうに交差点を渡って行きました。

子供が好きな私としてはこの運動は子供達と接する機会で楽しみなのですが、今年は違う思いも・・。

亡き長男が生きていれば一年生だったので可愛い黄色い帽子の一年生に逢うと長男が不憫に思えてしまいます・・。

それだけ長男の同年である一年生はじめ子供達の安全に少しでも役に立ちたいと言う思いで子供達に声を掛けて来ました。

明日の朝も子供達の笑顔に会いに行って来ます。

2011年8月24日 (水)

島田紳助さんの突然の引退・・・。

昨夜の島田紳助さんの突然の引退会見は驚きました・・・・。

あの絶妙な喋りで笑いを巻き起こし、バラエティー番組の司会者として番組を盛り上げて脂が載っている時期に黒い交際が因での引退・・・・正直残念です!!

芸能界に角界と共に古からその筋が興行に絡んでいた訳ですから簡単に決別できないのでしょう・・。

芸能界に限らず、財界も昔は総会屋との係わりや今も債権取り立てやトラブルの解決といった所で繋がりはあるようですし政界でも総理経験者の大物政治家でさえ地元の組織の関わりある人間が選挙参謀をしていたという話もあり、黒い交際自体は社会通念上云々といっても綺麗事に聞こえます。

島田紳助さんに限ったことでないと・・吉本興業自体、初代の女社長の後ろ盾がその筋の大物だったのは有名な話だし、亡くなった国民的歌姫をスターダムに押し上げたのもその筋の大物でこれも有名ですし・・・興行自体が昔からその筋の税金を払う表の生業だから芸能人と接触があっても不自然でなく付き合いがあるからと犯罪に手を貸した訳でなく、その事でテレビ界から追いたてる事自体変だとも思います。

むしろ前述した上品ぶってる政界や財界が黒い力を利用している方が問題だと思うのですが・・。

本人は切腹と言ってましたが・・・・・自分で腹切ったのかつめ腹切らされたのかいずれにせよあの歯切れの良い語り口で笑わせてもらえないと思うと寂しく感じました。

なんらかの道筋で復活してほしいと思います。

Images_2 

2011年8月23日 (火)

『江戸に幸福力を学ぶ会』三遊亭京楽師匠の落語会のお知らせ。

猛暑もここ数日はおさまって秋の気配が・・。

そんな時期に御一緒に落語を聴き思いっきり笑っては如何でしょう?

来る8月27日(土)は[江戸に幸福力を学ぶ会]主催の三遊亭京楽師匠の落語会が開催されます。

アットホームな手作りの落語会で江戸の町衆の集う長屋のような会です。

今回は師匠の落語の他、2代目江戸屋猫八さんの『動物ものまね芸』ありで噺の時代背景や聴きどころを面白く教えてくる蘊蓄高座ありで落語が初めての方から通の方まで楽しめます。

会が終わってもまだこれから・・・師匠はじめ噺家さん達を囲んでの懇親会もあり、袖振りあうも多少の縁といいますが、いつの間にか隣の方と仲良く楽しく語らえるから楽しさも倍増です。

どうぞふるってお出かけ下さい(*^-^)

詳しくはこちらのサイトから  http://ninjyou.com/  『江戸に幸福力を学ぶ会』

12th_mainvisual

上のイラストは今回の師匠が演ずる音曲噺[たちぎれ]をイメージしたものです。

男女の切なくもはかない恋の行くえを故 五代目円楽師匠より直伝された京楽師匠の絶妙な語り口と三味線の音色が彩ります。

是非とも聴いて頂きたい一席です(*^-^)

20070323kyorakusan

新しい機器を入れました・・。

昨日、新しいFAX・コピー複合機を設置しました。

今まではリースでしたが、リース終了したので経費削減の為に卓上用にしました。

コレが以前使っていたのに劣らないほど性能はよく多機能でスピードもあって使い勝手がいいので大切にじっくりと使い方をマスターして活用したいです。

それにしてもコンピューターにせよオフィス機器も日進月歩ですね・・。

量販店のオフィス機器でも低価格で高性能がズラリと並んでいて用途や予算で選べるのですから。

リースだと総額は半端な額でなく、月々のコストもかさむので大きな会社のように頻繁に使わないので゛あれば充分です。

Img_2033

創業50年のスタンプメーカーです。

(有)清山堂製印所

☎03-3712-9142 FAX03-3791-7769

seizando@qxwx.ftbb.net

Gomin_2

2011年8月22日 (月)

長男の命日・・・。

昨日は亡き長男の六年目の命日で七回忌でした・・。

旅疲れで家で過ごしてたのですが朝、お線香を灯すと色々と思いだされて涙が・・・。

もういい加減に仏壇の前でも涙するのは卒業しないと長男が心配すると思うのですが・・。

折から24時間テレビが放送されていて・・震災で身うちを亡くされたり重い障害にも負けずに前向きに人生を歩もうとしている方の姿に自分の意気地のなさが身にしみました。

毎年、夏の終わりに放送されるこの番組はチャリティーだけでなく[悲しみ、苦しみを背負っても前向きに進む事を忘れずに]と言う事を教えてれるように思えるのですが、今年は長男の旅立った日とあって子供が亡くなった話などは観られませんでした・・。

夕方過ぎに二女が頭が痛いと言いだし微熱も・・。 ワイフも体調が優れない様子で旅疲れがでたのか急に涼しくなったので身体がついていけなかったのか・・。

友人がジャズライブのボーカルとしてステージに立つので聴きに行くはずで数年ぶりに逢えるとあって楽しみにしていて気分を明るく出来ると思い六本木のジャズバーと言う事でめかし込み出掛ける直前で残念でしたが子供とワイフ揃っての不調に自分を優先する事は出来ないので当然ながら見合わせました・・。

やはり父親としては子供をワイフの事も夫として気遣ってこその家族だと・・長男が亡くなった前日も夜は業界の会合の後で遅くまで飲んで帰ってパタンキューでそのせいで変調に気がついてあげられず助けられなかったという申し訳なさを思うと・・せめて勝手な振る舞いを繰り返さずに彼の姉達と弟を守る事で長男への回向になればと思います。

家族も友人も私を支えてくれている大切な存在・・私からのお詫びのメールに友人から気遣いとお見舞いのメールを昨日も今日も貰いました。

今年の24時間テレビのテーマは[力]

そんな友からの気遣いも大いなる[力]・・ワイフや子供達にも毎日[力]を貰っています。

そして見守って力づけようとしてくれている仏壇の長男の前でも泣き顔を見せないような力強い父親になりたいと思うのでした・・・。

Minoru

2011年8月21日 (日)

宮城へ家族旅行②仙台でワイフが旧友と触れ合い・・。

2日目の土曜日は、仙台でワイフが学生時代の同窓生と過ごすので私は子供達と四人で市内見物に・・。

駅周辺は津波の被害こそないまでもやはり激震に見舞われて所々で補修工事が行なわれていました・・。

泊ったホテルの窓から落ちたコンクリート塊が見えて地震のすさまじさに驚きです。

さてワイフもお友達も逢ったとたんに涙ぐみ此方まで思いが伝わってきて・・・地震の直後から身を案じていて無事のメールに泣いて喜んだだけに元気な姿に思いも一入だったようです。

私と子供達はワイフ達と別に市内見物前にランチ・・・これが三者三様に食べたいものが纏まらず慣れない地の利ゆえに店を決めて食べ終わるのに時間を要してしまいました┐(´д`)┌ヤレヤレ

.そしてバスで仙台城跡へ・・・車窓から見える『青葉城恋歌』に出てくる広瀬川の清流は綺麗でした。

そして仙台城では伊達正宗武将隊の歓迎を受けて、買ったパフパフ刀を手にバスで寝入っていた二男はご機嫌で記念撮影です(v^ー゜)ヤッタネ!!

Photo_6

仙台の英雄伊達正宗公の銅像が見下ろす城下の仙台市街地の眺めは広瀬川から緑に囲まれた町並みは見事な[杜の都]でした。

Photo_7

Photo_8

青葉城でゆっくり土産を買ったりしてからバスで市内へ・・・他にも名所はあるのですが4歳の二男の足と時間を考えて次の機会へ・・。

仙台七夕まつりの飾り付けがされる繁華街、青葉通り一番街を朝家族で通ったアーケードを再び別方向へ散策しました。

Photo_9

駅でワイフとお友達と再び合流して、記念撮影。

積もる話をタップリ出来たようで・・それでも時間は瞬く間の6時間では話し足りないかも・・。

名残は尽きず涙ぐみながら握手して再会を約束して暫しのお別れです・・。

私もお二人と初対面でしたがとても親しみある方達で、御一人が亡き母と同郷の山形に住んで゛いらして御縁を感じました。

Photo_10

仙台も両親と訪ねていらいで懐かしさも沸き、前日の松島の食事処『小船』のお姉さん達にワイフのお友達と触れ合いた旅で何よりの人との触れ合いが御土産です。

震災の被害も甚大な東北・・1日も早い復興が望まれ、何もできず申し訳なくも思いながらも人々の暖かさに触れた旅でした。

電車でワイフが感慨深げで・・友達の存在は大きいです!!

子供達にも人との繋がりを大切にしてほしいと・・友達と再会を喜び、別れを惜しむ母親の姿から感ずるものがあればと思いました(゚ー゚)

宮城へ家族旅行①『松島で地震が津波注意報が発令』

金曜・土曜と家族で宮城県を旅してきました。

目的はワイフが学生時代の友人と会う為で、初日は日本三景の一つ『松島』を訪ねました。

東北新幹線マックスの二階席で一路仙台へ・・仙台から松島までは仙石線に乗り換え、海辺ちかくでは瓦礫が積まれたり復興工事の様子に震災の爪後も生々しく被害の甚大さが・・。

松島へついて駅近くの食事処『小舟』で遅めのランチを。

このお店も被災されたそうでしたが被災後、食事処と言う事で近くの方に食料を分けたり、復旧を手助けする方達の為に店を早くに再開したそうです。

津波に被災した話をお店の方から伺い助け合う様子なども聞き大変な事だったとあらためて思っていると食後に地震が・・店の方の誘導ですぐさま外へ出て治まるを待ちました。

幸にスグに治まり店の方から地震の時の注意をいただき荷物まで預かって頂き町へ。

暫く歩くと防災無線とパトカーで[津波注意報]が発令との事・・消防車が鐘をならして巡回している様子に緊張です。

子供達の手を引き坂を上って山側に退避して様子を伺っていると先程のお店のお姉さんが自転車で私達の様子を見に来てくれて・・・遊覧船の時間など訊いてたので海側だったらと心配して飛んできてくれたのでした。

被災された地元の方の親切に感謝の念が沸き、ワイフは涙ぐむほどでした。

高台が安全とのアドバイスで津波が来なかった国宝の瑞巌寺へ・・。

伊達正宗公が創建の流石は戦国の雄である正宗公が戦時を想定した要塞のようなお寺で一部震災による耐震補強工事が行なわれていたもの見事で、襖絵や宝物館の所蔵の刀剣等を見学しました。

Photo

津波注意報も幸にして何事もなく解かれて、遊覧船に乗り込み日本三景の島々を船上から観る事に。

船内でかっぱ海老煎をかもめの餌として買って、餌づけを体験です。船に並走するように飛んできて餌を投げると上手に捕る技に子供達も歓声をあげました。

Photo_2

松島の島々は美しく、風もさわやかでしたが外海に出ると柱や流木も流れていて島々の岸辺に瓦礫や打ち上げられ船腹をみせているような船もみられて目の前の静かな海が五か月前に津波で被害を出したのだなとツクヅク思いました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

一時間程のクルーズを終えて五大堂から駅へ・・。

『小舟』で預かっていただいた荷物をいただき御礼を言うと、『怖い思いしちゃったね・・。』と優しく子供達に語りかけてくださり『また来てね』と笑顔で見送ってくれました。

島々の美しさ以上に、食事処『小舟』のお姉さん達の心温まる親切に触れられたのが松島での何よりのお土産でした(゚m゚*)

地震と津波注意報に遭遇して、これが幾度と続く地元の方の不安を思い、一日も早く地震活動が治まり復興が進みますように『前進、松島』と書いてある町の所々のポースターを見て思った松島の一日でした。

2011年8月18日 (木)

神仏を尊ぶという事。

今日は18日・・神棚のお神酒と塩とお米を8の日は交換するのをウッカリ朝していない事に気が付いて外回りの途中でお酒を買い、帰ってからお米と塩と共にお取り換えしてローソクを灯して手を合わせました。

亡き祖母も母も信心深く、祖母は毎月お大師様の命日には[川崎大師]に詣でて帰りに葛餅を買って来てくれるのが私は楽しみでした。

戦前に父が満州に赴いている時も毎日欠かさずお大師様へ願掛けしていたとか・・その話を聞いた母が『そのお陰でお父さんは生きて帰れたんだよ』と言ってたのを思いだします。

母も信心深く、毎日朝・晩欠かさず大国様を祀った神棚に手を合わせて家族の無事を祈り、入院する際も[若い者達をお守りください]と自身の病気快癒よりも私達の事を神棚に向かって祈って家を後にして徒容として世を去ったのでした。

私自身は実父が新築途上で急死してからは[神も仏もあるもんか!!]と手も合わせなくなりましたが母は信心を捨てるどころか一層心の拠り所としていたように見えました。

そして世を去る前に[神様を大切にするように・・。]と言い遺したのでした。

私は母の遺言なので母がしていたように榊と水玉に毎朝水を取り替えてお神酒と塩と酒を8の日に変えてローソクに火は灯していたものの形だけで気持ちを込めて手を合わす事はなく、むしろ母の位牌に手厚く祈っていました。

今まではその時その時の都合で神棚には手を合わす[苦しい時の神頼み]で母や祖母のような信心には届かないのですが最近年取ったせいか真摯に神仏と向き合い尊ぶという気持ちに少しなってはきているように思います。

母は神仏に対して身の御利益でなく私達夫婦や孫に幸あれと言う親心で向き合っていたので祖母の祈りが通じて父が無事に大陸から帰れたように母の祈りのお陰で私のような不器用な人間でも生かされているのだと思いもあります。

母に対しての感謝=生かされている事で神仏に対してもとなればいいのですが生来の我儘者ですので祖母や母のように謙虚に感謝の気持ちを手を合わす事が出来てませんが一生を終えるまでには無垢な気持ちでればと神仏と向き合いたいと。

神仏も巷に色々祀られてますが信心は強制するものでもされるものでもなく自身の気持ちで損得勘定なく無垢な心持で手を合わせる事で気持ちが和やかに導かれる事なのかもと思います。

早くそうなりたいものです・・煩悩の塊なので(;д;)

Photo

2011年8月17日 (水)

今日から仕事・・朝夕に打ち水効果で気持ちも清らかに。

昨日でお盆休みも終わり今日から仕事です。

我が家では人が移動する時期は地元中心に過ごしていて昨日一昨日とプールで子供達と遊びました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

一昨日は二男と幼児プールでパシャパシャと水遊びの付き添いでしたが昨日は大きいプールでワイフと二女と二男と共に思いっきり楽しみました。

4歳の二男は昨年の熱海以来の本格的プールでルールに沿って浮き輪でプカプカと水とたわむれて私達が引いたり押したりすると大喜びでしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

地元の公営プールで安く涼しく家族で楽しめるのは有難いです(*^-^)

涼しいと言えば最近続けている事が。

[打ち水]というかホースで工場の周囲に水を朝と夕に撒いています。

この酷暑で効果の程は判りませんが通る方が笑って[御苦労さまです。][涼しげね。]と声を掛けて下さるのでそれだけでもお互い気分よく過ごせるなら嬉しく思えますし水は清める効果もあるそうなので、暑くてイライラしそうですが自分自身も水を撒く事で仕事にも日々の暮らしにも清らかな気持ちでで臨めれば良いと思います(*^-^)

7ecc48eb94e4ee9b0be936c2dd4a0969

2011年8月14日 (日)

夏休み。

夏休み2日目の昨日は、[日テレ]のイベントへ二女と二男と出掛けました。

人出が多く、人気番組のブースは観覧するのに100分待ちとかでとてもでないのでスル―(@Д@;

何だかんだで混んでないゲームで遊ばせたりでようやく二男はF1レーシングカーに乗れて御満悦でしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Photo_2

夜は親友の森君と池袋で楽しく語らいながらビールと焼き肉でスタミナ補給しました。焼き肉は私達が飲むときのマイブームですヽ(´▽`)/

今日は家族で二男のリクエストに応えて再びお台場の『船の科学館』 へ・・。

何度言っても家族で楽しめるのに九月一杯で閉館・・。

とても寂しく思います(。>0<。)

ラジコン船に操船シュミレーター・・展望台からの東京湾の眺めと長女が小さいころから色々と思い出がある場所での1日でした。

Photo_3

2011年8月11日 (木)

明日から夏休み。

明日から5日間夏休みを頂きます。

ワイフは今日からで二男と共に旧友に会いに行きました(*^-^)

私はコレと言った予定はないのですが暑い時間帯は身体を休めて、暑さのピーク過ぎに近間で過ごそうと考えています。

ここ数日の猛暑の中一昨日に休み前の追い込みでゴムを焼いていたら仕事が終わったら頭痛に襲われて昨日も頭痛が残り身体が熱くなったりで水分と塩分補給しながらゴムを焼きました。

昨夜は夜半に二男が寝グズって冷や冷やしましたが二男は無事で一安心(^-^;

私は気分が優れず寝つけずに・・・今朝も頭痛が。

クレグレも気を付けないとと思いました。

Gomin

(有)清山堂製印所

☎03-3712-9142   FAX03-3791-7769

seizandp@qxwx.ftbb.net

2011年8月10日 (水)

[がんばっぺ茨城!!]のピンバッチ。震災から5カ月に。

明日で震災で早くも5か月が経ち・・未だに酷暑の中で不自由な暮らしをされている多くの被災者の方達を思うと胸が痛みます・・。

とは言っても自分では日々のうのうと暮らさせていただき何も出来ず申し訳なくも思います。

私のワイフは茨城の出身で、幼馴なじみのお友達もいて色々と難儀されているようで心を痛めています・・。

そのお友達から送られてきた[がんばっぺ茨城]のピンバッチです。

このパッチを店のカウンターにワイフは飾り、お客さんに見てた頂いています。

またまだ余震も続いていて不安な日々を過ごされていると思いますが、そんな中でもがんばっぺ!と自分達を鼓舞している多くの県民の方がたに・・・東北・北関東の被災地の皆さんに復興に尽力している多くの方達が希望と笑顔に1日も早く包まれますようにパッチをみながら祈り、何が自分に出来るのかと考えたいと思います。

Img_1999

2011年8月 8日 (月)

夏祭り[阿波踊り]を家族で楽しみました。

土曜日は地元の中目黒銀座で行なわれた[夏祭り・阿波踊り]を家族で観て来ました。

商工連から信金に自衛隊まで様々なグループが趣向を凝らした踊りで観客を楽しませてくれます。

この催しは毎年行なわれていて夏の恒例行事でビール片手に祭りを楽しむイベントで子供達も出店のアメリカンドックや唐揚げを頬張りながら楽しんでみて、四才の二男は踊りだすほど盛り上がってましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Photo

軽快な鐘と太鼓の阿波踊りのリズムとどのグループの踊り手さん達も笑顔で踊る事をホントに楽しんでいるのが伝わるからこそ観ていて楽しくなります(*^-^)

子供さんの踊り手さんの可愛らしい事といったら・・大きな拍手がわきます(・∀・)イイ!

観ている人もつられて踊りだす人も・・[同じアホなら踊らにゃ損損♪]とはこの事だと思いました。

家族で夏祭りを楽しめて気持ちよく酔った土曜日でした(*^-^)

Img_1997

2011年8月 5日 (金)

元サッカー日本代表、松田選手の急死に思う・・。

元サッカー日本代表の松田選手が練習中に急性心筋梗塞で倒れ、多くの方達の願い虚しく亡くなられたニュースに痛ましくも、急性心臓疾患の怖さを思いました。

というのも私の実父も虚血性心不全で急死しているので他人事でなく、血を引く私自身も循環器と呼吸器は丈夫な方でないので尚更です。

実父も前日まで普通に働き、食事も採り変わった様子はなく、朝突然に気持ちが悪いと倒れて意識を取り戻すことなく救急搬送された病院でそのまま息を引き取りました・・。

覚悟する間もなく母も私も物凄くショックで頭が真っ白になったものです・・それだけに松田選手の御家族のお気持ち察するに余りあります・・。

実父は63才でしたがまだ34才の大国柱の突然の不幸。お子さんが三人とのお話に奥様にお子さんたちの悲しみと、子に先立たれた身として親御さんの悲しみを想うと言葉もありません。

トップアスリートとして強靭な肉体と精神を備えて節制にも努めていながらも突然にして倒れて命を落とすのですから、稀なケースと医師が話していましたがだとしたら避けられない運命だったのかとも思います。

実父は松田選手と違い不摂生で煙草も酒も浴びるほどで家族の心配にも耳を貸さずだったのでしたが永年の夢だった新工場兼自宅の新築途中での急死で・・何故天はこんな酷い事を・・と思ったものです。

然しこれも避けられない運命だったと思うしかなく・・突然にして家族を亡くすという事の悲しさを遥かに超えた思いがあり、自分はワイフと子供達に同じ思いは味あわせたくない思いで煙草もやめて節制に努めていますが・・明日の事は誰もそうですが判らないと。

そう思いながらニュースを見る私の心中を察したかのように[無理しないでね・・。]とワイフに言われ頷きながらも神のみぞ知る自分の運命は・・と考えたのでした。

日韓ワールド杯での松田選手の活躍はサッカー音痴の私も覚えている位パワフルなアスリートだけに燃え尽きたとか言われてますが・・現役にこだわにチームの昇格を目指して頑張ってた話にさぞかし本人も無念だったと。

好きな道に進み努力を重ねて名声を博して新天地で更に志を立てて頑張っていたのに運命は残酷だと。

御冥福をお祈りします。

                                              合掌

2011年8月 2日 (火)

ラルフローレンのポロシャツとマドラスショーツで夏のカジュアル。

このコーナーも久々です。

8月の入りとしては過ごしやすい気候ですが、夏本番となり節電でエアコンもフル稼働という訳もゆかず少しでも涼しくエコな装いも心掛けたいものです。

最近は街着として様々なお洒落なショーツが出回って涼しく着こなしている姿をよく見かけます

そこで私も休日はショ―ツで過ごすようにしています。

柄は思いきってマドラス・チェックの綿の細身のショーツを履いて、上はラルフローレンの白のポロシャツを着て素足にデッキシューズといったアメリカンなプレッピーな着こなしで涼しく、爽やかに若々しい装いにトライしました。

ポロシャツは細身で襟に青いラインがアクセントとして入っているのが気に入っています。

最初は正直言って気恥しくも思えましたが、涼しく爽快感がたまりませんヽ(´▽`)/

Img_1983_2

2011年8月 1日 (月)

8月に入って・・子を亡くした悲しみの月から彼への感謝の8月へ。

今日から8月・・・。

私にとっては長男を死なせてしまった辛い月であれから6年になります。

この6年間、色々な方達に助けられ励まされながら前に進む事が出来て二男も授かりやんちゃな4歳児として日々健やかに過ごし何とか家族穏やかに暮らせているのは支えてくれた方々と、何か目に見えない力によって守られているお陰と思います。

正直暑い日になると悲しみが蘇りとても辛く思う事もありますが・・その都度に塞ぎこみ涙してばかりでは長男も喜ばないと・・ようやく少しづつ自分を奮い立たせられるようになったように感じ、[実君守ってあげられずごめんね]だけでなく[そんなパパでも空から見ていてくれて有難う]という我が家に生れてくれた事と家族を見守ってくれている事への感謝の気持ちを彼の魂に届けたいと思うのです。

子を亡くした身として涙は枯れることはありませんが泣いてるパパよりは家族と共に笑っていて、不器用でも懸命に生きている父親の姿を見てもらった方が長男も笑って見守ってくれると思えるように6年目にして考えるようにしています。

そうは言っても弱さゆえか葛藤はあり、不甲斐ない我が身を省みながら亡き長男は勿論ですが娘達と二男にワイフに対しても申し訳なさに苛まれてチック症に追い撃ちをかけられもしますがこれも自らが招いた宿業として一つの試練として受け止め強くなれればと。

あれこれ考えても仕方ないので、その時その時無理せずに消化して家族と天界の長男にに心配だけは掛けないように心掛けたいと思う8月の入りです。

Img473ae83299757

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31