無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 観劇とプチ同窓会に二女の学校の夏休み作品展。 | トップページ | 二男が蝉の供養を・・優しい気持ちが育っていると感謝。 »

2011年9月 5日 (月)

創業50年の秋です。

来月1日で弊社、(有)清山堂製印所が創業50周年を迎えます。

実父が戦後に疎開地の長野より東京に出てきて(有)丹野の親方の内弟子兼従業員となり修行を重ねて業績不振だった(有)丹野の親方より事業を引き継ぎ兄弟子の清野さんとの協同経営として丹野の従業員もろとも引き取り(有)清山堂製印所としてスタートしたのが昭和36年10月1日でした。

でした・・等と言いながら私はまだこの世に生を受けてませんが(笑)

それから時代はオリンピックに伴う道路整備やインフラ整備の躍進、高度成長の波に乗ったこともあって丹野の親方の経営時代を凌駕する躍進を遂げて今でいうV字回復を遂げていったと古い職人さん達から聴いたことがあります。

その当時はパソコンも携帯電話といったOA機器もない時代ゆえにゴム印はとても利便性が効いて重宝されていたようです。

巷ではオリンピック以降は王、長島を中心としたジャイアンツが9連覇への道を躍進する黄金時代で国の経済もGNPでアメリカに次いで世界第2位となり戦後の荒廃から奇跡の復興を遂げてオイルショックや円高不況といった荒波も乗り越えて経済大国としてバブル経済の崩壊まで曙の勢いの時代から、今や経済ではバブル以降の長引く不況から抜け出せず中国から追い落とされて衰退国家の借金大国に落ちぶれた上に今回の震災・・。

曙から一気に黄昏を過ぎて暗闇まで落ちて大変な時代になったものです。

そんな時代の流れの中でもゴム印を作り続けて名刺・ハガキ印刷も加わりOA機器の台頭、普及のデジタル時代となって一部のSEとか言うデジタルハートの輩からアナログと冷ややかに言われながらもゴム印のは便利なツールとして今でもこれからも世のお役にたてると作り手として自信をもって言えます!!

私自身、物づくりの家に生を受け父の急死で退路も断たれて私自身の人生の夢も諦め泣く泣く跡を継いだものの思えばゴム印のお陰で大きくなりここまで生きてこれた事を思うとそれも酷い事ながら一つの避けられない運命でこれからも死ぬまでゴム印との付き合いは続くのだとするのなら、より良いゴム印を作り続けられたらと考えるようにしています。

アナログには血の通った温もりがあり、これからも時代に合った新たなスタンプも創りだしていきたいと色々と50周年という節目に思うのでした(゚ー゚)

Img_2 Photo

お陰さまで50周年!! ゴム印作りのエキスパートです。

(有)清山堂製印所

☎03-3712-9142  FAX03-3791-7769

seizando@qxwx.ftbb.net

☆スタンプに関する事でしたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

Gomin

« 観劇とプチ同窓会に二女の学校の夏休み作品展。 | トップページ | 二男が蝉の供養を・・優しい気持ちが育っていると感謝。 »

ゴム印工房だより -製品案内ほか-」カテゴリの記事

コメント

50周年おめでとう!
ここまで継続してこられたのは、まぎれもなく、貴方自身の頑張りによるところです!!!
心から、敬服します!

ここまでくる過程で、様々な苦難があったようですが、それらを見事に乗り越えて今日までこられたことは、本当にスゴイことだと思います!!!

これからも、ゴム印を必要としているお客様(僕も含めて)のために、よいモノを作ってください!
応援してます!

ありがとうhappy01
何の因果か物作りの家に生れて有難くない跡取りにされての今日ですが技を求めてくれるお客様の為にがん張りたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/41518207

この記事へのトラックバック一覧です: 創業50年の秋です。:

« 観劇とプチ同窓会に二女の学校の夏休み作品展。 | トップページ | 二男が蝉の供養を・・優しい気持ちが育っていると感謝。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31