無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

厳しく接しても結局は甘いオヤジの私・・。

昨夜の事・・・。

夕食後に4才の二男が二女と共に作った手造りの紙を長細く巻いた[剣]をふざけて私の顔にフェンシングのように突き立てて来て、以前から目を突きでもしたら危険なのでやめる様に注意してたのでしたが、数回目なのでオデコを平手でペンして強く叱責しましたヽ( )`ε´( )ノ

みるみる笑顔の二男の顔が曇り涙目となり[もうするなよ!!]と言う私の言葉に頷き背中を向けて隣の部屋に・・・。

暫くして姿が見えないので探すと納戸の襖を半分閉めたまま座り込んでしゃくりあげていましたo(;△;)o

その姿がとても可哀想で・・・・自分で叱っておきながら抱き上げて[よーし・・もうしないよね]と諭すと目をこすりながら頷く二男が可愛くて・・こちらが込み上げそうになってしまいました。

ワイフからは二男に対して娘達の小さい時より厳しいと言われます・・。

確かにそれは当たっていて意識的にベタベタしないように厳しくしていて訳は、歳とってからの子であり長男を亡くしているのでメチャ可愛いのが本音ですが・・悲しい事に私の年齢からしても長くは見守れる時間がないので私のような甘ったれにならずに強くなって欲しいと言う願いから敢えて突き放しているのですが結局は前述したように甘い声にスグなってしまいます。

この子が二十歳になった時私は結構な年齢をと考えて憂欝になったり・・。

私が実父と死別したのが27才の時、急死で覚悟もないままの突然の別れで子供というより工場の跡取りとして見られてなかった事もあり良好な間柄ではなかったとは言え相当狼狽したものでした・・。

それだけ反発しながらも実父に頼っていたからであり、そんな甘ったれた経験から息子には私と違い心身ともに逞しく育てて私がふいに世を去り多少の苦労しようと両足で大地を踏みしめて自らの道を歩めるようになって欲しいと切に願うのです。

今朝も起きる時にグズリ、御飯もゆっくり食べるのでキツク諭しましたが[食欲を損ねては。]と頭撫で撫でになってしまい・・結局思う事と逆に甘い親父になってました。

常に厳しくなんて無理なのですが・・要所要所はしっかりと躾けて、自分の力で生きていくのに困らないようにという気持ちで育てたいと・・。

Photo_3   

2011年11月28日 (月)

友人のジャズライブと六本木の夜。

昨夜は久しぶりに夜の六本木へ・・。

友人がジャズバーでライブをすると言うので聴きに行って来ました。

その友人は放送局勤務の傍ら、趣味が高じてジャズボーカルのレッスンを受けるようになり師匠と共に数カ月に一度ライブをするまでになったとの事。

六本木の繁華街から少し離れたビルの二階の小じんまりした店で、入る時は緊張しましたが友人が笑顔で迎えてくれて、会うのも暫く振りとあって、開演前の10分位話してからいよいよ・・最初は歯医者さんという素敵な女性が二曲をベースにピアノにドラムのトリオの伴奏にスタンダードナンバーを歌い、次に友人が・・。

元々渋い低音なのでボーカルは向いていると思ってましたが、緊張しながら歌う姿も板に就いているとは言えないまでも決まっていてました(*^-^)

そしてトリの師匠であるプロの女性ボーカリストは流石に盛り上げます聴かせます!!

一回目のライブが終わり、友人と彼の同僚の方に友人の方と共に美味しくお酒を御馳走になり楽しく過ごして二回目のライブも聴かせてもらい心地よく唄にお酒に酔いました。

私もジャズは往年のビックバンドのスゥイングが好きで昔はトランペットをしたいと思いましたが実父に許されずに・・・(ノд・。)

では歌はといっても音痴なので、やはり聴く方があっているようです(^-^;

歌う姿に打ち込める趣味があるっていいと思いました。

私と言えばお洒落に打ち込みすぎるのですが趣味と言えばそうなのかと・・そして落語も専ら聴く方なので自分でする趣味も一つくらいあってもと思ったのでした。

話は戻って同僚の方と友人の方も気さくで良い方で、時間も忘れて気が付けば午前様に・・。

少し今朝は酒が残っているようですが、楽しく過ごせてワイフも目くじら立てずに良かったです(*^-^)

Img

2011年11月21日 (月)

物作りとして見て学ぶと言う事。

ご新規様よりご注文頂き『これを見本にね。』と印影や現物を原稿に押していただいたり現物をみせて頂く事があります。

その時思うのはお客様は当然、お手持ちの物と同等の出来を期待している訳ですから、作り手としては同等以上を目指そうと気を引き締める訳です。

他所のスタンプをみせて頂けるのはチャンスだと私は捉えています。

字配りからゴムの厚みや彫りの深さ・・色々と勉強になり、参考にしますが、あくまでも参考であり真似たり盗んだりする訳でなく後は自分の腕とやり方でより良い物を作るための研鑽にしています。

見て学ぶと言う事でヒントももらえるし、時には自分の未熟さも思い知らされますが手職として其処から得るものは多いのでチャンスなのです!!

そしてご注文頂いた品物にしっかりと自分作ののスタンプとしてどう生かすかです。

評価されるのはお客様。

満足いただけなければ何かが足りないと言う事で出直し!! ご満足いただけたらそれで良しでなく常にそうあるようにまた研鑽してこそ良い物作りになれると・・。

私自身は振り返る余裕もない道半ばゆえに手探りで腕を上げられればと。

親からのお仕着せ家業であっても、御代を頂きお客様に食べさせて頂くからには感謝の気持ちで取り組み、『苦言も褒め言葉も身の肥やしとして有難く頂け』と私の実の父以上に尊敬する親方の教えを思い出し苦闘しながらも良い品物を届けたいものです。

ハンコに限らず物作りは奥が深く、道は長いと今更ながら感じています。

『自由も認められずとんでもない稼業の家に生れた(笑)』とも思いますが・・[ありがとう!!]とお客様に笑顔で言われた時に[こんな自分でもお役に立てた]という仕事をさせてもらえた感謝と喜びがあればこそやっていけるのが物作りかと。

世の中便利になってスタンプも出番は昔ほど回ってこなくても便利なツールとして、それを作るものとして学びながら役立てればと。

Photo

       お陰さまで創業50年!! 町のスタンプ工房。

                         (有)清山堂製印所

                      ☎03-3712-9142  fax03-3791-7769

                                     seizando@chive.ocn.ne.jp

                ハンコの事ならお気軽にご相談ください。私が承ります。

         Gomin_2 

2011年11月16日 (水)

物作りエレジー。

日本は物作りの国なんて言われますが、物作りといっても様々なれど大方の中小町工場は[下請け]として物を作っていて私の工場もその一つです・・。

元請けさんが営業してユーザーさんより仕事を集めてきてくれて仕事を回してくれるのは有難い事で、それゆえに納期も夜なべしても間に合わせて価格も元請けさんの営業努力に値するよう譲り互いに利益を分かち合うという[持ちつ持たれつ]が昔からの間柄でした。

それがいつからか大手企業をはじめとして元請け企業の下請けに対するスタンスに変化がでてきて大きく出るようになり不況下においては[俺達が仕事持ってきてやってるから成り立つんだろ!!]と自分の利益を少しでも多く得ようと下請けに無茶な価格を当然のようにゴリ押しするようになってしまいました。

元請けさんが意地悪いのでなく、競争社会の激化と物の値段が安くて当然の時代となってはそれを呑みこみやっていかないと生き残れないのでしょう。

下請けの物作りとしては懸命にそれについていくしかなく、物を作るには材料が当然いりますし石油の値上げなどに伴い原材料費が上がっても卸価格に転嫁できず昔と同じだけ仕事したとしても昔と同じ利益は取れずにという悪循環に苦しむ所が何と多い事かと。

ならば一層、直接ユーザーに売れこめばと言っても昔からの流通形態として元請けが持ってきた仕事を請け負い物を作り納めるが我々物作りの本分となっていたゆえに昔ほどうるさくなくなったとは言え未だに存在していて工場だけならいざしらず店でも出そうものなら元請けから嫌みを言われたなんて言う話は数知れずです・・・私も言われましたから。

それに物作りの悲しさか、営業活動は元請けさんに任せて仕事を貰ってきたので物は作れても売り込みに不慣れというウィークポイントが・・・。

それを克服して営業努力が功を奏して小売部門でも発展した町工場も多く存在するのも事実で工場が小売をしていけないという決まりもないのですから。

理想かも知れませんが元請けさんからの仕事も昔ながら大事にしながらも、営業努力で小売も並び立たせていければと。

物作りとして卸であれ直売であれ、誠心誠意に良い品物をお届けしてきた訳なので元請けさんの競争に晒された大変さは私も営業現場に出ていて痛いほど分かりますが互いに利益となるように歩み寄ってほしいものです。無理なコストダウンの要求やらで泣くのは常に下請け町工場であり大手元請けに隷属しないといけないのかと・・。

幾らそれを法で保護しても産業構造に下請け泣かせの土壌が出来あがっていて無理もあるようです。

亡き両親が、

『仕事を出すからと何言ってもいい訳はない!!無理を押し付けて当然という態度は慎むべき』と言ってましたが買い手市場の今となっては虚しく聞こえます。

士農工商で農民や職人は物を作り供給するから上で、商人は物も作らず右から左で儲けだけ得るから下賤ということで農工の下に置かれたとか・・・。

そんな時代錯誤な蔑視は今はありませんが、逆に工である物作りが一番時代に翻弄されて抑えつられているのは皮肉に思います。対等に扱ってほしいものです(-ε-)

物を作る人がいてそれを売る人がいて互いに感謝の気持ちで取引して利益を分かち合うもうそんな時代でないのかと・・。

2011年11月14日 (月)

気持ちがホッカホッカに安らいだ週末。

11月も早くも中盤に・・・。

週末は土曜は二女の学校で学芸会があり家族で鑑賞してきました。

二女達の学年の出し物は[時間泥棒と子供達] [モモ]をベースの劇で娘は子供達の一人の役でしたが、緊張しながらも堂々と演じていて親バカにもビデオを回しながら少しウルウルきてしまいました(ρ_;)

娘に限らずどのお子さんも主役、その他大勢に関わらず直向きな演技がといも可愛らしく楽しく観る事が出来て癒され私の母校だけに自分が舞台に立った時を思い起こしたりで同じく卒業生の長女も聞くと同じ思いだったそうです(*^-^)

その長女を温かく迎えて下さり成長を喜んで下さった先生方にも感謝です(゚ー゚)

夕方からは親友の森君と暫くぶりに飲みました。最近鬱気味で塞ぎこみがちだったので色々と話しを聞いてもらい励まされました。

彼も色々と壁に当たりながらも名の通り己の力で克服してきただけに一言一言が私の良きも悪しも知ってる間柄だけに親身になってくれてお陰で力づけてもらいました。

翌日はお向かいの奥さんが大事に育てているお花をお供えにと届けて頂き、さり気ない思いやりに家族で気持ちを和ませて頂きました。

夜は業界団体の会合でザックバランに打ち解けて話せて楽しく過ごせました。

この週末は子供達に親友に御近所さんに業界の支部の皆さんとの温かな触れ合いに鬱々していた気持ちを温めてもらい暫く振りに名古屋の友人にヤマちゃんからもメールを貰い気持ちがホッカホッカに安らいだのでした。

今週も自分なりに前に進みたいと思います。

皆さんありがとうございました(◎´∀`)ノ

Img_2250

Img_2259

2011年11月11日 (金)

三遊亭京楽師匠の落語会。江戸幸、年末公演のお知らせ。

今日は寒いです!! 12月半ばの寒さとか・・。

12月というと忘年会やら色々とご予定もおありかと思いますが、[江戸に幸福力を学ぶ会]主催の落語会で笑い納めなど如何ですか?

大感謝スペシャルの今回は、会の顔である三遊亭京楽師匠をはじめ落語三席に講談そしてこの春に襲名した二代目江戸屋小猫さんの動物モノマネと盛りだくさんに楽しめる内容となっています。

テーマは[ここに幸あり!]

東日本大震災という未曾有の災害に見舞われた年だけに、来たる年は復興が進み再び幸せの笑顔が広がるようにとの思いを抱きながら、[笑門来福]とアットホームな手作りの落語会で年の瀬の一日をご一緒できたら幸いです。

終演後は京楽師匠はじめ演者の方達を囲み楽しい懇親会も組まれています。

会の詳細やお申込みは下のチラシもしくはサイトをご覧ください。皆さんのご来場をお待ちしています。

http://ninjyou.com

江戸に幸福力を学ぶ会

13chirashi

2011年11月10日 (木)

亡き母の誕生日・・。

今日は亡き母の誕生日でした・・。

母が生まれたのは昭和天皇の即位の大礼が行なわれた日だったとかで[御目出度い日に生れた]と笑ってたのを思い出します。

その御目出度い日に生れた母ですが苦労の連続の人生だったと思うと切なく思います。

父親をやはり早く亡くし、下の兄弟を養う為に早くから働き世帯を持って私が生まれてからも・・。

仕事に家事にと働く姿の母の姿が思い起こされます(ρ_;)

今日、営業で渋谷に出てたので御土産として買って帰ると喜んで食べてくれた洋菓子屋さん『銀のぶどう』でクッキーを買い供えました。

買って帰ると喜んで食べてくれた笑顔を思い出し懐かしくも物悲しくも思うのでした。

親孝行より親不幸ばかりの不肖の息子の私がせめてもの罪滅ぼしで御土産を買う程度の事しか出来なかったのは悔いばかり残りますが、家庭を持ち孫を抱いてもらえたのが救いかと・・。

今夜は御供えしたクッキーを御風呂上がりに家族でお下がりとして頂きながら子供達に母の話でもしようと思います。

風も冷たくなってきて良い歳したオヤジが恥ずかしくも母恋しく思う日でした(゚ー゚)

Img_2245_2

2011年11月 8日 (火)

電機ノコギリ・・コレ使う時は常に恐怖です。

ゴム印作りの作業の一つに台木の裁断があります。

ゴム印は注文生産品だけにお客様のご希望の大きさ・幅で作るのにゴムの大きさに合わせるのに台木を電機ノコギリで裁断する作業です。

高速回転するノコギリに台木を沿わせて回転速度に合わせて押し切るのですが指が流れてノコの刃に触れると事故に(。>0<。)

私もあります(。>0<。)

Img_2216_2

ノコギリの他にサグリと言って台木の腹に凹みを付ける為の回転するU字型の刃で台木の腹をえぐるのですがコレが回転圧力に負けずに台木を抑えて押すのですがコレが当たると指は飛びます・・。

私も当てた事があり指先の肉ははえぐられ短くなったものの指は飛ばずに爪も無事でした。

Img_2227

正直、怪我する前からこの作業は嫌いでした・・・今でも仕方なくしていても慣れるでもなく常に恐怖心との戦いです。

台木がゴムより長過ぎたり短かったりでは商品として当然出せないので今でも刃ギリギリのところまで指を地下づけて裁断する時は集中して刃の回転に巻き込まれぬように力が入ります。

電ノコと言うと思いだすのが長女が幼い時・・・母が亡くなる前でしたが母の膝に抱かれた長女が私の作業を見て・・。

[大きくなったらそのガーッっていうのやるね!!]と自分がやると笑って言うと空かさず母が。

[○♡ちゃんはこんな危ないことしなくていいのよ。]と目を細めて優しく言うので・・。

[息子にはさせても孫にはさせたくないってか?俺もさせたくないからまっいいか。]

と苦笑いして言った事がありました。

母は『よく覚えたもんだ・・この作業は出来るならさせたくなかったんだけど』

そう言われた事も・・・私も覚えてますが実父も怪我した事がありそれだけに心配だったようです。

私がやった時は母は亡くなった後でしたがワイフが蒼ざめていたものです。

とある工場の親方が・・[小売は楽だよな身体張らずに俺っちが汗と血を流したのを品として右から左で儲けりゃいいんだから]と言いましたが確かに怪我するとその通りにも思えます。

出来るなら避けて通りたい作業ですが・・・これも因果か食べていく為には避けて通れないのでその都度気を付けて取り組みます。

本気で怖くなって作業出来なくなれば手職として潮時なのだと思いながらも、まっすぐでバランスの良い台木を作っていきたいと・・・生まれは選べないと言いますが身を持って実感するこの稼業です(笑)

 私達は単なる販売でなく製造販売です!! お陰さまで創業50年

               (有)清山堂製印所

            ☎03-3712-9142  fax03-3791-7769

                         seizando@chive.ocn.ne.jp

               Gomin_2 

 

2011年11月 7日 (月)

チック症の対処方の記事に少し救われ。

夏の終わりからチック症が頻繁に起きるようになり悩ましいです(ρ_;)

私の場合は電車やバスやエレベーターの中で顔が小刻みに震えだして手汗が滲んだりするのですが、変な人に見られているように他人の視線が気になったりと自分が情けなくなる以上に一緒にいるワイフや子供達に申し訳なくなります(ノω・、)

どうした訳か家でリラックスしている筈の食卓にも関わらず出る事も・・。

そんな時もワイフは気にしないように言ってくれて、先日私が見落としていたチック症に関する新聞の切り抜きを見せてくれて・・。

それによるとチック症は緊張が高まったりすると筋肉が収縮したりしてコントロールが効かなくなる謂わばひやっくりのようなものだと。出そうで不安な時の対処法も書かれていて、ヘッドホンステレオで音楽を聞くとか本を見たり何かお守りのような物を持っていて握るとか気分転換を試みると言うような対処法も書かれていて5人に一人の割合で症状が出る人がいるという事も知りました・・。

そして周囲に正しく理解してもらう事が大切だと・・。

家族友人は理解してくれますが、外ではそうもいかない事も。ハッキリと訝しそうな視線を送られて凹んだ事もありました・・。

そうなると鬱々して一人で電車バスに乗るのも引けてしまい人と会うのも億劫に思う事もありましたが、それでは仕事にも支障が出てはマズイので訓練のつもりで敢えて一人歩きもしたりしていますが・・どうしてこうなってしまったかと落ち込みもします・・。

それだけにその記事を読んで少し救われた思いです。

余り思い込みすぎず肩の力を抜けるようになればと思いました。

『消防博物館』へ行って来ました。

昨日の日曜は二女と二男とワイフと四谷にある『消防博物館』へ出掛けました。

消防自動車が大好きな二男のお気に入りスポットで、地下鉄丸ノ内線[四谷三丁目駅]下車スグで地下からも入場できるので雨にも濡れずには入れてしかも無料です。

江戸期の火消しから現代までの消防の歴史から防災をアニメ映画で学べたり、古の消防車に消防ヘリコプターまで展示されていて、子供も大人も楽しめます。

昨日は『江戸の定火消し』をテーマ展示で、江戸の火消しの装束から、道具に絵巻といった資料から浄瑠璃に仕立てたビデオでの解説もあり、二男は法被に纏いを持って小粋な江戸の豆火消しになってご機嫌でした。

Photo_3  Photo_6

いつものお気に入りは屋外と屋内に展示してある消防ヘリコプターの搭乗です。操縦桿を握って気分はお姉ちゃんと共にパイロットです(v^ー゜)ヤッタネ!!

耐火服にヘルメットで消防士さんに変身してポンプ車に乗り込み出動も体験!!

Photo_7  Photo_9 

その他アニメ映画で火の用心を学んだり、最上階で四谷界隈の景色を観ながらお弁当を食べたり楽しく過ごしました。

私も地下に展示されている貴重なボンネット型のクラシックカーの消防車にも会えて童心に戻って子供達と楽しめた日曜でした

乗り物好きのお子さんだけでなくお父さんにもお勧めスポットです(・∀・)イイ!

Photo_10

2011年11月 1日 (火)

今年も年賀状印刷の季節が来ました。

今日から11月、今年も2カ月となり年賀ハガキも発売されました。

例年同様に私共も年賀状の印刷を承ります。

今や専門業者に限らずスーパーやコンビニまで受け付けていますが、専門店ならではの出来栄えとサービスでお客様に喜んで頂きたいと思います。

サービスの一例です。

① イラストと文面は文例以外にもお客様のお好みで入れ替え出来ます(無料)

②宅配も承ります。(近隣は配達、郵送も承ります。)

来年は辰年!! 力強い龍のイラストを揃えてお客様をお迎えします。

Img_2165

Photo

Photo_2

☆11月中に御注文の方は20%引きで承ります。

     信頼をハンで押して半世紀!!

    (有)清山堂製印所

    ☎03-37129142  fax03-3791-7769

       seizando@chive.ocn.ne.jp

   

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31