無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 『消防博物館』へ行って来ました。 | トップページ | 電機ノコギリ・・コレ使う時は常に恐怖です。 »

2011年11月 7日 (月)

チック症の対処方の記事に少し救われ。

夏の終わりからチック症が頻繁に起きるようになり悩ましいです(ρ_;)

私の場合は電車やバスやエレベーターの中で顔が小刻みに震えだして手汗が滲んだりするのですが、変な人に見られているように他人の視線が気になったりと自分が情けなくなる以上に一緒にいるワイフや子供達に申し訳なくなります(ノω・、)

どうした訳か家でリラックスしている筈の食卓にも関わらず出る事も・・。

そんな時もワイフは気にしないように言ってくれて、先日私が見落としていたチック症に関する新聞の切り抜きを見せてくれて・・。

それによるとチック症は緊張が高まったりすると筋肉が収縮したりしてコントロールが効かなくなる謂わばひやっくりのようなものだと。出そうで不安な時の対処法も書かれていて、ヘッドホンステレオで音楽を聞くとか本を見たり何かお守りのような物を持っていて握るとか気分転換を試みると言うような対処法も書かれていて5人に一人の割合で症状が出る人がいるという事も知りました・・。

そして周囲に正しく理解してもらう事が大切だと・・。

家族友人は理解してくれますが、外ではそうもいかない事も。ハッキリと訝しそうな視線を送られて凹んだ事もありました・・。

そうなると鬱々して一人で電車バスに乗るのも引けてしまい人と会うのも億劫に思う事もありましたが、それでは仕事にも支障が出てはマズイので訓練のつもりで敢えて一人歩きもしたりしていますが・・どうしてこうなってしまったかと落ち込みもします・・。

それだけにその記事を読んで少し救われた思いです。

余り思い込みすぎず肩の力を抜けるようになればと思いました。

« 『消防博物館』へ行って来ました。 | トップページ | 電機ノコギリ・・コレ使う時は常に恐怖です。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/42914820

この記事へのトラックバック一覧です: チック症の対処方の記事に少し救われ。:

« 『消防博物館』へ行って来ました。 | トップページ | 電機ノコギリ・・コレ使う時は常に恐怖です。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31