無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 筋肉痛・・歳を感じる時。 | トップページ | 印箱の納品。受注時の摩訶不思議なエピソード。 »

2011年12月11日 (日)

出石尚三先生の『小さなおしゃれの会』に参加しました。

昨夜は原宿でファッション評論家で作家の出石尚三先生の『小さなおしゃれの会』に参加してきました。

先生の著書は昔から着こなしの参考にして頂いてます。

昨夜は[プロブエ]という知る人ぞ知る通の古着屋さんが会場で総勢20人位が集まり、アパレル業界の方に私のような服好き人間らしき方も参加していました。

初めてお会いする先生は若々しく素敵な着こなしでピンクのネクタイと足元の白のウエスタンブーツがとても恰好良かったです(*^-^)

ワインと手造りのサンドウイッチを頂きながら、お話をうかがいました。(長野ヌーボという絞り立ての濁ったワインがどぶろくのようでぶどう本来の香りもあってサンドイッチともマッチして美味しかったです!!)

御挨拶に乾杯の後に聴いた先生のお話は古の英国国王で今も名高いファッションリーダーの『ウィンザー公』のお話に始まり、私の着こなしの参考とする古の名ダンサーで俳優のフレッド・アステアと公の交流に服にまつわるエピソードなど貴重なお話でとても楽しく聴かせて頂きました。

またとても感慨深かったのは昔の背広の裏地のお話でアルバカの裏地は今の化繊の物と擦り切れると違い擦り切れるのでそのたびに裏地を取り替えたと言う古の粋な洒落者の話。

英国のジョンプル魂というか大切に着ると言う事でしっかりとエコだったと・・私も手持ちのスーツをより大切にしようと思いました。

本当にその他も色々とラルフ・ローレンの話もあり、私だけでなく参加された方一様に先生の興味深い話に聞き入りあっという間の時間に・・。

終わりに先生直々に二次会にお誘い頂けたので嬉しかったのでしたが、皆既月食の観測を家族でと子供達の約束もあり今回は失礼する事に・・。

快く記念撮影にも応じて頂き記念すべき一夜になりました(*^-^)

服大好きの私にとって、若かりし頃から憧れていた服飾業界の方々のお話もとても興味深く帰りに少しお話しさせていただきながら家業に阻まれ果たせなかったものの先生のお話を聴く機会に恵まれて業界の方々とも交えて頂き少しだけ果たせたような満足感も。

今回は緊張して質問も出来ませんでしたが次回は先生はじめ皆さんと服飾談義に加えていただきたいと思いました。

Photo_2

« 筋肉痛・・歳を感じる時。 | トップページ | 印箱の納品。受注時の摩訶不思議なエピソード。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/43339474

この記事へのトラックバック一覧です: 出石尚三先生の『小さなおしゃれの会』に参加しました。:

« 筋肉痛・・歳を感じる時。 | トップページ | 印箱の納品。受注時の摩訶不思議なエピソード。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31