無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

幾らなんでも「見せしめ」は許されるのか? 

先日来、お笑い芸人の河本準一さんが母親を扶養するのに充分な収入を得ているにも関わらず生活保護をつい最近まで受給されていた事を片山さつき議員に実名で挙げられて謝罪するに至って以来・・生活保護の不正受給や社会保障制度についてニュース番組やワイドショー等で色々と話されています。

ある意味この事で不正受給とか生活保護制度の問題点やらに世間が注目したという点では片山議員の狙い通りだったと言えるかもしれませんがやり方としてはどうかと思いました。

確かに母親を扶養できるのに生活保護を受け続けていた河本さんに責めは免れないし、本当に事情があり働くこともままならずに命綱として糧とされている方に対しても、納税者に対しても失礼極まりないのですがだからと言って個人情報を晒されて一人やり玉に挙げられたのは気の毒にも思えました。

高収入を得ながら親の扶養もらずに血税から出される生活保護費を受け取らせている売れっ子の芸能人!!として世間の耳目を集められるし叩くにはもってこいの「見せしめ」となってしまったと・・・。

非は非としても世間に問題定義の為に顔の売れた有名人だからという事でも一市民なのだから一市民とその親族の事案を政治家が国政の場で取り上げて叩くなど許されるのかと。

権力の乱用とも取れて恐ろしい事だとも感じました。

この問題は議員の行動についても賛否両論だとか・・・非があった事は事実でも相手の知名度を政治的に利用したとしか見えず、人として一個人を貶めたことに変わりなくもし計算だけで躊躇もせずに行動に出たのなら人間性を疑います・・・。

生活保護費も血税なら、政治家たる者受け取ってる高額な歳費も血税である事をは同じ出所である事をわきまえ一市民をやり玉に挙げず自らが襟を正して欲しいものです。

2012年5月26日 (土)

長女の中学の運動会。

今日は晴天の中、長女の中学の運動会でした。

去年、一昨年と雨で延期となり中学生活最後の運動会がようやく晴れて通常開催になって良かったです(*^-^)

私の通っていた母校でもあり、在校時は子供さんも大勢で賑やかだったのですが少なくなり三年後には隣接中学と統合される事になっています。

卒業生としては寂しいのですが少子化の今は仕方ないのでしょう・・・。そういった事もあっつてか子供達の溌剌とした若さあふれる競技を見ながら懐かしい思い出が過ったりしました。

私も父兄の競技に出たのですが組み込まれてるエグザイルのダンスが上手く踊れず直前までレッスンを受けることに・・・同級生のPTA会長にも手解きを受けたりとダンスのセンスゼロだと思い知りました(;´Д`A ```

まぁボケ役は昔からの事でそれはそれで他のご父兄とともにムカデ競争もダンスも楽しめて、昔仲間たちとともに競技した同じグランドで親として参加できたのはこれまた良い思い出となり良かったです(^-^;

肝心の我が長女は私に似てか運動音痴ですが、仲間とともに楽しそうに過ごしているのが嬉しく思えました。

結果以上にそれこそが大事なのだと。

全競技が終わり表彰式に閉会式・・・懐かしい校歌の合唱に私も思わず口づさみました。

校旗降納では後3年で校名が変わると思うとコレまた寂しさが。

統合されて新しい環境で子供たちが楽しく過ごせればそれはそれで喜ばしい事と思いながら私も通った道を家路に・・・。

帰宅した長女にダンスの感想を聞くと笑顔で「ヘロヘロだった(o^-^o)」えっΣ( ̄ロ ̄lll)

まぁ仕方ない・・・・自分でもそう思うのでダンスを甘目に採点してOKくれた審判のご父兄に感謝ですo(*^▽^*)o

Img_2899_2




2012年5月22日 (火)

上から目線・・。

よく[あいつは上から目線だから・・。]と話に出るような上から目線と言う言葉があります。

どういう訳か私は昔から言われやすい質のようで聞いていてそう思う事もあるものです・・。

上から・・・これは仕事上の立ち場、上司と部下・元請けと下請け、店員とお客様・・こういったハッキリした立ち場だと割り切りながらも余りにも度が過ぎるとその人自体の人間性まで疑わしく思われてしまうもののようで気をつけないとと思います。

先日とある人との話の中で立ち場的に優位だからと度が過ぎた言い方をする人は怒りよりも[可哀想な人]と憐れみを感じてしまうという話に確かに自己の立場を優位にするために人を必要以上に踏みつけにする言い方しか出来ない悲しい人なのだと・・。

上から目線の人って・・・順風満帆で自信を漲らせてる人だけでなく、逆にコンプレックスを持ってる人にも思えます・・。

コンプレックスの裏返しでそういう態度に出てしまったりするのではとも思われ、それこそ哀れな人なのかしれません。

私自身も背が低い事と好きな仕事でない職業である事がコンプレックスで、それを覆い隠す為に必要以上に身なりに神経を遣ったりと小さな体ゆえにそれをカバーしようと下手すれば横柄にみられるような態度になってしまうことも多々あり他人様の事ばかり言えません・・。

今、保育園の父母会長として最も気を付けないとと思っています。

周りの役員さん達は不器用な私を立てていただき、忙しいところを色々と動いていただき私の気の利かない面を様々に補っていただいてます。

人間怖いもので少しでも慣れてくると、それが当たり前に感じ自分が上に立っているような勘違いを起こしてそれが態度や物言いに現れてしまう事も・・・。

私自身、そのタイプと思うので充分に戒めて努めたいものです。

会社という組織でも社員が汗を流して働いてくれている上に守られているのが社長であり、自分が上手く人を使ってるなどと過信して尊大になるのは如何かと・・・。

私の気に入らない父も言ってました。

「人を使うということは使われている事であり養ってもらっている事を心得て接しないといけない・・。」

確かに父は威張るわけでもなく気配りもキチンとしていたと思います。

「人間増長して人を踏みつけにして言いたい放題、したい放題で威張るのが一番醜い姿」

と父親以上に尊敬する親方からも教わりました。

表向きは成功して顔も広くヤリ手と一目置かれてる・・・然し人となりの評判は芳しくない。良く聞く話ですが・・心から尊敬を集められないような態度をとってるからなのでしょう。

コンプレックスを隠すためであれ、、増長した結果であれ醜いのだと・・・。

但しすべてがそうでなく上司や取引先から、友人・先輩からにしろ上から目線の物言いに聞こえても・・こちらの事を親身になって説き叱咤激励のための強く厳しい諫言は有難い良薬の事も。

その時は凹まされてもじわりじわりと心に沁みわたるもの・・・・そういう人ってキツイ人でも慕われてたりするものです。

それは口調は上からの物言いでも中身は馬鹿にしてるわけでも踏みつけてるわけでないのが分かるから沁み渡るので幾度も助けられたことでしょう。

人との接し方が不器用なだけに色々と悩みます。

上から目線にはなれないなー・・・・。だって周りは私より背が高い人ばかりなので(;´Д`A ```あっそれは目線でなく視線でした!!失礼しましたm(_ _)m

2012年5月19日 (土)

「小さなオシャレの会」六本木ヒルズでの素敵な夜。

昨夜は「第三回 ちいさなオシャレの会」にお邪魔しました。

場所は六本木ヒルズのビューティープラザ、会場の窓からはテレビ朝日を眼下に東京タワーのイルミネーションと夜景も楽しめるこういった事でもないと見せていただけないお洒落な場所でした。

120518_200401

仕事が中々切り上げられずに、駆け込みでご挨拶もそこそこにワインで渇いた咽を潤させていただき服飾評論家、出石尚三先生のトークショーで興味深い話を聞けました。

ゲーテの老いらくの恋に始まり乗馬服からラウンジースーツの広まり・・・そして印象に残ったのは昔この地で地位も立場も違うお歴々が集い獅子の会が結成されたというお話で「部屋の中でパソコンにしがみ付くだけでなく外へ出て色んな人と交流することが大事」と締めに仰られたのがとても印象に残りました(゚▽゚*)

私も生来の不器用ゆえに、ことに長男を亡くしてより人との関わりが億劫になっていたのがここ数年ようやく色々と加えていただける場所に少しづつ出かけるようになり、人と会ってお話しを伺うことで仕事のみでなく色々とヒントも頂いてるだけにこれからも無理のない程度にそうありたいと思ったのでした。

先生のトークショーに続いてのサプライズは東洋のバイオリンと言われる中国の楽器、二胡の演奏を聞かせていただきその澄んだ美しい音色はとても素晴らしかったです。

二男から風邪を移されて治りがけだったせいか少々酔いも早く回ったのでしたが・・・

120518_194601

120518_201602

演奏の後はビューティプラザのバルコニーで大都会の風を受けて酔い覚ましと夜景を楽しみながら先生はじめ以前の会でお会いした方や初めてお会いする方達と交歓させていただき、お洒落なビアレストランに場所を移して楽しくファッション談義に花が咲いたり、ここでも素敵な出会いがあり夢のような一夜でした。

私自身の服飾業の夢は家業の壁の前に成しえなかったものの、出石先生はじめ業界の方たちはじめ、ライター、映画監督といった多くの方たちに交えていただきお話しを伺いヒントも頂き自分のポジションで生かしていきたいと思えたのでした(゚ー゚)




2012年5月15日 (火)

父母の会連絡会総会へ・・・・。

土曜日は、区の公立保育園の父母会で構成される[父母連・総会]へ出席しました。

初めてと会って緊張も高まり、いざ会場へ・・・・。

定刻通りに始まり、資料に沿ってトントンと進みます、実は4月に幹事会があつたのを連絡の取り方がわからずスッポカす形になっていて総会が初めてということでしたが、他の園の方も同じような話してるのが耳に入り安心も・・・・。

議事もトントンと進み、私は質疑応答のコーナーで宿題ともいえる父母会で抱えてる課題について他の園の対応を質問・・・・けっこう度胸がいりました\(;゚∇゚)/

やはり同じ課題を抱えている園もあり、対応策を聞くことが出来たので持ち帰り、諸役員の方達の意見を伺い会長としてベストの対応が出来ればと思ったのでした。

総会に続いての講演は題からして父母会運営についての話と思いきや民営化阻止運動の経緯についての行政に対してのこう向き合った!!という話で題とはかけ離れていて正直ガッカリしました(;;;´Д`)

確かに保育環境を良い環境でという気持ちはわかりますが、すわ行政に対して団体交渉というのも如何なものかと・・・。

こういった運動は加わりたくない父母も多いわけで、同調しないと気まずい空気になり軋轢をともない拠っては父母会自体が親同士の横の繋がりといった本来の趣旨から行政に対峙する政治的な集まりの色合いに染まれば父母会活動が近寄りがたくなるのが怖いと。

今回も政府が打ち出した「総合こども園=新保育システム」に対しての運動気運を啓発するような話にもなり・・加盟保育園、父母会の会長として気重になりました。

ただ人に恵まれていて副会長はじめ役員の皆さんが私の至らない処をホントにフォローしていただいてるので独断で事を進めずに意見を聞きながら進めたいと思います。

そして最後は会長として自分が責任を取る覚悟で、風通しの良い父母会環境を維持できたらと思ったのでした。

2012年5月10日 (木)

ゴム印はじめ工業製品の流通形態の変化。

皆さんはゴム印や印鑑をお買い求めになる際は何処で買われますか?

昔だったら印章店、文具店が企業や学校に出入りして注文を取り、下請けの工場で作った物を納めるという流通形態が大半でした。

今はインターネットの普及で情報が得られやすくなり、ネット通販で日用品から洋服まで様々な品物が購入できるようになり変わりつつあるのは御存知の通りです。

ゴム印・印章も例外でなく多くの業者がネット販売に参入しています。

こうしてブログを利用して製造業者である私が製品の紹介をさせていただきご注文もいただくようになり、今や仲卸し業者を通してユーザー様に届ける時代でなくメーカーが直接ユーザー様に販売する流通形態が主流となりつつあると思います。

その方が当然、我々作り手としても小売業者に中間搾取されないので価格面でユーザー様へサービス価格でお届けできお客様にとっても経費削減のメリットも大きいのです。

特にゴム印、印章は注文生産品。

ユーザー様から中間業者が受注の際に希望を細かい部分まで汲み取れず工場に流すために工場で原稿を確認の際に連絡不備に気付いて中間業者に問い合わせるの事も・・。

ユーザ様→中間業者→工場→中間業者→ユーザー様・・・・・その逆ルートでようやくお客様のご希望が我々に届き正確な製品を作るまで確認作業だけで二度、三度と連絡作業により発注するユーザー様にもお手間となるうえ時間を浪費してしまい納品まで時間もかかります。

製造直販ですとメーカー→ユーザー様ですから当然上記の手間もなく作りのプロですからきめ細かくお客様のご希望を伺い的確な商品をお届けできるのです。

是非ともゴム印や身近な工業製品は製造工場へお任せください!!

☆私達はお客様と共により良いスタンプを作ることでお役に立たせていただきます。

☆サンプルもカタログも取り揃えて受注から納品まで直接伺います。

☆ネット業者と違い、お客様とお会いして声を聞いてが営業の基本です。

Photo

 

    どうぞ安心してお任せください!! 町のスタンプ工房として50年。

            (有)清山堂製印所

                   ℡ 03-3712-9142  fax 03-3791-7769

                        seizando@chive.ocn.ne.jp

2012年5月 7日 (月)

六郷用水路をブラリしました。

今年のゴールデンウィークは近間でのどかな処と探していたら電車で10分の処に発見。

4日に行きましたが雷雨に遭い止む無く翌日に出直したのでした。

東急目黒線、多摩川駅から歩いて5分・・中原街道の下のトンネルをくぐると新緑が眩しい小路が現れて水路には澄んだ水面に鯉が泳いでいます。

544695_282349195187610_1000023759_2

523016_282349601854236_100002375961


子供達も大喜びで水路沿いをゆっくり散策しましたhappy01

36622_282353415187188_1000023759617


小路から丸子橋に出て多摩川沿いを陽光と川風を浴びて・・・。

581060_282350571854139_100002375961

581560_282352695187260_100002375961

帰りは浅間神社に詣でて子供の日とあつてたけくらべです。

実は前日に最初に此処に詣でて用水路散策と思っていたところ階段を降りてしばらくしてポツリポツリと雨が・・やがてゴロゴロと音がしたので駅に駆け込むとザーッと降り出し少しのタイミングで濡れずに済みましたが止むおえず引き上げることに・・。

降り出す前に展望台から多摩川の流れが一望できたのが良かったです。

392538_282351171854079_1000023759_4

524216_282354138520449_1000023759_3


二日間にまたがってしまったもののおかげで小旅行の気分にほんの少し浸れた五月の連休でした。



2012年5月 1日 (火)

長女の親離れに複雑な思いも。

今日から5月・・ゴールデン・ウィークですがカレンダー通りに今日も仕事です(゚▽゚*)

前半の連休は、家内が学生時代の友人と会うので子供を一日預かり街をブラブラしたり家族で 池でボートに乗ったりと近間でのんびり過ごしました。

家族でと言っても以前と違うのは長女が加わらない事が多くなり・・ヤレ友達と約束が、学校の課題の調べものがあるからとかでコレも順調に成長してる証なので良い事なのかも知れませんが寂しいです(;д;)

まぁ無理やり付き合わせる訳もいかず、亡き父に私が縛られ過ぎて関係が悪くなった事もあるので長女の意思を尊重しているのですがたまには共に歩きたいと子離れできずにいます。

子供の頃、連休と言えば家族で過ごしたものでしたが年々友達と過ごすようになり共に行動しないと父が不機嫌だったことを思い出し、一人っ子だけに仕方なかったと親となり少しは父の気持ちは理解できても余りにも子供を縛るのは関係にヒビが入るだけだと父の過ちをくりかえさぬように気を着けています。

過度の干渉しないおかげて何とか長女とは私と父のような事には今のところなってませんが難しい年頃なのである程度は親として行動に注意したのですが距離の取り方が難しくも・・。

学業も自主的に取り組んでるし成績も悪い方でなく生活態度も心配するような行動はとってませんが難しい年頃だけに私がそうだったようにフッとした切っ掛けで道から反れそうにならぬように家庭環境をしっかり保ちたいとも思います。

日々夫婦仲良くと言う訳ではないですが、少しでも明るい雰囲気で子供達も安心して前に進めればと思います。

Img_2816_2

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31