無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 谷中へ行って来ました。 | トップページ | 六郷用水路をブラリしました。 »

2012年5月 1日 (火)

長女の親離れに複雑な思いも。

今日から5月・・ゴールデン・ウィークですがカレンダー通りに今日も仕事です(゚▽゚*)

前半の連休は、家内が学生時代の友人と会うので子供を一日預かり街をブラブラしたり家族で 池でボートに乗ったりと近間でのんびり過ごしました。

家族でと言っても以前と違うのは長女が加わらない事が多くなり・・ヤレ友達と約束が、学校の課題の調べものがあるからとかでコレも順調に成長してる証なので良い事なのかも知れませんが寂しいです(;д;)

まぁ無理やり付き合わせる訳もいかず、亡き父に私が縛られ過ぎて関係が悪くなった事もあるので長女の意思を尊重しているのですがたまには共に歩きたいと子離れできずにいます。

子供の頃、連休と言えば家族で過ごしたものでしたが年々友達と過ごすようになり共に行動しないと父が不機嫌だったことを思い出し、一人っ子だけに仕方なかったと親となり少しは父の気持ちは理解できても余りにも子供を縛るのは関係にヒビが入るだけだと父の過ちをくりかえさぬように気を着けています。

過度の干渉しないおかげて何とか長女とは私と父のような事には今のところなってませんが難しい年頃なのである程度は親として行動に注意したのですが距離の取り方が難しくも・・。

学業も自主的に取り組んでるし成績も悪い方でなく生活態度も心配するような行動はとってませんが難しい年頃だけに私がそうだったようにフッとした切っ掛けで道から反れそうにならぬように家庭環境をしっかり保ちたいとも思います。

日々夫婦仲良くと言う訳ではないですが、少しでも明るい雰囲気で子供達も安心して前に進めればと思います。

Img_2816_2

« 谷中へ行って来ました。 | トップページ | 六郷用水路をブラリしました。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

子供が健全に育つには、夫婦円満が基本だと思います。
その点も、まったく心配なさそうなので、何よりだと思います。good
まだ、二女さんと二男さんが付き合ってくれてるうちが花だね。
子育て期間は、長い方が幸せだと思うよ。confident

円満かどうかは何ともだけど(笑)
知っての通り私の家庭環境は父の横暴で悪かったのでそれを教訓にしたいと思います。

内山さん

ご無沙汰しております。
お元気ですか?
ブログはちょくちょく読んでいるんですが、コメントをなかなかかけず・・。

私は子供がいないので、僭越ながら娘の立場から
言わせてください。

内山さんの様な深い愛情で娘さんを愛している姿を見ると
娘としてうらやましいな。と思います。

私の父親も横暴で、深い愛情を感じたことがあまりありません。
言われたことを理解できずにいると、よく鉄拳がとんできました。

力で押さえつける人なんですよね。なので、内山さんの気持ちがよくわかります。

私自身結婚をし、子供を産んだとしても、父親のことを許せるかどうかはなはだ疑問です。

なので、内山さんがお子さんたちを思う気持ちを見ていると、
涙がときにはあふれてきます。

お子さんたちは本当に幸せだと思います。
内山さんは立派な親御さんだと思います。

スーちゃん暫くです。よく来てくれましたhappy01

おかげさまで元気というか貧乏暇なしです(笑)

私の場合は不器用なので直球勝負で子供たちと向き合うことしかできないのですが・・・。

私の父親も力づくで私も母も押さえつけられたので親となった今でも未だに複雑な思いです。

ただどうしてそうなったのか・・・・父の場合は国に騙され外地に移住して敗戦で夢砕かれた裸一貫から立ち上がった経緯を考えると哀れな男だったと思うようにしています。

決して蔑むのでなく力ずくの接し方しかできなかったのだと・・・。

スーちゃんが家庭を持たれて親になったときに、新しい自分の家族に愛情を注ぐことが自分自身の幸せなのですから・・自分の育った環境の悲しい思いとは別に笑って家族と過ごしてほしいなと思います。

子供のころのつらい思いは引きずるよね・・私も窮屈な思いをしたのでよくわかります。あなたは努力ができる人ですから幸せになれると私は思います。応援してますよgood

私もスーちゃんに立派な父親と言ってもらえて少し自信が湧きました。
ありがとうねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/45092049

この記事へのトラックバック一覧です: 長女の親離れに複雑な思いも。:

« 谷中へ行って来ました。 | トップページ | 六郷用水路をブラリしました。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31