無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 消費税増税法案、中小・零細企業は切り捨てか。 | トップページ | 二女のバースデー。 »

2012年7月 3日 (火)

学童保育に入れるべきか・・。

二男が来春は入学。共稼ぎの我が家として学童保育に入れるべきか悩みます。

というのも長女が通った学童は行政と対決姿勢が強くていささか左翼じみていたのと行事のたびに親が駆り出されて特にキャンプなどは一部役員の親等がが熱くなりすぎて人使いが荒くて二度と行きたくなくなり子供だけ行かすようになった程です。

私自身、歯に衣着せずにそれを言ってしまい浮いてしまった苦い思いもあり、娘は楽しめたから良かったのでしたが意見を言えば主流派から反発と突っぱねられる集団指導体制というかペレストロイカ的体質は受け入れがたいもので、次女が退所したいと言いだし退所したときはホッとしたものでした。

ただし子供達との触れ合いは楽しく随分仲良くなれたという良き思い出もあり、上の学年が下の学年の面倒を見たりと横つながりの「昼間の兄弟」といわれる絆もできるので末っ子で甘えん坊な上に早生まれで一学年下位の幼さの二男には揉まれて成長するうえではいいところかもしれないとも思えます。

私自身は現在保育園の父母会長をしていて同じ保育園の子供達や父兄と再び学校、学童で一緒になってもある意味、父母会活動のお蔭で娘の時よりは気楽に加われるという事も。

どんな団体でも長所も短所も併せ持ってますから一部だけ取り上げて決めつけられませんが悩ましいものです。

聞くところによるとキャンプや諸行事も参加の自由意思が尊重されたり親の負担が軽減されて以前の反省から変な縛りはなくなっているとか。

上は高校に入るは、二男共に一年生で学校のPTAもあり、家内と分担するにせよ夫婦そろって不器用ゆえにどの団体に属すにせよ悩ましいものです。

« 消費税増税法案、中小・零細企業は切り捨てか。 | トップページ | 二女のバースデー。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

お子さんの教育を考えると
道が多すぎて迷うことってありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/46152212

この記事へのトラックバック一覧です: 学童保育に入れるべきか・・。:

« 消費税増税法案、中小・零細企業は切り捨てか。 | トップページ | 二女のバースデー。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31