無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月24日 (月)

彼岸も終わり・・亡き両親を想う。

秋の彼岸も過ぎましたが、我が家の墓所は関東某所の古都の近くなので混雑することもあって彼岸の真っただ中は避けていてこの秋も墓参はせずに仏壇にお萩に酒を備えて手を合せました。

長男を亡くしてからは不憫さの余り、親の供養は後回しでとりわけ実父とは折り合いが悪く私を縛り付けて死んだことで実父の弟である叔父に菩提を押し付けるように供養も忌避したのですが、お盆に彼岸位は仏壇に好きだった日本酒を供えて手を合わせてます。

実父か急死したのが私が27の時、その後苦労した母が亡くなったのが36の時で二人とも老安穏とした老後を過ごすこともなく若いころから親、兄弟を養い、私を育てながらも兄弟の子供の学費や実家の母親の介護費用までも援助したりと働きづめの一生だったと・・。

母が「当たり前程怖いものはない。」と嘆いたくらい、してもらって当たり前の態度でタカってくる従兄弟に伯父伯母達の様を私も見ていて父亡きあとに私もタカられましたから長年に亘りさぞ大変だったと・・。

それでも最期まで応じてたのは戦後の混乱期からそうしてた兄弟思いの気持ちがそうさせたのであったのだと・・・。

着服するは、親類と組んで横流ししても放逐せずに許し・・同族ゆえに部下であっても対等意識が強く両親とも手を焼いたのは大人になり私も痛感したのでしたが・・。

兎に角人柄だけは両親とも悪く言われることはなかったと・・。

テキヤの三下から立ち上がり兄弟を病弱な祖父に代わり家族を養った実父に、母も下の弟、妹を高校大学に行かすために兄と共に働いたという点で同じく苦労人同士た゜けに人に対しての情け深さは強かったが恩も忘れていつしか当たり前になったのは怖いと・・。

実父とはなさぬ間柄であったにせよ、他人に親切にというふた親の教えは大切にしたいと思うのでした。

Img

2012年9月21日 (金)

よく描かれていた町工場「ビューティフルレイン」

日曜の夜にフジテレビで放映していた[ビュティフルレイン]

妻を亡くして男手ひとつで愛娘を育てる下町の町工場の職人が突然に若年性アルツハイマー病に冒され進む病状の中で芦田真菜ちゃん演じる娘との父子愛を軸に親子を取り巻く町工場の社長夫婦に同僚の気のいい職人さんたちが病気を知り二人を励まし支えようとする温かなドラマでした。

真菜ちゃんの可愛い名演に加えてよく出来てると感じたのは町工場の描き方・・・。

社長夫婦と職人さんたちが同じテーブルで食事するシーンを観て子供の頃を思い出し我が家も母が祖母と共に食事を職人さんたちの分まで支度して家族も一緒に食べていたことも。

我が家は職人が同族という事もあったのでしょうが町工場は労使であっても同じテーブルで飯を食い酒を酌み交わすとい大手企業にない人間同士としての触れ合いが根底にあり、どんな癖の強い人間も受け入れ他人であっても家族のように親身に接するのが良さだと。

私の処も従兄弟と伯父がいましたが従兄弟は性格が捻くれて外では務まらなく母の弟に頼まれて引き取ったり、妹婿という事で甘えてミスしてもヘッチャラな自分だけが可愛いオペレーターの伯父に手癖が悪い営業の伯父も普通ならクビにするところを怒りながらも諭し導き放逐はせずに受け入れてました。

551197_334838606605335_1395882385_n

Img_0001_2


そんなことも思い出し共に食事するシーンは懐かしくも思えて・・また町工場の厳しい現実も描かれていて。

元請けの会社から取引価格の見直しと称した半ば強引に値引きを強いられ、折衷案を出しても受け入れられず取引を止められるという下請け工場としての悲哀も・・。

全てが現実的でないにしろ町工場の人同士のストレートな触れ合いは上手く描かれていて町工場で生まれ育ち町工場で仕事する私には映った作品でした。

どちらかというと大手企業でのドライな機械的な人間模様を描かれるドラマが多いだけに人間味あふれる町工場が舞台のドラマは親しみがあり観ながら共感したり涙したり昔を思い出したりと楽しめたドラマでした。

423922_258641114238481_51151881_n

2012年9月 5日 (水)

作る「技」と売る「技」。

大分以前に業界紙に小売団体の役員さんが取材を受けて・・。

「職人に商売は不得手で我々は物作りは不得手だから職人が作ったものを売ることで互いの得意分野をもって物が売れて利益になっている・・・。」 という話が載っていました。

少し悔しく思えながらも全く否定はできないと感じました。

私自身を省みると人付き合いは不器用で営業技術は企業の営業マンには到底叶わずどうすればもっとうまく売り込めるかと考えます。

当然ながらプロとして技を駆使してお客様の要望に沿ったスタンプを作ることで役立たせていただき生活の糧となっています。

そして商人は物は作れなくとも人の懐に飛び込み商品を上手く売り込むのには長けています。個人の資質もあるのでしょうが市場で鍛えられているのはセールスマン(商人)であることは間違いなく、コツコツ物を作ることが本文の職人とは別の技を持っているわけです。

私の知る職人さんでも商才も兼ね備えている人も大勢いて共通してるのは怖じずに人前に出ていけるという事。人の懐に飛び込める性格であるという事です。

作る「技」と売る「技」双方持ち合わせている訳で私も作る「技」のみでなく売る「技」も何とか得たいと思いながら営業活動は勿論ブログにSNSとトライしてますが簡単ではありません。

顧客の同じ製造業の社長が

「機械と向き合うだけでなく人馴れする事だなっ。小売は売るだけで物作りは出来ないんだから俺たち作り手が市場に出て認められれば物作りは強いんだから、お百姓さん、職人さんとさんづけで農業や工業は呼ばれても物売りは商人さんとさんづけでは呼ばれず商人と呼び捨てだろっ、それだけ作り手の方が大切にされてきた証だよ。物づくりの国だけに本気になって商売のコツ覚えりゃ強いと思う俺たち中小零細工場も。」

確かに言われてみると作って売るのか強いのは事実としても、商い側は簡単に市場に作り手を入れないだろうし昔からの小売が注文を集めて下請け工場に回すという流通形態は依然として形付いているのですからそんな柵をぶっ壊して市場に出るには色んな所に顔を出して人と会い商人のように人の懐に飛び込む技も必要だと・・。

実父はそれができる商売上手だったと・・・私も怖じずに色んな所に顔出しして人付き合いの不器用さを克服できればと思います。

作る技と売る技を合わせ持ちたいものです。

Img_2963

(有)清山堂製印所

℡03-3712-9142 FAX03-3791-7769

seizando@chive.ocn.ne.jp


2012年9月 3日 (月)

週末の箱根家族旅行・・・ハプニングも思い出。

九月最初の週末は家族で箱根路を旅しました。

生憎の雨交じりでの初日でしたが、強羅公園をゆっくり散策してホテルの屋内プールで遊び美味しい食事にゆっくりと温泉に浸かりました(*^-^)

箱根は子供の頃に幾度も両親や祖母と訪れ、婚約記念旅行も箱根で長女が生まれてからも一度来ているせいか色々と懐かしくもあります。

雨上がりにホテルの窓から見える山並みに虹が掛かっていてそんな事を思い出したり家内や子供達の笑顔をみていたら不覚にも涙が・・自分は愛されているばかりで果たして家族へどれだけの事が出来ているのか・・こんな亭主に父親を受け入れてくれて有難いと(;ω;)

そんなこんなで楽しくもセンチにも過ごして翌日、朝湯に浸かり雨天で当初の予定を変更余儀なくされホテルの好意で坂の上のバス停まで送ってもらい、タイミングよくバスが来て反対側の屋根の下で待ってたせいか慌てて乗り込んだ後にバス停に忘れ物に気が付いてw(゚o゚)w

次のバス停で私一人降車して来た山道を忘れ物取りにせっせと小走りしましたが遠いこと(@Д@;

歩いてるのは私一人・・・・途中クラクションされて振り向くと反対のバスが停まってくれて乗せてくれて大助かりで確認するとどうやら二停留所進んでたのが分かりました。

到着すると忘れ物のカバンがセーフで安心(^-^;  反対側のバスを10数分待って家族の待つ芦ノ湖へたどり着きヤレヤレで間が良かったのかロスタイムは40分ほどでした。

以前、長女と来た水族館で遊びその後はランチを採り回復するかに見えた天気がどしゃ降りに・・お土産物屋さんで雨宿りしてから、遊覧船で対岸へ渡り、海賊船とすれ違い二男は大興奮で大きく手を振ってました(*^ω^*)ノ彡

当初の予定通りには雨で動けずハプニングもありましたが湖畔でゆっくりお茶飲んだり寛げて遊覧船にも乗れて子供達もご機嫌で良かったです。

旅の帰りは寂しいもの・・・箱根は近場なのでまた出掛ける楽しみに仕事に勤しもうと思います。

Photo

Photo_2


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31