無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 作る「技」と売る「技」。 | トップページ | 彼岸も終わり・・亡き両親を想う。 »

2012年9月21日 (金)

よく描かれていた町工場「ビューティフルレイン」

日曜の夜にフジテレビで放映していた[ビュティフルレイン]

妻を亡くして男手ひとつで愛娘を育てる下町の町工場の職人が突然に若年性アルツハイマー病に冒され進む病状の中で芦田真菜ちゃん演じる娘との父子愛を軸に親子を取り巻く町工場の社長夫婦に同僚の気のいい職人さんたちが病気を知り二人を励まし支えようとする温かなドラマでした。

真菜ちゃんの可愛い名演に加えてよく出来てると感じたのは町工場の描き方・・・。

社長夫婦と職人さんたちが同じテーブルで食事するシーンを観て子供の頃を思い出し我が家も母が祖母と共に食事を職人さんたちの分まで支度して家族も一緒に食べていたことも。

我が家は職人が同族という事もあったのでしょうが町工場は労使であっても同じテーブルで飯を食い酒を酌み交わすとい大手企業にない人間同士としての触れ合いが根底にあり、どんな癖の強い人間も受け入れ他人であっても家族のように親身に接するのが良さだと。

私の処も従兄弟と伯父がいましたが従兄弟は性格が捻くれて外では務まらなく母の弟に頼まれて引き取ったり、妹婿という事で甘えてミスしてもヘッチャラな自分だけが可愛いオペレーターの伯父に手癖が悪い営業の伯父も普通ならクビにするところを怒りながらも諭し導き放逐はせずに受け入れてました。

551197_334838606605335_1395882385_n

Img_0001_2


そんなことも思い出し共に食事するシーンは懐かしくも思えて・・また町工場の厳しい現実も描かれていて。

元請けの会社から取引価格の見直しと称した半ば強引に値引きを強いられ、折衷案を出しても受け入れられず取引を止められるという下請け工場としての悲哀も・・。

全てが現実的でないにしろ町工場の人同士のストレートな触れ合いは上手く描かれていて町工場で生まれ育ち町工場で仕事する私には映った作品でした。

どちらかというと大手企業でのドライな機械的な人間模様を描かれるドラマが多いだけに人間味あふれる町工場が舞台のドラマは親しみがあり観ながら共感したり涙したり昔を思い出したりと楽しめたドラマでした。

423922_258641114238481_51151881_n

« 作る「技」と売る「技」。 | トップページ | 彼岸も終わり・・亡き両親を想う。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/47156204

この記事へのトラックバック一覧です: よく描かれていた町工場「ビューティフルレイン」:

« 作る「技」と売る「技」。 | トップページ | 彼岸も終わり・・亡き両親を想う。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31