無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 入園・入学準備品のスタンプセット。 | トップページ | 総選挙そして新たな政権へ・・。 »

2012年12月 6日 (木)

中村勘三郎さん逝去・・父を亡くすという事。

歌舞伎俳優で梨園の大看板である中村勘三郎さんの突然の訃報に驚きました。

まだ57歳・・何とも惜しまれます。

お二人の息子さんも芸の師匠である父親の死をどう受け止めているのかと。報道によると大阪での舞台があり父親の最期を看取ってから引き返して舞台を務めるとのことで何ともい愉しくも思えました。

梨園の名門、中村屋と町工場とは比べようもないものの実父が急死した時を思い出したり。

父親を亡くすという事・・・・子として避けて通れない事であってもそれが早かれ遅かれでも喪失感と共に父親という存在の大きさをあらためて思い、置き去りにされたような不安感が込み上げたのを思い出します。

もっとも私の場合は死後の諸々の手続等ほ経て「散々に好き勝手にやって重荷遺しやがって」という恨めしさも湧いたのですが・・。

話は戻って昨夜、勘三郎さんの後継者たる二人の息子さんの涙の口上を聞きながら日本が世界に誇れる伝統芸能である歌舞伎の名門に生まれたゆえに中村屋の屋号だけでなく歌舞伎界を盛り立てる看板になっていかなくてはならない重責は計り知れないと感じました。

跡を継いだ子は如何なる世界でも親と比べられ、狭い世界のなかにいる私でさえ辛さを味わっただけに、口さがない世間方々の注目を集めながら父親の名声というプレッシャーと闘う二人の息子さんが負けずに素晴らしい役者さんに育ってくれればと思いました。

これから苦労をするであろうお二人の精進と活躍を願い名優、中村勘三郎さんのご冥福をお祈りいたします。 合掌。

« 入園・入学準備品のスタンプセット。 | トップページ | 総選挙そして新たな政権へ・・。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091808/48097428

この記事へのトラックバック一覧です: 中村勘三郎さん逝去・・父を亡くすという事。:

« 入園・入学準備品のスタンプセット。 | トップページ | 総選挙そして新たな政権へ・・。 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31