無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

これからの文字産業は・・。

来週は早、7月へ、夏場はこの業界は閑散期で嫌な季節でもありますが、公関連の仕事を頂けて手が空かずにいて有難いです。

店長に工場の一切を委譲してスタンプ製作は彼女を中心として進めています(^^)

印刷、印章業含めて文字産業といいますが、ワープロ、パソコンが出てきて一般に普及するまでは暮れの賀状印刷から諸印刷物に事務用のゴム印に至るまで技術として文字を扱って生業としていたのが、OA化されて世間一般が文字を自在に使いこなせるようになり文字は業界の技術者に頼まなくても遊び感覚で賀状も自宅でデザインして刷れますしいちいちゴム印も押さずに書類も決裁できるようにもなり産業としての役割が終わったと言う人までいて寂しい限りです。

ならば今までのインク臭い印刷屋さんが明るいプリントショップに変貌して様々なプロならではのデザインを提供しているように、高級感を打ち出して敷居の高い印章店が赤札だらけの彫りっぱなしの職人でないバイトのお姉ちゃんがマニュアルで接客してるチェーン店に押されっぱなしとなつてる現状をどうすれば・・。

私はもっと入りやすく敷居の高さをなくすべきと思います。私の店も大好きな服飾から古着のシャツやネクタイをアクセサリーとしてウィンドーに飾ってデザイン文字で創ったゴム印を中心に見て頂くようにしてます。

そしてSNSを中心にPRもして「こんな面白いスタンプもありますよ!!」と知ってもらってます。

ブログは閉鎖された場・・・SNSで知り合ったクリエイターの方が言ってました。

それでも上手く活用できるように勉強していきたいと思います。

そして脱職人!! 単に黒子に徹してコツコツでなく作る現場も露わにし作れる物が直接売れるようにすれば自ずとモチベーションも高まるので力を注ぎたいです。

文字産業も古き良き技術はそのままに・・そのうえで新しい形を創り出していければと思います。


ココImg_0001ログ

2013年6月12日 (水)

お久しぶりです。

お久しぶりです・・思うところあって暫く活動をブログからフェイスブックにして留守してました。

子供達も上は高校生に、下は小学生になり新たな環境となり私自身も単なる下請けゴム印屋から夢だったファッション系のスタンプを創るべく模索してます。

最近歳とったせいか実父の気持ちが少し理解したかなと・・・というのは自慢のつもりはないのですが長女の通う高校は公立高校の中でもレベルが上位の進学校だそうで今でも娘の小・中学の同級生の親御さんからもお世辞半分でも娘が優秀とか言われたりすると自分がそうでなかっただけに誇らしく思えます・・。

戦争で勉強も満足に出来ずに戦後は家族を養うために的屋の組員になり其処から這い上がって場末の零細なゴム印工場であれ一城の主になつた実父は私にうるさく勉強とは言わないまでも私が服飾系の専門学校へ進みたいと言うと猛反対して『入れれば何処でもいいから大学へ進め!!』と言われたのも・・まぁ跡継がせるのに学卒という肩書も持たせたかったのが一番でしょうが・・。

職人達にしても無学で親類縁故の零細町工場でしか働けなかっただけに子供達には学を着けさせてステイタスと安定した生活を送らせたかったから子供達の進学を喜び自慢げだったのだと・・娘がエリート校へ進んだことで世の片隅で下請けだの零細工場だの上から目線に晒された実父や職人達の気持ちが少し分かりました・・見事に親を超えてくれたという気持ちだったのでしょう。

残念ながら私は実父の望みと職人達の期待どおりゴム印屋を継ぐ羽目となり結局は世の片隅でスポットも当たらない世界で悶々と過ごすことになったものの娘が私より自由で好きな道を歩めればと・・・但しエリート街道に乗れとは言いません、天狗になって人を見下さず広く思い遣りの気持ちで誰とでも接することが出来る素敵な女性になって欲しいものです。

決して実父や職人達や私のように卑屈に生きなくていいようにと。

Img_2




« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31