無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月24日 (木)

なぜ我が子を・・・・虐待死の報に想う。

台風襲来のニュースと共に、幼い子供が父親に虐待され、一方は育児疲れの母親に命を奪われるという惨い事件の報を聞きました。

どうして・・・子供は天からの有難い授かりもので我が子は愛しいはずなのに・・。

愛されて当たり前の子供が親から虐待され命を奪われるなどあってはならないのに・・どうしてこうも頻発するのか悲しくなります。

7年前に我が子を突然に亡くして子供が健康でいるのは当たり前でないと思うだけに、亡き長男の分まで大切にと思って育ててますが、言う事を訊かないとイラッとすることもよくあるけど感情的になって手を上げることはしてません・・もし自分が歯止めも効かなくなったときは子供達の前から消える時だと考えてます。親としての資格もなく子供に危害を加えるならいない方が子供達も幸せだと思うから・・。

世の中で一番信頼している親に虐げられ心身ともに傷つく子供の身になって考えれば分かるはずなのに・・・。

子供は守られるべき存在!!  愛されるべき存在!!  手を上げるより抱きしめてあげることで子供は優しさを身にけていくと私は信じます。手を上げられれば優しさをなくしてしまうかもしれません・・。

そして子供には大いなる未来があります、その未来を親が命を奪い閉ざすなど許されるはずもないのです・・。

もうこれ以上子供が犠牲にならないように願います。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31