無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

心と体

2012年11月 1日 (木)

人前に出るという事を臆せずにしたい・・。

人前に出で自分を曝け出す、どこまで晒してどう溶け込めば不器用な私には不得手です。

これは生来の性質が災いしていて全てが閉鎖的な家庭環境や子供時代のイジメのトラウマのせいにはできないのですが何とか改善したいと思っています。

イチイチ書き連ねても仕方ないのですが色々あった中でも必死に自分を奮い立たせたのが折角授かった長男を亡くし自分を責めて悲しみに沈む家内に突然に弟を亡くした幼い娘達を見て何とか家族を守らないとと逆にハイな位に務めて明るく人と接した事が・・・。

世間にしてみれば赤ん坊が急死したことで何故という好奇な目に晒され投げかけられる不躾な言葉も私が受け止めて家内の耳に決して入れずにいました。

徐々に家内も落ち着きを取り戻し二男を授かったとき・・・・とても喜びながら「今度こそ守り抜く」という思いと同時に「長男に対して何にもしてあげられず守れなかった」と自責の念が再び起こりチック症が出たり人混みが怖くなって呼吸が荒くなったりと自分を曝け出すのが怖くなってしまったのでした。

次第に鬱になったのは言うまでもありません・・・そんな私が人前に少しずつ曝け出せるようになったきっかけが何とネットでした・・。

ネットを通して江戸友禅染師の先生より落語会に誘われ、一時期落研に属していたこともあり伺い楽しませていただき噺家さんとも縁を頂き以後、落語会があることに伺い創作落語会のメンバ―として今では落語会の準スタッフとして加えて頂いてます。

そしてネットを通して好きな服飾関連の方とも知り合いお洒落の会合にも出させていただき同じ趣味の方達とも交流させていただくようになりました。

またネットで旧友と再会して交流がまたはじまり今も懇意にしてもらったりという嬉しいことも。

少しづつですが仕事以外でも何とか人前に出られるようになったのは有難いと思います。

手職という閉じこもりがちな仕事だけに井の中の蛙にならず無理のない範囲で人様と関わっていければと思います。

Kc3z0030

2011年12月 9日 (金)

筋肉痛・・歳を感じる時。

最近有難いことに近隣のご新規の企業様より続けてご注文を頂いてます。

そんなご近隣様への営業活動は自転車が活躍しています。足がもつれないように丈が短めのコートにマフラーに手袋で風を防ぎながら漕ぐのですが数軒回って距離にして2キロ程走ると帰ってきて足が痛い(。>0<。)

これが夜まで続いた時は歳を感じます・・。

小学生時代に友達とかなり遠方の公園まで自転車こいで行きましたがこうはならずに爽快感だけだったのにと。

然し、体はそうでも気持ちはお客様に喜んでいただけて次の注文を頂けたという感謝と充足感は何にも変え難く、次の仕事もしっかりととと言うモチベーションになるものです。

そして二男坊と風呂に浸かると無邪気な笑顔に心身ともに温まり疲れも癒されます(*^-^)

身体は若いころのようにいかずとも無理のない範囲で鍛えたいと思うオヤジです。

Photo

2011年11月 7日 (月)

チック症の対処方の記事に少し救われ。

夏の終わりからチック症が頻繁に起きるようになり悩ましいです(ρ_;)

私の場合は電車やバスやエレベーターの中で顔が小刻みに震えだして手汗が滲んだりするのですが、変な人に見られているように他人の視線が気になったりと自分が情けなくなる以上に一緒にいるワイフや子供達に申し訳なくなります(ノω・、)

どうした訳か家でリラックスしている筈の食卓にも関わらず出る事も・・。

そんな時もワイフは気にしないように言ってくれて、先日私が見落としていたチック症に関する新聞の切り抜きを見せてくれて・・。

それによるとチック症は緊張が高まったりすると筋肉が収縮したりしてコントロールが効かなくなる謂わばひやっくりのようなものだと。出そうで不安な時の対処法も書かれていて、ヘッドホンステレオで音楽を聞くとか本を見たり何かお守りのような物を持っていて握るとか気分転換を試みると言うような対処法も書かれていて5人に一人の割合で症状が出る人がいるという事も知りました・・。

そして周囲に正しく理解してもらう事が大切だと・・。

家族友人は理解してくれますが、外ではそうもいかない事も。ハッキリと訝しそうな視線を送られて凹んだ事もありました・・。

そうなると鬱々して一人で電車バスに乗るのも引けてしまい人と会うのも億劫に思う事もありましたが、それでは仕事にも支障が出てはマズイので訓練のつもりで敢えて一人歩きもしたりしていますが・・どうしてこうなってしまったかと落ち込みもします・・。

それだけにその記事を読んで少し救われた思いです。

余り思い込みすぎず肩の力を抜けるようになればと思いました。

2011年10月14日 (金)

動悸と不眠・・。

この処、風邪で咳こむのが少し治まってきたと思ったら、激しい動悸に襲われたりして眠れなくなったりと悩ましいです( ̄○ ̄;)!

これも身の因果で私の生き様というか巡り合わせなのかと感じています。

今日も気付けは゜午前3時過ぎ・・。こうして眠れずに色々と考えてしまい・・・稼業に縛られず自由に生きたいとか好きな服飾を仕事にしたいとか子供時代に戻りたい等と今更取り返しがつかず埒もない思いに捉われて悶々としたり。

結局は堂々巡りで何の答えも得られず夜が明ける繰り返し・・。

日中はそれなりに何とか仕事を昨日と同じようにこなして過ごす事が出来るものの動悸に突如として襲われアレコレ考えながらですが・・。

大手企業に勤める友人が『何度となく自分は会社に必要とされていない!!誤った道を選択した!!もう辞めたい!!』との思いから不眠状態になりカウンセリングを受けたら誰もが陥ると言われたとか・・。

特に私達くらいの年齢に起きやすい鬱状態だそうです。

俺もそうなのか・・・と安心できず益々不安になります(;д;)

深呼吸して自分と対話すると自由に生きられなかった事の反動。父親を憎むことに対してそんな自分への憎悪。自分で人生を切り拓けず惰性で運命に流されながら受け入れようともがき続ける自分に疲れてきた・・そして親として夫として家族に対して自分は何が出来ているのとの疑問。

仕事や子供関係以外で趣味を同じくする人と外に出て関わればとワイフにも言われますが一歩踏み出せずにいる自分が情けなくも。

神仏に祈ろうが頼ろうがそれで救われるとも限らず子供でないのだから自分で解決していくしかないのだと自分の尻を叩いて家族の為にも何とかしたいものです。

Photo

2011年10月 5日 (水)

風邪ひいて・・。

この処気候が落ち着かないでいて、体調維持も大変と思ったら週明けから喉が痛くなり鼻水も( ̄◆ ̄;)

風邪をひいたようです。

二男は快方してきましたが代わって私が・・私の場合は必ず喉をやられて気管が弱いので咳で苦しめられるパターンでまいってしまいます(@Д@;

幸にしていつも寝込むに至らずに済ましているので今回も労わりながら乗り切りたいと思います。

二女も今朝は鼻声で・・・熱も平熱で食欲もあり、学校へ行きたいと言うので登校させましたが心配で・・・親バカと言うか自分の事以上に気になってしまいます(;;;´Д`)ゝ

親ならば誰でも当然のことですが子供達には健康で伸び伸びと育ってほしいものです(゚ー゚)

季節の変わり目とはいえこの秋はイキナリ冷え込んだせいか周りも風邪ひいたという話が多い事。

こういう流行りは追いたくありませんが、私も最先端になってしまい[ヤバッ!!]と思いました( ̄○ ̄;)!

Photo_2

2011年10月 2日 (日)

口内炎と倦怠感・・・。

週末は口内炎と酷い倦怠感に悩まされて、二男が風邪気味だった事もあって家中心で身体を休ませました。

昨日は昼からソファーでグッタリと寝込み、夜の寝付きも良く何時ものように夜半に起きたものの今日の朝はスッキリでした。

この分なら大丈夫と思っていたら昼飯を食べた後に出掛けるべく着替えようとしたらまたしても倦怠感に襲われそのまま一時間程うたた寝を・・・。

春眠暁を・・・と言いますが今は秋!! ここ一カ月夜半に目覚めて眠れなくなっていたのが今になりたたっているのか(@Д@;

ワイフは続けざまの口内炎といい疲れが溜まっていると心配そうに・・・。

口内炎も先々週に悩まされて、またもやですから閉口気味に(。>0<。)

対照的に二男は早めに診察を受けたのが良かったか、家にいるのが退屈な様子・・何時もなら私が相手するのですが姉達とワイフに任せました。

どうも気分もスッキリせずボーッとしてしまいとにかくダルい( ̄Д ̄;;

有難いことに夕飯は私の好物中心のメニューとの事。

料理上手のワイフが娘達と共に作ってくれる食事でパワーをつけて、今夜こそは夜中に起きずにグッスリ眠りたいものです。

明日の朝はスッキリ目覚めてシャキッと週はじめの仕事に臨みたいものです(゚ー゚;

Photo

2011年9月15日 (木)

秋バテ・・・・。

このところの残暑と言ったら厳しすぎてウンザリの方も多いかと(@Д@;

私もまさか九月も半ばになってこうも暑いとは思わなかったので体調が落ち着かないし言うか秋バテ気味です・・。

昨日の昼は素麺がサッパリして美味しく感じるくらいで、梨も美味しいですがスイカが恋しくなる陽気です。

これも地球的規模の異常気象なのか・・今日もお客様へ伺う時の車窓から差し込む日差しが眩しく、空には真夏のような入道雲も・・。

来週に雨が降ると涼しくなるそうですが是非そうあってほしいです。

ウンザリしてヘバッテも仕方ないので・・どんな秋にしようかを思案中。

家族で葡萄狩り・・・梨狩り。どちらかで楽しみたいと思い近間を調べています。

人間先の楽しみがあった方が張りあいも出てシャキッとするもの!!

そういえば今週末と来週末は連休もあり、家族と過ごしたり友人と飲んだりと英気を養いたいと思います。

そうそう秋と言えば[お洒落の秋]

たまには街のウィンドーを眺めてこの秋の装いを色々と考えるのも良いかと。

と言ってもこの陽気・・まだ街ゆく人も夏姿ですから速く季節が進んで欲しいものです。

Photo

2011年9月 9日 (金)

『夢は見るものでなく叶えるもの』・・私にはきつい言葉。

なでしこジャパンのロンドン五輪出場が決まり、ラジオの応援メッセージで『夢は見るものでなく叶えるもの』という言葉が出たのを聴いて気持ちが落ち込みました・・・。

私にはとてもきつい言葉で夢をみる事も許されず、叶えようとすると阻まれ続けて生きてきたから・・。

子供の頃、巨人軍のファンでプロ野球選手を夢見て練習に励んでいた時・・・父方の叔母に『お前は身体が小さいから野球選手は無理だからお父さんの跡継ぐ勉強しなさい!!』と諭されて凄いショックを受けて落ち込んだことが・・・。

確かにチームでは補欠でレギュラーに上がれくとも私なりにいつかは・・と夢に向かって努力して一人素振りをしたり頑張っていた時だけ落ち込みました・・。

結局叔母の言う通り芽は出ずに終わったけど、大人が子供の夢を打ち砕く言葉はどうかと思います。

野球もダメで・・それは自分の資質のなさもあったのですがその後も色々とありイジメに遭った時は悔し紛れに将来はヤクザになって強くなりたいと作文に書き大騒ぎに・・。

実父も・・ブラスバンドをやりたいと言うと『チャラチャラしてる!!』と不可。従兄が音楽をやっていた影響でしたがそれを訴えると・・『あいつらとお前では背負ってるモノが違うんだ!!』と一喝されました。

きっと金が掛かるからさせたくなかつたのだと思います。

言ってみれば我が家は実父という暴君が支配する独裁国家で、自由が許されない特殊な家庭だったのが運のツキだったと・・。

高校生でバイトしようとすると殴られたうえにバイト先に電話して断わるは・・そして配達から雑用と仕事の手伝いを脅されてさせられて・・それもタダ同然でした。

結局・・私自身も実父が怖くて逆らえきれない勇気のなさも大きく、決して実父のせいだけでないのですが嫌いなゴム印に携わる結果に・・実父にとり私は子供としての愛情は皆無で跡取りと言う自分の夢の実現の道具だったと。

正直言ってゴム印は嫌いです!! ゴム印自体は悪いのでなく世間が軽く観ているから悲しいのが本音かと。

台木を削るのに電機ノコギリは危険で怪我もしました・・・プレス機は熱くてバカになるほどウンザリします・・。材料は原油の高騰で値上がり、手間の割には商品は高くない。

世間からは低く見られているのが我々物作りの悲しさ・・・。

比べれば服飾業界はセンスが磨かれて洗練された服を提供すれば世間の評価が高い!!

今でも服とハンコどちらが好き?と訊かれれば迷わず服と応えられます。

その服飾業界への夢も実父はおろか母と工場の職人であった親類がこぞって阻止されて儚くも消えて場末のゴム印屋に・・。

夢は叶えるもの・・・・確かに自分の力不足が一番の因なので、今度生まれてくる時は親子親類の縁を絶っても夢を叶える強い意志と力を持ちたいです。

そして親として自分の夢を無理に押し付ける実父の愚は繰り返さず子供達の夢の実現の為に働きたいと・・・。跡取りの苦しみは私一人でたくさんだと思います。

2011年9月 7日 (水)

許すという気持ち・・。

以前の話・・子供の学校行事であった昔のいじめっ子の人に当時からかわれて泣いた事など言われたくもない話をツラツラ言われてキレて口論になった事がありました・・。

相手の言い分『俺は懐かしくて言ったのに何故怒る?』・・・・。

そして私は『お前さえいなければもっと楽しい学校生活が送れたんだよ!!!』・・・。

『そんなに俺が憎いのか・・・そりゃすまなかったな』

私の言葉に相手はトーンダウンしたが腹の虫は治まりませんでした。

地元で暮らしていると嫌な思いをさせられた相手とも親同士として会う事も・・・ハッキリ言ってこれが苦痛で。

トラウマとなってしまうから・・・然し相手がニコヤカに声でも掛けてくれて対等な対応してくれれば昔は昔という思いになれるのですが、昔同様に上から目線で小馬鹿にした対応を取られると気持ちは違ってくるものです。

それ以来そいつとは避けあうように・・・・そいつの子供が先に卒業した事もあり数年会わなかったのが道で信号待ちで隣にバッタリ!!

目が合っていやーっな感じに・・・『暫く・・。』向こうから声を掛けてきて・・・。

私はあの時の屈辱が蘇りチックが出て顔が震えていると・・・。

『相変わらずキメキメだな!!俺なんかとは違うよな・・。』

相手は作業着の上下姿で・・だからどう違うっていうんだ?俺も工場では作業着だと益々カンにさわったのでした。

『あの時は調子に乗ってごめんな・・。』

固い表情の私に以心伝心を感じたのかおもむろに謝って来たのでしたが・・。

私は先日観た劇の中の因縁ある相手に会った場面の台詞がふと蘇って来ました。

『今更許してもらおうなんて虫が良すぎるぞ・・何十年も経ってからまた俺のプライドはお前に壊されたんだ!! 不愉快だ・・・今日てめえに会った事も俺は忘れるよ!!』

声高にならないように感情を抑えながらそう吐き捨てて既に青信号の交差点を足早に渡ってきたのでしたが・・奴は目を伏せて頷いていました。

私は言いたいことを言ったのでしたが何故かスッキリしませんでした。

一応相手は気にして謝ってきたのを突き放して[お前の存在など認めない!!]とばかり言い放った事が情けなくも思えて・・大人の対応でなかったと。

許す・・・という気持ちが沸かなくなっていると感じました。

実父に対してもどうしても血のつながりがあるだけに自分勝手に事を進めて私の自由を奪い母に苦労を掛けた事が今も許せずに供養も放棄して無縁仏同様にほったらかしにしたまんまで・・他人様以上に許せない感情は変わりません。

恨みからは何も始まらない・・・確かに自分勝手な父でも許して懇ろに供養してあげるのが子としての務めでもあるのでしょうし、幾ら侮辱されたとしても謝罪してきたのだから快く受け入れる方が人としての度量も少しは備えられるとも思います。

でもそれがスンナリとは出来ないのはまだまだ人間として未熟なのだと。

他人も自分も許すという気持ちは難しいと・・・・傷つけられた分、相手をも傷つけるのはいつまでたっても手を握り合えないのが悲しくも思いました。

子供時代のイジメが暗い影を落としての出来ごと・・・救いは子供がイジメられてない事です。子供には大人になってまでそんな思いはさせたくないです。

2011年8月29日 (月)

健康診断へ行きました。

今日は午前中に健康診断に・・。

問診の後で診察があり、自覚症状を聴かれたので最近胸が引きつるような痛みがある事を伝えると心電図をとってくれるとの事・・。

この胸の痛みは背中の慢性の痛みが広がったようで実に不快なので何か原因でも判ればと・・・その前に嫌なのが採血・・・意気地無しの私はいつも血をみたくないので顔をそむけ目までつむってるのが良い歳こいて情けなくも思います( ̄Д ̄;;

嫌な採血の後は心電図です。胸と足に電極をつけてもらい暫くベッドで静かにしていて終了。

その後は身長、体重と計測・・家で測らなかったのでしたが何と四キロ半増えてました(*^-^)

私の場合はヤセ型なのである意味良かったと。

煙草を止めてから御飯がすすみ、ふっくらしたと言われるので期待していましたが四キロ半とは・・。

ただズボンがキツクなったのもその筈・・・・腹囲が五センチ近く膨らんでましたΣ(;・∀・)

採尿して終わり、結果は一週間位ででるそうです。

歳も歳なのですが、三人の子育て真っ盛りで幼子もいるので健康には気を配らないと・・・私が父と死別したのは27歳の時でしたが・・二男を授かった歳から平均余命を考えると何とかクリア出来そうなという範囲ですが、寿命は神様のみ知るもので己では決められないので健康に気を付けて、医者嫌いと言わずに御医者様と仲良くなって診てもらおうと・・・。

長男を先立たせておきながら虫の良い話だとも申し訳なくも思いながらも、彼の兄弟である娘達と倅を育て上げるためならと・・我儘なな理屈ですが長男に詫びながらの健診でした。

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31