無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

育児

2012年10月17日 (水)

我が子たちへ今日のパパからの遺言・・優秀とは?

昨日の夕刻、暫くぶりに長女の小学校時代の友達のお父さんと逢い立ち話に・・。共にいる倅が大きくなった事を喜んでくれて次に長女の受験の話に・・・。

探りを入れるつもりか誰かに聞いた如く娘の進路について振ってくる。

[身の丈に合った学校を・・。]というように応じたのですが躱すのでもなくコレ私の本心です。

無理はさせたくない・・学校のレベルとかで人間が決まるわけではないと思うから・・。

それに生きてさえいてくれれば充分だと。

そのお父さんも一流大学をでて大手企業に勤めるエリートだけに教育熱心で娘さんは私立の名門女子中に通っていて流石だと感心してしまう、きっとお父さんも同じように教育熱心な家庭環境で育ったのか何よりも資質も備えて努力もしたのだと。

私の育った家庭は町工場で跡継ぎに決めつけられていた事もあり、うるさく勉強とは言われず母は大方の母親同様に勉強をするよう促されましたが私自身、不得手で不出来で資質もなかったようで努力も足りず勉強の期待には応えられず、跡取りという期待には図らずも応えて今の私ということなのですが(。>0<。)

どんな育ち方もあって家族で明るく笑って過ごせればそれで良しと競争社会に子を送り出す親としては甘い考えだとは分かっているのですが、やはり子供達にはエリートやインテリジェンヌになってバリバリ社会で活躍してほしいとかよりも、温かみがある人になってくれればという思いを強く抱いてます。

どうしても[お宅の花子ちゃんはどこの学校狙ってるの?]みたいな話題は昔からで避けて通れないし他人の口には戸はたてられないからいいのですが其処まで気になるものかと滑稽に思ってしまいます。

私自身、長男を亡くしていることもあってか自分の子でも勉強以上に健康が気にかかり他人様の子供さんの成績とか進路まで気に掛けたことはありません。

もし気に掛けるとしたら・・・いつも元気な子がうつむいて歩いてる、笑顔が消えた・・そちらの方が気にかかります。

イジメによる自殺が後を絶たない社会だけにそれで何が出来るかは限りがあっても笑って声かけたり親御さんや先生に伝えたり未然に悲劇を防ぐことに繋げたいと思うのです。

成績が下がっても努力で取り戻せても失われた命は戻りません・・・。

勉強の出来のの良しあしなどは二の次三の次で生きていてる事が第一です。

不出来な私の負け惜しみと受け取られてようと社会に通用しない綺麗言と受け取られても結構です。

「本当の優秀とは読んだ通りに優しさが秀でてる事!!」

勉強や仕事が出来ることでなく他人の痛みを分かる温かな人が育ってくれれば・・・大人も子供の世界もイジメもなくなり自殺大国などという悲しい国ではなくなればと願います。

我が子たちに今日の遺言として。

2012年10月15日 (月)

保育園の運動会。

この週末は子供達の行事が続きました。

土曜日は保育園の運動会。

秋晴れの中、朝早く会場の長女が通う私の母校でもある中学のグランドで会場の設営。多くのお父さんが呼び掛けに応じて集まっていただきテント張りに着手。

父母会長の私としては率先して働かないといけないのですが背が低く非力というのはこういう時に情けなさを露呈するもの・・・あっちチョロチョロと任せっぱなしで(;;;´Д`)ゝ

若くて力強く機転の利くお父さんが多く随分助けていただきました。

さてっ開会式に続いて競技が始まり、広い校庭で伸びやかに飛んだり跳ねたりする子供達の何とも可愛らしいこと(^-^;

二男も縄跳びは家内と二女の指南も手伝ってか引っかかりながらも頑張ってパスして昨年は手間取った戸板上りも難なく乗り越えてゴールヽ(´▽`)/

ソーラン節はクラスのお友達皆が可愛らしくも息の合った元気いっぱいの踊りを見せてくれて倅も楽しげに踊ってました。

そして最後のリレーは保育園生活最後の運動会の締めくくりとして年長クラスの力走!! 思わず涙がこみ上げてしまい、身体が弱く熱性痙攣を何度もお越し、二度の入院に一昨年冬は手術までしたのが元気に走る姿は感無量でした。

何よりも嬉しく思ったのは楽しげに笑顔でお友達と過ごしている事。仲良しのお友達と満面の笑みで戯れる姿に「よくぞここまで育ってくれました。」としみじみと。

生後半年で亡くなった長男にもこんな楽しい時間があったらと・・・それでもきっと彼が愛しい弟を空から守ってくれてこそだと感謝です(゚m゚*)

上の娘もお世話になった保育園の運動会も終わると寂しさも・・・。

子供達と共に保育園での良い思い出を大切にしたいと思いました。

保育園生活も後半年・・お友達と共に楽しい思い出を持って一年生になろうね(*^-^) 

Photo

2012年7月 3日 (火)

学童保育に入れるべきか・・。

二男が来春は入学。共稼ぎの我が家として学童保育に入れるべきか悩みます。

というのも長女が通った学童は行政と対決姿勢が強くていささか左翼じみていたのと行事のたびに親が駆り出されて特にキャンプなどは一部役員の親等がが熱くなりすぎて人使いが荒くて二度と行きたくなくなり子供だけ行かすようになった程です。

私自身、歯に衣着せずにそれを言ってしまい浮いてしまった苦い思いもあり、娘は楽しめたから良かったのでしたが意見を言えば主流派から反発と突っぱねられる集団指導体制というかペレストロイカ的体質は受け入れがたいもので、次女が退所したいと言いだし退所したときはホッとしたものでした。

ただし子供達との触れ合いは楽しく随分仲良くなれたという良き思い出もあり、上の学年が下の学年の面倒を見たりと横つながりの「昼間の兄弟」といわれる絆もできるので末っ子で甘えん坊な上に早生まれで一学年下位の幼さの二男には揉まれて成長するうえではいいところかもしれないとも思えます。

私自身は現在保育園の父母会長をしていて同じ保育園の子供達や父兄と再び学校、学童で一緒になってもある意味、父母会活動のお蔭で娘の時よりは気楽に加われるという事も。

どんな団体でも長所も短所も併せ持ってますから一部だけ取り上げて決めつけられませんが悩ましいものです。

聞くところによるとキャンプや諸行事も参加の自由意思が尊重されたり親の負担が軽減されて以前の反省から変な縛りはなくなっているとか。

上は高校に入るは、二男共に一年生で学校のPTAもあり、家内と分担するにせよ夫婦そろって不器用ゆえにどの団体に属すにせよ悩ましいものです。

2012年6月20日 (水)

長女の修学旅行。

先週、長女が中学の修学旅行で京都・奈良に行ってきました。

私も長女と同じ母校出身でいわば先輩・後輩にあたり、わたしも同じく京都、奈良方面を旅したのでしたが私達のころはツアーで全てが決められた寺院や史跡を団体行動で自由行動は夜に新京極を歩いたくらいしか記憶にありません・・。

それが今や着いた日を除き班活動で自分たちが調べた行きたいところへ観光タクシーで周ってランチも予算内で自由というから私達の時より遥かに自由度が高いのに驚きました。

長女も班の友達と調べてお決まりの清水寺はじめ竜安寺や金閣に平等院等を見学して茶所お宇治ではお茶を挽いて立てて頂くという貴重な体験までして楽しかったとのことでした。

私達の頃とは偉い違います・・・・私達と言えばバスツアーで先生の目が光ってる中で見学でしたからご飯も整然と同じ場所で同じものを・・枕投げしたかと聞くとホテルは貸切で三人部屋で枕投げでなく寝つけないでオシャベリを消灯後もしてたそうです。

私達の頃は旅館の大部屋でしたが・・・まぁそこでちよっとした問題が起こりお蔭で翌日に帰京するまで先生方の目が吊り上り監視が厳しくなり列が乱れただけで怒声が飛んでくるというえらい旅路になったのでしたが(`◇´*)

それからみると穏やかな思い出となり良かったです(^-^;

あの頃は荒れた学園とかそんな時代背景もあり、今やトッポイ生徒もおらずに生徒数も少なく隣接中学と合併される程なので時代と共に修学旅行の形も変わったなと思いました。

取り戻せるなら中学時代に戻り、囚人のような監視旅行から今のような自由な修学旅行をしてみたいとも娘の話に思うのでした。

Photo


2012年5月 1日 (火)

長女の親離れに複雑な思いも。

今日から5月・・ゴールデン・ウィークですがカレンダー通りに今日も仕事です(゚▽゚*)

前半の連休は、家内が学生時代の友人と会うので子供を一日預かり街をブラブラしたり家族で 池でボートに乗ったりと近間でのんびり過ごしました。

家族でと言っても以前と違うのは長女が加わらない事が多くなり・・ヤレ友達と約束が、学校の課題の調べものがあるからとかでコレも順調に成長してる証なので良い事なのかも知れませんが寂しいです(;д;)

まぁ無理やり付き合わせる訳もいかず、亡き父に私が縛られ過ぎて関係が悪くなった事もあるので長女の意思を尊重しているのですがたまには共に歩きたいと子離れできずにいます。

子供の頃、連休と言えば家族で過ごしたものでしたが年々友達と過ごすようになり共に行動しないと父が不機嫌だったことを思い出し、一人っ子だけに仕方なかったと親となり少しは父の気持ちは理解できても余りにも子供を縛るのは関係にヒビが入るだけだと父の過ちをくりかえさぬように気を着けています。

過度の干渉しないおかげて何とか長女とは私と父のような事には今のところなってませんが難しい年頃なのである程度は親として行動に注意したのですが距離の取り方が難しくも・・。

学業も自主的に取り組んでるし成績も悪い方でなく生活態度も心配するような行動はとってませんが難しい年頃だけに私がそうだったようにフッとした切っ掛けで道から反れそうにならぬように家庭環境をしっかり保ちたいとも思います。

日々夫婦仲良くと言う訳ではないですが、少しでも明るい雰囲気で子供達も安心して前に進めればと思います。

Img_2816_2

2012年4月17日 (火)

中学で武道が必須に・・・。

先日、教育委員会からの冊子と文科大臣から中学生宛てのメッセージが届きました。

報道されているように中学で武道が必須科目として取り入れられるという事への主旨がツラツラと書いてあり、文科大臣のメッセージも愛国心を養うような分からないメッセージでした。

東日本大震災以後、[がんばろう日本!!]というスローガンが被災者の救援と被災地の復興に連帯しようとする国民の思いを利用されている気がしてならないのは私だけでしょうか・・・。

長引く不況に加えて震災で叩きのめされても無策な政府が復興のためと言えば呑みこみにくい政策であれ国民が渋々でも納得するだろうと軽く見ているのかとも・・。

武道の必須にしても[健全な精神の育成には我が国古来の武道が・・云々]となってましたが戦前の妙な精神論や愛国論を復活させるつもりなのかと不安にもなります。

武道自体が悪いとは思いませんが必須と言うのは・・武道に挑戦したかった、以前からやってる子は良しとしても運動は苦手でも絵を描いたり、本を読むのが好きな子もいる訳ですから一律に必須科目でなくてもと・・・面白がって習った足払いを友達にして事故につながったり、イジメとして使われてはとも思います。

文科大臣のメッセージの文末にしても[日本の未来は皆さんの双肩に掛かっているのです]とは・・自分達の無力で国を建て直せずにいて次世代のに先送りして負担を子供達に押し付けているとしか受け取れず読んでいて溜息がでましたε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

震災後人同士の絆が言われていても誰からも気付かれずに公の助けも受けられずに寂しく世を去る孤立死の増加問題等、現世代で片づけなくてはならない幾つもの課題をも次世代の子供に押し付ける腹づもりかと・・。

次世代の子供達にくだらない精神論を押し付ける事がないように望み、次世代に負担をつけ回さない事ようにしたいものです。

2012年4月 4日 (水)

長女のバースデーに・・。

今日は長女のバースデーです。

物静かで口数も少ないのですが思いやりがあるのが嬉しく思います。たいしたパパでないけど長女へメッセージを・・。

[お前が生まれて初めて対面して、真っ赤な顔で元気に産声を上げる姿にホッとして嬉しくて涙か溢れました・・。お前のお婆ちゃんが(親になったからには何事も責任もって生きなさい)って言われたのがつい最近にも思えます・・。

そして中学三年になって人生初めての試練を乗り越える時が近づいてるね・・こういうとプレッシャーになるだろうけど(笑)お前が自分で考えてこれだと思う学校を目指しなさい!!たとえハードルが高くても怖じずにトライしなさい!! あおるだけで勉強も教えてあげ゛られないパパだけどお前が望む事に進めるように後押しはするから・・。

お前は自分のキャンパスに自分で描きたい絵を描きなさい。、一度や二度上手く描けなくとも次のキャンパスにまた描けばいいんだからねっ。それに今は未だデッサンの段階・・焦らずにじっくりと自分で考えて描いてみよう・・。

お前はならきっとそれが出来る筈、パパにはそれを見守る時間は少ないけど・・パパがいなくなっても素敵な人生のキャンパスに一つ一つ思い描いて進んでねっ。

どんな時も優しさと思いやりを忘れずに・・・誕生日おめでとう。]

Img_2481

2012年4月 2日 (月)

年度始め、保育園の父母会長として初仕事の説明会。

今日から年度替わり・・異動や転勤で新たな場所での始まりもある季節ですね。

私は保育園の父母会長として初仕事の新入生の父兄への会の説明をして来ました。

何分初めてづくしで役員の方達のサポートのお陰で父母の方へ配る資料も整えて頂き、それを読みながら説明するのですが大勢の方を前に膝が震えると言うか緊張しました。

両脇で副会長が補足して下さり心強かったです(^-^;

何とか通り一遍ながらも説明を終えて、新入生の父母の方からも役員になっていただき初仕事を終える事ができて副会長さん達と共にホッとしました(^-^;

その後も副会長さん二人が総会の配布資料の整理などをしていただき大助かりです。

会長となり役員会ではシドロモドロ・・そんな頼りない会長を役員の皆さんで助けて頂き。配慮ある激励もいただき何かしら役に立ちたいと思います。

次回は総会に向けての資料の印刷、そして総会・・・全役員の方よりマニュアルまで頂いたので勉強して臨みたいと思います。

とうとう始まりましたが、一年間の任期を自分なりに努力して役員の皆さんと共に務めたいと思います。

不器用な私にとって昨年のPTAに続いてのトライ!! さてどうなるやら・・・。

これも天の思し召しと受け取り少しでもお役に立てればと・・。総会が近づくと緊張するのでしょうが心強い役員の方達の助言に耳を傾け臨みたいと思います。

2012年3月12日 (月)

PTAの慰労会と保育園役員の引き継ぎ。

この週末は学校・保育園と行事が続きました。

土曜日は小学校のPTA役員・委員の今年度の活動を労う慰労会に・・・。最初は初めてなので緊張してましたが先週の落語会の話から落語について語りだし、受けたもので美しいお母さん方に囲まれ舞い上がってしまったと反省です(;´Д`A ```

昔はPTA役員と言うとお堅いイメージでしたが今は和気藹藹としていて活動を嫌々でなく仲良しグループとして活動しているのが分かりました。

今年は亡き長男が生きていれば一年生・・何か役に立てればと供養のつもりで一部員として初めて加わったのでしたが人付き合いが不得手の私にとって冒険であり良い勉強になったと思います(^-^;

明けて日曜は朝から保育園の役員の引き継ぎに・・・・色んな資料を手渡され、本年度の会長さんからレクチャー頂き聞いているうちに緊張してきました。

早速最初の役員会の招集と日時決めも先輩会長さんがフォローしていただいたので何とか進みましたが冷や汗もので、新副会長さんには場所の予約で早くも御苦労を掛けてしまいました(;´Д`A ``

PTAは部員でしたが保育園は会長です・・。

冒険どころか責任ある立場なので、役員の皆さんの協力を得て共に気持ちよく一年間活動できたらと理想ですが思います。

コレから新年度の会長として新入園者の親御さんへの説明の準備やら役員会の招集やら先輩役員さんから教わった通りにやっていくのですが不安が先立ちます・・。

それに加えて土曜は来年のPTA会長候補だとジョークとは思いますが酔いもさめる話もあり保育園の会長もどうなるか分からないのにとプレッシャーに(@Д@;

兎も角、役員の方たちとしっかりしたコミニケーションを取り合えるように努めたい思います。

不安な私とは逆に[パパ会長!!]と保育園の廊下で大声で喜ぶように言う二男をたしなめながら子供達と御父兄の役に少しでも立てればと思うのでした。

2012年2月28日 (火)

保育園父母会の会長に・・。

話は前後するのですが、先週末は色々と保育園の学年懇談会にPTAの部会の反省会と子供関係の行事が続きました。

木曜は保育園の懇談会・・・担任の先生から各父兄に子供の様子などがテーマに沿って聞かれてお母さん方は明るく応じていましたが私は緊張からチック症に襲われ( ̄Д ̄;;

私に番が回って聞かれたのですが何とか言葉を探して私なりに話せたと・・。

そしていよいよ次年度の役員を決める段取りとなり・・年長クラスから会長、副会長が・・。

立候補も当然なくジャンケンで希望の役に就く事に・・・・。

結果は見事に負けて残るは会長と副会長のみで完全に周囲から推されて断れない状況で会長を引き受ける事になりました。

来月に引き継ぎを受けて4月の父母総会でデビューするのですが緊張です・・・。

翌日の夜はPTAの部会へ・・・其処でPTA会長がどれだけ大変かという話になり対外的な付き合い等を聞くうちに私なら半年ももたないと思いました(;´Д`A ```

聞けば保育園の会長は対外的な付き合いもないようですが、なったからには自分なりに先ずは役員の皆さんに協力いただき一年間務められればと思います。

不器用なだけに不安だらけですがこれも昨年のPTAに加わった時同様に冒険ですが少しでも役に立たせていただき自分自身も得るものがあればと・・いつか亡き長男の元へいった時に笑って報告したいものです。

Photo

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31