無料ブログはココログ
フォト

天使になった実君。

  • 弟とおどけて・・。
    長男、実は2005年2月10日に生まれて、8月21日に突然に世を去りました・・。 何もできないパパでしたが愛と笑顔をふりまいてくれました。 感謝を込めて綴りたいと思います。

落語

2012年4月 9日 (月)

花見と両国寄席。亡き父の誕生日に[浜野矩随]を・・。

昨日は朝から保育園父母会の総会資料の編集印刷を行ない、ほぼ全てのお膳立てを役員の皆さんがして頂いたおかげでスムーズに進みましたヽ(´▽`)/

会長として立ち会っただけで作業も任せっぱなしで打ち合わせ位で申し訳ない位でした。

午後からは二女・二男と家内の三人で川沿いで花見を楽しみ、夜は懇意にさせていただいてます三遊亭京楽師匠がトリを勤められると言うのでお江戸両国亭の寄席に行って来ました。

出し物は五代目三遊亭円楽師匠の18番で直伝の人情噺[浜野矩随]・・・・。

『名人彫り職人の倅であり跡を継いだ矩随が腕が父親に追いつかずにいるのを黙って亡き父の恩義とばかりに贔屓にしていた大店の主人が不出来な作品を出されて怒り、出入り止めにとどまらず[死ね!!]罵声まで浴びせて、本気で死のうとした息子に母親は最期の作品を彫る様に奨めて矩随は力の限り観音像を彫りあげます・・。

母親はそれを大店に持っていき一文も負けずに買いとってもらえと送り出し、それを見た矩随を叱り飛ばした主人は見事な観音像を名人と謳われた父親の作品と見間違い矩随の作と知り、母親の言葉から母親の覚悟を悟り急ぎ矩随と駆けつけると自ら命を絶っていて・・命を投げだしてまで自分を奮い立たせようとしたの親心に報いる為に精進をして父を超える名人となる・・・。』

落語といっても笑いより涙が込み上げる噺で・・・私も聞きながら胸が熱くなりました。

私自身、二代目であり父が急死して泣く泣く跡を継ぎながらも母が存命中はどこかしら甘えていた事が思い起こされました・・。

矩随と違うのは母が亡くなってからもそれなりに身を入れながらも服飾業をしたかったとの若いころからの夢が捨てきれない部分も今もあると言う事・・。何処まで精進したかは何とも恥ずかしくなります。

それだけにこの噺は苦手意識がありました・・。

昨夜はじめて師匠の熱演に接して母も跡継ぎを嫌がり腰が定まらない私を発奮させたくその思いから命を縮めたのかとも感じられた位でした。

亡き父は名人ではないにせよ人柄で多くの方から慕われ、それなりの人物と評されただけに今も亡き父の影が重石のようにプレッシャーと同時に父の子と言う事で助けられている事も多く複雑です。

自由を認められなかった事で疎ましく思えて死後も父を受け入れずにいますが奇しくも昨日は父の誕生日、その日にこの噺に接したのも何かの巡り合わせにも思えました。

私も矩随のように親の名と死を超え腰据えて生きたいと・・。この名作を生で聴けて良かったと演じていただいた京楽師匠に感謝です。

終演後は京楽師匠と大楽・楽生両師匠に前座のたい好さんにシナリオライターの先生に共に創作落語をお手伝いさせて頂いたYさんとお友達の方と楽しい打ち上げの時間を持たせていただき、大楽師匠と母校が同窓で学部も一緒だと分かりホッコリしました(*^-^)

落語って良いです!! 昨夜の[浜野矩随]噺といい師匠の名演といい本当に素晴らしかったです。

20070323kyorakusan

2012年3月18日 (日)

江戸幸の落語会。

年度末となり色々と行事続きで、先週は二女の[1/2の成人式]で二女からの感謝の手紙と子供達の(ありがとう)の合奏に涙して・・・一転昨日は落語会で笑って来ましたヽ(´▽`)/

『江戸に幸福力を学ぶ会』の春公園・・。

今回のテーマは[江戸の矜持と希望の明日] 震災から一年が経ち『希望を感じる、元気になれる一日』にとの思いを込めた公演でした。

    噺は落語三席・・・林家つるこさんの[たらちね]

               三遊亭きつつきさんの[壷算]  

     そしてお馴染み 三遊亭京楽師匠の[井戸の茶碗]

とても楽しく会場は和やかな笑いに包まれていましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そして噺の背景を教えてくれる[蘊蓄講座]では幕末に来日した外国人も感嘆させた江戸の町衆や武士の他人に対する配慮はとてもいい勉強になりました。

[勘忍ならぬは心の掃除がなされなきゆえ]

我慢できずにスグに顔に出す!!キレる・・コレは心にいらない思いを履き清めてないからという江戸の人の格言・・・確かにと自分を省みる言葉でした。

この[江戸幸]の興行の特色は、スタッフの方達は各々が仕事も職場も異なる方達が集い企画から演者の出演依頼に会場の設営まで全てが手造りの落語会です。

興行といっても芸能プロモーターでもない落語を通して江戸の人々に幸せになる力を学ぼうと言うコミニュティで和気藹藹と毎回楽しく運営しています。

私もお手伝いの末席に加えて頂き数年・・・この江戸幸のおかげて他人様と関れるようになったと・・そして居場所が出来たと思っています。

日常につまらなさを感じ人付き合いに疲れた・・・そんな方は是非いらしてください。ホッコリとした気持ちで過ごせますよ(*^-^)

現代の江戸の長屋として落語も後の懇親会も初めて会った人同士も不思議と溶け込める空間です。

次回は7月です。是非是非、落語が初めての方も通の方もアットホームに楽しめます。

Kyouba

上記は三遊亭京楽師匠のサイトです。

江戸幸はhttp://ninjyou.com/  此方でどうぞ。

2012年3月 5日 (月)

二女の初高座。『手紙無筆』を演じました。

昨日は二女が一か月に亘り、林家きく麿師匠のご指導の元で修行を積んだ[子供落語教室]の発表会でした。

ここ数日、家でも真剣に練習を繰り返していたのですが、いざ本番では大勢のお客様の前で演じるの緊張するもの・・。

着物姿で会場に並ぶ子供達は多少緊張した様子の中でも振り向いて手を振ったりしてました。

そしてきく麿師匠に後押しされて始まり、大勢の観客を前に緊張しながらも[寿限無][初天神][手紙無筆]を子供達が熱演。

どの子も個性的に堂々と演じていました。中トリでは師匠と共に講師を務めていただいた林家扇さんの[金明竹]。

前座として四年目の女流噺家さんですが愉快に演じてくれて子供達共々愉しめましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そして中入り後に二女の出番です。

演目は[手紙無筆]。

やや緊張の面持ちでしたが大きな声で前を向いて堂々と演じ切りました(*^-^)

親としてハラハラしてましたが落ち着いて高座をつとめたと思います。

大勢の人前でしっかりと一席ができたと成長も感じました(゚m゚*)

トリはきく麿師匠の[時蕎麦]五才の二男も表情豊かな演技に大喜びヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そして講評で師匠の言葉で[人前に出て何かする事に対して勇気を持ってくれたら・・。]との話は子供達だけでなく今まで不器用ゆえに引っ込み思案になっていた私にも後押ししてもらったように聞こえました。

演じ終えた子供達が晴れ晴れとした顔で師匠と交歓する姿も可愛らしくて、二女も師匠から笑顔で声かけて頂きとても良い経験を積ませていただいたと感謝です。

落語好きで落語会に連れて行った影響で講座を受ける事になつたのですが自分からすすんで人前で演ずる経験は娘だけでなく子供達にとって思い出だけでなく学んだものも多いと思いました。

Photo

2011年12月 5日 (月)

『江戸に幸福力を学ぶ会』の落語会。芸を堪能、温もりを分かち合い。

昨日は[江戸に幸福力を学ぶ会]主催の落語会へ二女と行って来ました。

長女は何度も行ってますが二女は今回がこの会は初めてでとても楽しみにしていました(*^-^)

今回は落語三席に講談に動物モノマネ、そしていつもの蘊蓄高座と盛りだくさんの内容!!

開口一番      林家つる子さん

動物モノマネ芸  二代目 江戸家小猫さん

中トリ        古今亭菊千代師匠

        ~中入り~

講談        一龍斎貞寿

大トリ       三遊亭京楽師匠

二女も大いに笑い二代目江戸屋小猫さんの『どうぶつモノマネ』では、(ゴリラ)と(あらい熊)をリクエストして小猫さんが見事に応えてくれて大喜びでした(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

今回はいつもと違い出し物は決まってなく演者の方々が選りすぐったネタで楽しませてくれると言う寄席形式でネタは何だろう?とワクワクする楽しみ方も出来ました。

今回のもう一つの特色は女流噺家さんお二方に女流講談師さんという兎角、男の世界と思われがちな芸事で精進されている方達の芸に触れられて、前座のつる子さんの芸の初々しさと健気な高座返し他の前座仕事、貞寿さんの溌剌とした講談に女流真打の菊千代師匠の堂々とした客席をひきこむ芸と楽しめました。

そして京楽師匠のネタはこの季節ならではの5代目円楽師匠直伝の人情噺『芝浜』

汗水たらして働く事の大切さを学べた一席でした(゚m゚*)

噺も楽しめましたが会場で昨年の環境落語創作委員会の時に共にアイディアを出し合った方々とも再会をハグして喜びあう事も出来て、二女を送った後の親睦会では京楽師匠はじめ演者の方にスタッフの皆さん、そして初めてお会いする方とも不思議な位に打ち解けて実に楽しい時間を過ごさせて頂きました(*^-^)

今回のテーマは[ここに幸あり]。

未曾有の大災害で多くの方が亡くなり不自由を余儀なくされている方も未だに大勢いらっしゃるなかで絆の大切さをあらためて知り、生きて相まみえて出会えた事自体が当たり前でなく正に[ここに幸あり]なのだと・・。

人との出会い、御縁を大切にすることを私はこの会で学ばせて頂いてます。

アットホームな江戸の長屋のような演者もスタッフもお客様も一体となれる素敵な会です。

次回は来春3月!! 今からとても楽しみです。皆さんもぜひご参加ください(◎´∀`)ノ

http://ninjyou.com/

Img

      

2011年11月11日 (金)

三遊亭京楽師匠の落語会。江戸幸、年末公演のお知らせ。

今日は寒いです!! 12月半ばの寒さとか・・。

12月というと忘年会やら色々とご予定もおありかと思いますが、[江戸に幸福力を学ぶ会]主催の落語会で笑い納めなど如何ですか?

大感謝スペシャルの今回は、会の顔である三遊亭京楽師匠をはじめ落語三席に講談そしてこの春に襲名した二代目江戸屋小猫さんの動物モノマネと盛りだくさんに楽しめる内容となっています。

テーマは[ここに幸あり!]

東日本大震災という未曾有の災害に見舞われた年だけに、来たる年は復興が進み再び幸せの笑顔が広がるようにとの思いを抱きながら、[笑門来福]とアットホームな手作りの落語会で年の瀬の一日をご一緒できたら幸いです。

終演後は京楽師匠はじめ演者の方達を囲み楽しい懇親会も組まれています。

会の詳細やお申込みは下のチラシもしくはサイトをご覧ください。皆さんのご来場をお待ちしています。

http://ninjyou.com

江戸に幸福力を学ぶ会

13chirashi

2011年9月13日 (火)

三遊亭京楽師匠の『地元・横浜での独演会』のお知らせ。

九月も半ば過ぎと言うのにこの暑さ・・・ウンザリされている方も多いのでは。

そんな残暑も笑い飛ばしてみるのも良いかもしれません。

来る9月24日(土)は横浜にぎわい座にて三遊亭京楽師匠の独演会が開かれます。

師匠の故郷である横浜での初の独演会だそうで出し物は、古典落語[火炎太鼓]の他に日頃から防災・環境・福祉をテーマにした新作落語にも力を注いでいる京楽師匠の防災落語[ガレキの婚礼]も演じられます。

この作品は京楽師匠の師匠である故・5代目三遊亭円楽師匠の監修の元に京楽師匠が作られた一席で、音楽や映像も交えて防災の大切さを呼びかけます。

故郷横浜の笑いの殿堂にぎわい座での初の独演会と言う事で師匠も力の入った名演が期待できそうです。

秋の1日を京楽師匠の落語会で楽しんでみませんか。

Img

2011年9月 1日 (木)

三遊亭京楽師匠の東久留米市チャリティー寄席『』のお知らせ。

落語会のお知らせです。

三遊亭京楽師匠によります東日本大震災の被災者支援 の『東久留米市チャリティー寄席』が9月10日(土)に行なわれます。

日頃より防災・環境保護・福祉をテーマとした新作落語を創作して各地で演じることで社会貢献活動をされている師匠による防災落語[天使の産声]はじめとして震災後に被災地を回られた活動報告に子供達の落語に合唱、トリは師匠の『古典落語』でネタは当日のお楽しみ。

収益の一部は東久留米十字奉仕団を通して義援金として寄付されるチャリティー落語会なので多くの方がたにお越しいただきたいと思います。

Img_2

Img_0001 

2011年4月25日 (月)

『江戸幸』春公演。たっぷり落語を楽しんで来ました。

PTAの後は『江戸幸』春公演で落語三席を親友の森君と楽しんで来ました(*^m^)

前座の三遊亭好吉さんの『つる』

二つ目の三遊亭きつつきさんの『居候』

トリは三遊亭京楽師匠の故、五代目三遊亭円楽師匠直伝の人情噺の大作『百年目』

たっぷりと堪能させてもらいました(*^-^)

今回はチャリティー興行としての開催で被災地に慰問に行かれた師匠の現地報告も聞けて江戸の長屋の衆のような落語会から被災者の力に少しでもなればとの思いで入場料と募金は日本赤十字社を通して被災地へ贈られます。

江戸の街の人々のような『お互い様で助け合って生きる』という気持ちが師匠はじめとする噺家さん達、スタッフの皆さんお客さん一体となり同じ気持ちで力を寄せ合えた素晴らしい会となりました。

PTAで緊張した後だっただけにアットホームな落語会で笑い、大店の旦那と番頭さんの人情味あふれる噺を聴き、打ち出しの後は師匠を囲んでスタッフの皆さん、お客様と楽しく懇親して良い一時となりました。

多くの方に知って頂き、来て頂きたい素敵な集まりです。

『江戸に幸福力を学ぶ人情噺の会』

http://ninjyou.com/

三遊亭京楽の笑門来福で行きましょう!

http://kyorakusan.com

Kyourakue2_5

Kyouba

2011年4月20日 (水)

[江戸幸]三遊亭京楽師匠の落語会のご案内。

来る4月23日(土)は三遊亭京楽師匠の人情噺を堪能できる『江戸幸』春公演の落語会が新宿文化センターで開催されます。

未曾有の大震災の後だけに今回はチャリティー落語会としていつもの江戸の長屋のようなアットホームな会で[困った時は助け合う]江戸っ子よろしく、助け合いの気持ちで被災者を応援しようという気持ちで開催される落語会です。

こんな時だからこそ笑いも必要だと私は思います。

落ち着かない世相ですが沈みがちな気分も笑い飛ばして英気を養うのも如何でしょう。

お誘い合わせのうえいらしてくださいね。

当日の詳細、お申込みは下記のアドレスよりどうぞ。

http://ninjyou.com/

Img

2011年2月19日 (土)

三遊亭全楽師匠の落語会。

今日は三遊亭全楽師匠の独演会で落語を楽しんで来ました。

師匠は私と大学が同窓ということもあり一度噺を聴きたいと思っていて今日の機会となったのでした。

テンポの良い話しの流れで客席を時事ネタの枕噺から笑いに引き込み、会場は幾度も笑いに包まれて噺も江戸っ子の歯切れのよい話しっぷりが気持ちいいほどでした(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

ネタは『意地比べ』と廓噺[明烏]の二席どちらもとても楽しく笑わせてもらいました(*^-^)

同じ噺でも噺家さんによって持ち味を出した演出で随分違って聞こえるものです。

帰りに師匠に挨拶してから、日本橋の街をぶらついて江戸情緒ある老舗の前等では先程の噺を思いだしたりしました。

何か疲れ気味でブルーだったのが存分に笑って少し晴れた様な気もして・・・明日も二女と地元で落語を聴きに行くのが楽しみです(*^-^)

Img

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31